篠田麻里子の握手会の対応は神対応?スタッフが語る篠田の裏での努力?

AKBで恒例となっている握手会で、篠田麻里子は神対応だと言われています。
それは、篠田の握手会にかける想いが「神対応」を生んでいるようです。
一体どんな思いで握手会に臨んでいるのでしょうか?
また、篠田はスマートでさりげなくなんでも仕事をこなしてしまう天才肌のように見えるところがありますが、実は裏でものすごい努力をしているそうです。
それは篠田をよく知るスタッフの証言から明らかになりました。
一体どんな見えない努力を篠田はしてきたというのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

篠田麻里子の握手会の対応は神対応?

AKBの握手会はファンの中で唯一大好きなアイドルに触れられる、会話を交わせる機会ということで好評を得ています。
そこでのアイドルの対応には注目を集めているようです。
あまり態度がよくなく、がっかりだと「塩対応」と言われ、しょっぱい態度と言われます。
逆に、態度が良いと「神対応」と言われ、評価を得ます。
篠田麻里子の握手会での態度の評価は「神対応」だと言われています。
一体どんな神対応を見せているのでしょうか。
その神対応と言われる秘密に、アドリブの面白さがあると言われています。
あるファンに「ウィンクやって!」と言われると、篠田は「ハローウェイ~」と歌って踊り出したそうです。
そっちのウインクか!と笑いを誘うのだそうです。
そういった対応が後輩からもすごい!と賞賛されているようです。
そして篠田のすごいところはそういったアドリブをしっかりファンの年齢層やキャラクターを見て使い分けるというところです。
そのウインクネタはある程度年齢が行っている人でないと受けないため、しっかり見極めているそうです。
そして、記憶力もよく、何回か来てくれているファンは覚えてしまうそうです。
「また来てくれたんだ!ありがとう!」と何度も来ているファンに告げると、そのファンはますます篠田のトリコになってしまうそうです。
やはり、ファンは沢山のファンの中でも自分のことを覚えてくれていると思うと、やはりとても嬉しいものです。
そういったファンの心を掴むテクニックも持ち合わせているところが篠田のすごいところのようです。
何より、篠田はファンの気持ちになって考えることが出来るところが天性の才能のように思われます。
篠田はこう語っています。
「もし私が自分のところへ握手会に行くなら、ちょっと怖そうだなって思うと思う。
だからあえてそこを変えてやろうと思ってやってる。実際に来たら、あ、こんな人だったんだ!って言われることが多いけど、それは作戦通り!」
ファンの気持ちを拾って、ファンが来てよかったと思えるような握手会にしているところが伺えます。
そして、何より篠田自身が握手会を楽しむようにしているそうです。
どうせ同じ時間を過ごすなら嫌だなと思うよりも楽しんだ方が良いと思っているようです。
実際に来てくれるファンの人は面白い人が多いらしく、篠田のファンも逆に篠田を楽しませようとしているのかもしれません。
篠田の「ファンを楽しませたい」という気持ちがファンにも伝わり、相乗効果を生み出し、篠田の握手会は好評を生んでいるようです。
篠田の神対応は「サービス精神」から生み出された賜物なのかもしれません。

 スタッフが語る篠田の裏での努力?

篠田麻里子と高橋みなみとがとあるラジオ番組で共演し、そこにゲストとして、スタイリストが呼ばれました。
高橋は篠田のことを体が丈夫できつくても音を上げないイメージがあったと語ると、スタイリストはこう語りました。
「実はすごく体が弱いのよね。でもすごく管理してる」
篠田は以前に三回公演の途中で倒れて点滴を打ったり、よく焼肉屋に連れていかれ、レバーを食べさせられていたというほどひ弱な体質だったのだそうです。
しかし、そういった姿をメンバーには見せていなかったのだそうです。
スタイリストが握手会を休まない篠田に対して、体が弱いけど、休まないよね?と質問すると、篠田は
「私はAKBというのはテレビのアイドルではないから、握手会とかサプライズとかでファンから人気が出てきたので、そういうイベントは休めない」と答えます。
篠田なりのAKBへの愛情、信念が伝わる言葉だったため、それを聞いたスタイリストは感動を得たそうです。
そして、そのスタイリストは、こういった篠田の想いを後輩メンバーたちに語り継いでいるのだそうです。
AKBは国民的アイドルとなり、多忙を極め、体調不良で倒れるメンバーも大勢います。
しかし、体調が悪くても絶対に休まないその心身の強さを後輩たちに伝えたかったのだと言います。
握手会やイベントを大切にするということはファンを大切にすること。
それが、篠田麻里子の人気の理由の一つになっているようです。
篠田麻里子にとっての握手会とは「AKBそのもの」なのかもしれません。
AKBを自分のホームと位置づける篠田にとって握手会も同じくらい大切な存在のようです。
そんなファンを大切にする篠田は今後も沢山のファンを増やし活躍の場を増やしてくれることでしょう。
これからの篠田に注目です。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。