佐藤亜美菜からみたキャプテン大島優子とは?また、大島優子から佐藤亜美菜に送ったメッセージとは?

2014年にAKB48を卒業し、夢であった声優として活躍の場を広げ始めた元メンバー・佐藤亜美菜。選抜総選挙では、初回から卒業直前までの全5回すべてにランクインし続けるという、ファンからの支持も厚い佐藤亜美菜。ステージではポジションを誰よりも多くこなせる、実績のあるメンバーでしたが気になるのは舞台裏の彼女の姿。
彼女は分け隔てなくメンバーと接するタイプではなく、仲のいいメンバーとしかつるまない、という印象が強いのです。これまで、AKB48は何度か組閣でチーム内シャッフルをおこなってきたのですが、当時の大島チームKに配属が決まった佐藤亜美菜は、当初チームKの顔ぶれを見て「馴染めない」と思ったそうです。
ですが、そんな引っ込み思案な佐藤亜美菜を救ったのが、チームキャプテンの大島優子でした。
佐藤亜美菜は自身のラジオで、大島優子とのエピソードを語りました。その気になる内容とは…?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

新チームKに異動が決まった佐藤亜美菜のある素直な思いとは?

「AKB48佐藤亜美菜のこの世に小文字はいりません」で、大島チームKに異動が決まった佐藤亜美菜が、キャプテンに就任した大島優子に対してエピソードを語りました。 

佐藤亜美菜が正規メンバーへ昇格して間もない頃、当時行われていたひまわり1st公演の時に、大島優子と一緒に公演出たりしてたそうですが、近い距離にいたにもかかわらずあまり大島と触れ合ったことがなかったよう。 佐藤亜美菜はチームA、大島優子はチームK…シングル選抜にも選ばれたことがない佐藤亜美菜にとって、大島優子との絡みはこれまで全くと言っていいほどなかったようです。 〝ちょこっと話したりすることはあった〟そうですが、がっつり公演で絡んだりってことがなかった…。そんな大島優子が自分の所属するチームのキャプテンになると知った時に〝どうなるんだろう〟と思っていたんだとか。 チームの組閣は2回目でも、キャプテンの変更は今回が初めて。キャプテンというよりも、エースとして活躍する大島優子。なぜキャプテンに選ばれたのだろう…?きっと、多くのファンやメンバーがそう思ったはず。 

冒頭でも触れた通り、チームKの面々を目の当たりにした佐藤亜美菜は〝馴染めない〟〝やっていけそうにない〟というようなネガティブ思考だったのです。それと同時に、新チームのキャプテンが大島優子…。正直、ついていけるのかな?というような思いが強かったといいます。

新チームKの初日公演を終えた時…

不安を抱えたまま新チームKとして活動がスタートした佐藤亜美菜。ですが、今回の組閣である問題が発生したのです。
それは、初日公演の〝スタベン〟問題…。
これまでのチームは、16名の定員制で運営していたので、正規メンバーになれば公演には必ず出演できるという保証があったのです。ところが、今回の組閣では1チームあたり22人、23人ほどのメンバーに…
ステージに立てるのは16名と変わりがない。ということは、全員がステージに立てることは全くないということ。特に、チーム始動時の〝初日公演〟は、出演できるかできないかで運営からの期待度が丸分かりになってしまうのです。
ファン人気の高い佐藤亜美菜が初日公演の〝スタベン〟になることはあまり予想されていませんでした。ところが、佐藤亜美菜は敢え無く初日公演では〝スタベン〟となってしまうのです…。(佐藤亜美菜を除いたメンバーは、内田眞由美・松原夏海・近野莉菜・宮崎美穂・小林香菜の6名)
初日公演には出られなかった佐藤亜美菜ですが、直後の東京ドーム公演では大島優子から〝あるお話〟があったようで… 。

AKB48シアターでの大島チームK初日の公演が終わった直後に開催された東京ドームの舞台裏で、チームの話し合いが開かれたそうです。このとき、新Kで集まり、キャプテンになった大島優子ちゃんからの〝あるお話〟があったといいます。 「それは私たちメンバーの心に秘めたいのでちょっとここでは言わない。ホントに〝あ、この人についていったら間違いないな〟みたいなことを言ってくれるから、凄いびっくりしちゃって」と、詳細は口にしなかったものの、大島優子の言葉一つ一つがメンバーには刺さったよう。 そこで、改めて大島優子の偉大さを知ったといいます。

あくまでも憶測の話ですが、どうやら〝スタベン〟のメンバーに対して、ステージに一緒に立てなくても仲間だよ…というような内容の話だったと予測されます。 公演に立てていない佐藤亜美菜は〝まだチームとして何もしていない〟と少し孤独に感じていたようですが、じぶんたちのことを仲間だ、と言ってくれたんだとか。 大島優子がそういう風に思ってるんだ、じゃあ私たちはこういうついていき方をすればいいんだ…。大島優子の話は、非常に明確であり、話を聞くメンバーたちがどんどん想像できるような話し方をしていたんだそうです。そこにいた新チームKのメンバーはみんな〝ついていこう〟って思ったと思う、 それは優子ちゃんの生まれ持った才能だ…佐藤亜美菜はこう感じたようです。

 〝私にはできないなって思ったので、優子ちゃんについていく気満々です〟とぐぐたすに書いた佐藤亜美菜ですが、一部のファンからは〝もう努力しないってこと?〟〝大島優子についていくっていうのは、もう諦めたってこと?〟と勘違いされてしまいました。〝優子ちゃんについていくっていうのは、そういう諦めた言い方ではなく、チームKとしてもっと上がっていくために大島優子にも頑張ってもらって、その頑張りに私たちも必死についていく〟ということが言いたかったようです。佐藤亜美菜が思うキャプテン像とは、トップが頑張ることで下がついてくる、それがキャプテンの仕事…という考え。大島優子の話を聞いて、〝それなら上手くやっていけそう〟と感じたといいます。 「まだ一回しか話してないから何ともいえないかもしれないけど私はそう思った。」… 言葉だけ受け取ったら佐藤亜美菜のついていく発言は〝何かをあきらめる〟というような意味にとられてしまうかもしれません。
ですが、彼女には彼女なりのキャプテンに求めるもの、理想があったようで、それに大島優子がぴたりとはまった、というような話なんです。

卒業する佐藤亜美菜に送った大島優子のメッセージとは?

佐藤亜美菜が卒業を発表した際、大島優子はブログ内で佐藤亜美菜に関して触れました。この文章を読めば、大島優子がいかに佐藤亜美菜のことをよく見ていたか、わかるんです。 

(以下大島優子のブログの一部を抜粋)

 『一人一人のパワーを持ち寄って作っているAKB48。
誰が凄くて誰が劣っててとかじゃなくて、私たちは隣にいる仲間を信じて
やってきました。
総選挙の順位や、選抜メンバーとかってのはもちろん重要なことかもしれない。
でも私たちステージに立つ側からしたら
どれだけみんなと楽しい時間を過ごせるか、このグループに愛情を注げるか、真剣になれるか、マジでやれるか
感傷的なところがあるかもしれないけど
精神として重要なことを持っていたのが
亜美菜ちゃんでした。
彼女のHappyな日々を願って…(´-`).。oO(卒業おめでとう』 

実は佐藤亜美菜が卒業を発表したのとほぼ同時期に、大島優子も卒業を発表しています。今ではそれぞれが声優、女優として夢への一歩を踏み出しましたが、彼女たちの活躍にますます期待してしまいます。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。