大和田南那が第二の宮崎美穂?激太りと言われる理由とは?

AKB48で最も若手の世代とされる第15期生、大和田南那。
2013年4月の劇場デビューから、中学生とは思えない大人びた雰囲気とそのビジュアルから、早くもファンの間で注目されるようになりました。
AKB48グループの研究生による武道館公演では、その当時の写真が今でも多く出回っており、その可愛さはAKB48の垣根を越えて全48グループに知れ渡るのでした。
初めての参加となる第6回選抜総選挙ではランクインされるだろうと予想されるも、あえなく圏外に。とはいえ、これからの活躍が最も期待されるメンバーの一人です。
そんな大和田南那ですが、ファンの間では〝たぬき〟呼ばわりされているようで…?
彼女を悩ます、年頃の女子ならではのある悩みとは…?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

第2の宮崎美穂襲来!?大和田南那の体型に変化?

〝絶世の可愛さ〟と評判の高かった大和田南那。2014年に正規メンバーへ昇格を果たし、倉持チームBへ配属されることになりました。
ところが、倉持チームBの公演〝パジャマドライブ公演〟の写真から、大和田南那に〝激太り〟疑惑が浮上したのです。
パジャマドライブ公演の大切な初日。多くのファンが注目する中、大和田南那に対し〝あれ?〟と感じるファン。
ツインテールの彼女は、顔はパンパンにむくれており、二の腕はムチムチ状態。
過去の写真を比較しても、ふくよかになってしまったことは明らかでした。
これに当時のファンはこのような反応を示しています。

「あれ?と思ってしまった。元からこんな感じだったっけ?」
「この横顔はあかん」
「嘘だろ…?」
「特別写真映り良かったやつかもしれないけど、(これまでの)写真ではAKBにはいなかった正統派アイドルってかんじなのに。本当に、もったいない」
「いやだこんなの信じたくない」
「残念ながらコラじゃないのよねー」
「衣装パッツンパッツンやで」
「短い全盛期だったな」

なんともがっかりした様子。
中には〝第二の宮崎美穂〟と呼ぶファンもいました。
宮崎美穂といえば、指原莉乃や北原里英と同じ5期生。実は、指原・北原を差し置いて5期生の中で一番に正規メンバーに昇格したという実力の持ち主です。
宮崎美穂は研究生当時から、今の大和田南那のように〝正統派美少女〟と名高いメンバーの一人でした。
正規メンバーに昇格、シングル選抜に抜擢され続けるなど順調な様子を見せていましたが、徐々にふくよかになっていく姿にファンの間でどよめきが起こりました。
この様子が、今の大和田南那そっくりだというファンが多く…

「完全に宮崎の再来かな」
「運営期待の若手で選抜抜擢や仕事も優先的に回していたが、いきなりの肥満化で徐々に干されへ」
「昔次期エースと言われた宮崎美穂という子がおってな、その子と同じ道をたどる気がするぞ」
「推されてから太るまでの時間が過去最短」

とはいえ、最初に紹介したファンの声にある通り、写真写りの良し悪しもあると思うのです。
実際、このふくよかな姿の写真が撮影された翌日、先輩メンバー・平田梨奈の動画に写っていた際はほっそりとしており、画像のようなふくよかな姿ではありませんでした。
もちろん、ふくよかな体型は女性としてはアリですが、アイドルとしては少々残念に思ってしまいます。
大和田南那はストレス太りなのでしょうか?

いきなり推されたから〝ストレス太り〟?

大和田南那がふくよかになったと話題になった前後、彼女は〝異例〟とも言われる待遇で運営からプッシュされていました。
2013年12月に発売されたAKB48のシングル・〝鈴懸のなんちゃら〟(省略失礼)のカップリング曲〝Party is over〟で大和田はセンターに大抜擢されたのです。人気のベテランメンバーを従えてセンターを務める、当時は大きな話題になりました。
そして、2014年4月スタートのドラマ・セーラーゾンビでは、川栄李奈、高橋朱里とともに主演に大抜擢。女優経験も皆無な大和田は、当時のスポーツ紙に〝かわいすぎる14歳〟〝AKB研究生連ドラ主演〟と大きな見出しで取り上げられ、さらに注目を浴びる存在となりました。
これが、例のふくよかな写真が出回った頃と時期が被っており、〝いきなり推されたことでストレス太りをしたのではないか?〟と囁かれるようになったのです。
たとえば、元モーニング娘。の辻希美は、全盛期の時に体重が60kgもあったことを告白していますが、当時の忙しい日々にストレスを感じ、体重が増えていったと明らかにしています。
大和田南那もまだ中学生であり、成長ホルモンや女性ホルモンの影響から体型が最も変化しやすい年頃です。
デビュー間もない研究生がこれほど推されるのもこれまでにない例。
ストレスを感じてしまうのも無理はないでしょう。

写真写りが悪い?服装のセンスが悪い?

〝写真写りによる〟という声も上がっていますが、実際のところどうなのでしょう?
確かに、メンバーが自撮りでSNSに投稿する写真は、だいたい角度や表情が固定されているパターンが多いです。
もちろん、それが一番自分が可愛く写る方法だから。
また、画像を反転させるメンバーも多く、多少の加工はあるのかもしれません。
大和田南那は研究生時代から、グラビア撮影などをこなしてきましたが、どれもほっそりした姿なのです。
もちろん、グラビア撮影に関しても多少の加工が施されている可能性がありますが、彼女がふくよかと言われる理由には写真写りも大きく影響していると考えられます。
そして、彼女の私服。これにも、彼女が〝着太り〟している疑惑があります。
AKB48グループでは握手会の他にも〝2ショット撮影会〟というイベントを行っており、メンバーはそれぞれが私服姿で参加しています。
大和田南那は撮影会の写真でも〝ふくよかだ〟と言われることが多いのですが、彼女の服装から〝単に太って見えるだけ〟と思われるのです。
たとえば、彼女がよく着用しているトップスはデコルテが強調されているデザイン。間違った合わせ方をすると、首が短く見えてしまうため太って見えがちです。
そしてひざ下丈のスカートとくるぶしソックス。これは足が一番太く見えるふくらはぎが一番露わになるスタイルで、足が太く見えてしまいます。

ということで、大和田南那がふくよかに見えてしまうのは写真写り、そして着太りによる影響があると思われます。
もちろん、年頃の女子だから、という理由もあるかもしれませんが、アイドルである以上は無理ない程度に体型管理をしていかなくてはいけないわけです。
厳しい世界ですね…。
ですが、若手メンバーのなかで最も推しに推されている彼女だからこそ、その期待に応えてAKB48のエースの座を目指して欲しいものです。

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。