第6回選抜総選挙でまたもや〝中華砲〟?!指原莉乃連覇なるか?

2013年に行われた第5回選抜総選挙にてまさかの1位に輝いたメンバー•指原莉乃。前年のスキャンダル発覚から姉妹グループへの移籍を経て、運気は下降どころか上昇の一途をたどる指原莉乃ですが、大島優子が卒業した今ではメンバー初の総選挙連覇に期待がかかりました。
これまで、総選挙では前田敦子と大島優子がそれぞれ2回ずつ1位に輝いていますが、どちらとも連覇をしたことはありません。これまで自分のことを調子にのるタイプと話しながらも、どこか遠慮気味だった指原莉乃ですが、1位になったことである責任感が生まれたようです。前田•大島と同じ太田プロダクションに所属する指原莉乃にとっては、二人の先輩が成し遂げられなかった連覇を達成したい!といういう野心が芽生えたのでしょう。
対抗馬は1位を誰よりも切望している渡辺麻友、そして栄のエース•松井珠理奈の2名。気になる2014年第6回選抜総選挙の結果はどうだったのでしょうか?また、この総選挙にまつわるある都市伝説とは…?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

速報では順調な滑り出し?!指原莉乃には向かうところ敵なし状態だった?

第6回選抜総選挙では例年通り、投票開始の翌日に速報が発表されるシステムになっていました。そこで、気になる指原莉乃の順位ですが…速報時点ではなんと1位!得票数は38582票。これは、速報時点で2位だった渡辺麻友の得票数25283票に1万票以上の大差であり、まさに〝1強〟状態だったのです。
指原莉乃は

「ありがとうございますとさか言えません、こわいですが、正直かなりうれしいです!こわい気持ちもあります不思議な感情です」(原文ママ)

とツイッターで正直な気持ちを吐き出していました。
AKB48チームBは公演だったこともあり、劇場のステージで速報結果を目の当たりにしました。その際、指原莉乃の対抗馬である渡辺麻友はこの結果に驚きを隠せない様子でした。指原莉乃の得票数を聞いた渡辺麻友は、口に手を当て、目を見開いて驚いたのです。チームBキャプテンの倉持明日香が「さっしー、すごくない?」と渡辺麻友に振ると「無敵じゃない?」とライバルの飛躍に慄いた様子でした。
指原莉乃はこのまま逃げ切ることができたのでしょうか?

気になる最終結果で指原莉乃は連覇を果たせたのか?壇上で語ったスピーチとは…

速報時点では向かうところ敵なし状態の指原莉乃ですが、最終結果はどうだったのでしょうか?
4位松井珠理奈…3位柏木由紀…と順に名前が呼ばれる中、指原莉乃の2位以上は確定となりました。
そしてついに2位の発表。一瞬は連覇が目前に見えたのですが、指原莉乃が名前を呼ばれました。渡辺麻友陣営には最後の最後で追い抜かれてしまったんです。
指原莉乃は涙こそみせなかったものの、悔しさをにじませながら壇上でスピーチを行いました。〝これでも、1位を経験した身。これから名前を呼ばれる人…誰かはわかりませんよ?!指原は1位のメンバーを支えたいと思います〟というような力強いコメント。前年は1位が確定した時点で開票会場の観客が指原莉乃の1位発表を目前に何人も途中退席してしまうという〝洗礼〟を受けました。1位には重圧やプレッシャー、バッシングを誰よりも受け止めなくてはならず、鉄のハートではないとつとまりません。指原莉乃はこれを経験しているからこそ、1位のメンバーを支えたい気持ちが強かったのかと思われます。
最終的に1位に輝いたのは渡辺麻友となりました。やはり、選抜総選挙を連覇でクリアするにはまだまだ壁が高いようです…。渡辺麻友は前年の総選挙スピーチで「私は誰よりも自分をAKB48に捧げてきた自信がある」と力強く発言していました。スキャンダルを一切出さず、アイドルとしてこれほどまでにストイックな姿勢をキープする…渡辺麻友の1位への夢、叶えてあげたい!というファンの結集が彼女の1位を導いたのでしょう。
…とはいえ。速報時点で1万票以上も差があった指原莉乃を、渡辺麻友はどのようにしてひっくり返したのでしょうか?これにはある〝都市伝説〟が関わっているとかそうじゃないとか…。

都市伝説?!総選挙で発動される〝中華胞〟


「渡辺麻友は15万9854票、指原莉乃は14万1954票。差は1万7900票です。中国ネット掲示板のまゆゆ板は180万元(約2950万円)を集め3万5000票を投票。まゆゆの勝利を決定づけました!これぞ我らが大中華砲の威力!」

渡辺麻友が1位に輝いたことを受け、ツイッターではこのようなツイートがあがりました。実は、渡辺麻友が1位になったのは〝中華砲〟と呼ばれる中国人の富裕層から手厚い支持があったからだと噂されているのです。そしてこの「中華砲」は昨年も話題になりました。
去年の投票締め切り間近に動画共有サイトで中国から指原莉乃に9000票が投じたという動画が流れたのです。結果は1位!一部のファンからは〝中華砲中華砲〟となじられたのです。
2014年5月、あるテレビ番組で「中国の富裕層の方が(票を)買ってくれますよ」と言われた指原莉乃は「私だけじゃない。他のメンバーの票も中国の富裕層の方が買ってくれています」と発言していていましたが、まさにこれが現実味を帯びたものになるとは…。
とはいえ、投票権を購入したのは富裕層ばかりではないらしいのです。大手ネット掲示板などを通じてファンが資金を集め、代表者が購入…という仕組みがとられている様子。ごく一部では代理購入するとの名目で資金を集めた上で持ち逃げするという詐欺も若干合ったようです。それは惨事ですね…。
昨年の1位で満足したのか指原莉乃板の購入数は若干減少したようですが、必勝を期したまゆゆ板は約2950万円という途方もない金額を集めることに成功したといいます。指原莉乃板では「私たちの力が足りなかった……来年に捲土重来を」とお通夜モード。まゆゆ板は「まゆゆ皇帝万歳万歳万々歳」と勝利の喜びにひたっていました。
1位の命運は〝中華砲〟という爆弾に左右されているといっても良いでしょう。前年度では1位の椅子に座れた指原莉乃、2016年度の選抜総選挙では1位に返り咲くことができるのでしょうか?まだまだ彼女から目が離せません!

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。