こじ坂46結成で乃木坂サイドが小嶋陽菜を歓迎ムード?

人気コスメや海外の美容情報が満載の美容雑誌・MAQUIAのモデルとして活躍するメンバー・小嶋陽菜。彼女はAKB48きっての〝ビジュアル担当メンバー〟と言われ、美容雑誌のモデルだけではなく、下着メーカーのピーチジョンのモデル、カミソリで有名のシックのCMモデルを務めるなど、自身のルックスを最大限にアピールし度々話題を呼んでいます。AKB48に応募した際も、当時の運営チームが〝絶対逃すな〟とマークされるほど、小嶋陽菜の容姿に惚れ込むスタッフやメンバー、関係者は多くいます。AKB48が好きではないひとでも、〝こじはるは好き!〟という層が結構多いのも事実。AKB48の〝入り口的〟な要素を務めているのではないでしょうか。
そんな彼女ですが、最近では〝ビジュアルが最高レベル〟とまで囁かれているグループ・乃木坂46とのつながりも非常に強く、乃木坂46ファンからも小嶋陽菜の兼任・移籍を望む声が多く上がっているということなのです。それは一体なぜなのでしょうか?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

小嶋陽菜が結成した〝こじ坂46〟が大好評!

AKB48グループが毎年開催しているイベント、じゃんけん大会。このじゃんけん大会では、メンバーそれぞれが個性あふれる衣装で登場することがもはや風物詩となっています。センターを務めた時の衣装や野球のユニフォーム、なかには何千人といる人の前でビキニ姿で登場するメンバーもいるなど、目的である〝じゃんけん〟よりも盛り上がっていることもしばしば。小嶋陽菜も、占い師のアドバイスで決めた赤いドレスでこれまで2年連続じゃんけん選抜に選ばれており、赤いドレスを彼女のラッキーアイテムとして紹介したりしていました。
そんな小嶋陽菜が2014年に挑んだじゃんけん大会では、グループの枠を超えて乃木坂46のメンバー4名(川後陽菜、永島聖羅、斉藤優里、中田花香)を従えて〝こじ坂46〟として登場。これは
小嶋陽菜の対戦相手が、兼任期間中の乃木坂46メンバー・生駒里奈だったことを理由に結成されたとされていますが、乃木坂46メンバーがAKB48のイベントに登場するのも非常にめずらしく、メンバーやファンに大好評!小嶋陽菜も、こじ坂46のために髪の色を若干黒くするなどの本気ぶりをみせました。結果決勝にまで上り詰め、優勝した渡辺美優紀よりも注目を集めたのではないか?というほど盛り上がったのです。
これを受け、ファンからはこじ坂46での楽曲制作を秋元康に要求する声があがり、秋元康も即座に「作るよ」と乗り気の発言。他のファンからは「こじ坂46は乃木坂46の公式ライバルなんですか?笑」と質問を投げられた秋元康は「こじ坂46は乃木坂46の公式ライバルであり、AKB48グループの公式ライバルでもあります。小嶋さんが立ち上げた独立団体です」とユーモアを含んで答えていました。
乃木坂46サイドのファンからも〝じゃんけん大会出場してないのに決勝の舞台にいれるこじ坂46兼乃木坂46のメンバーはおいしいというかとても貴重な経験だね〟
〝「勝ち負けとか考えずにずっとヘラヘラしてたらここまで来てしまいました。ここ数時間やっていて初めて思いました。次は勝ちたいです」準決勝の対戦前のコメントでこう言った後しっかり勝つ小嶋陽菜すごすぎ〟
〝賛否両論はあるかもしれないけど、単純に推しがテレビに映っていることが嬉しい〟
〝小嶋陽菜vs生駒里奈、仮に生駒が勝ったとしてもこじ坂46の4人は生駒側に回ってステージに立つことができる。そこまで計算されてるなら小嶋陽菜は神だな〟
という好意的な意見が多くあがりました。

小嶋陽菜はOKで松井玲奈はNGの風潮?

2014年に行われたAKB48グループ全体の大組閣において、AKB48グループを飛び出して乃木坂46を巻き込むことになり、SKE48の松井玲奈、乃木坂46の生駒里奈が〝留学生〟という位置付けでグループをまたいだ兼任が発表されました。乃木坂46のメンバーはこれに難色を示すものが多く、ブログやテレビ番組でも不満を次々に口に出しました。
〝そもそも自分たちはAKB48の公式ライバル〟〝AKB48が長年積み重ねてきたことを短期間で追い越す〟というグループとしてのこれまでのあり方を崩すような組閣。もちろん、兼任として乃木坂46に送り出された松井玲奈自身が望んでいたことではなかったものの、乃木坂46サイドが受け入れていないことから不安が広がりました。
しかも、兼任が始まった松井玲奈の乃木坂46におけるポジションはフロント。乃木坂46はその時その時でえらばれる〝⚫︎福神〟と呼ばれる、AKB48で言えば〝神7〟的なポジションは、毎回フロントメンバーで決まることから、兼任であるにもかかわらず松井玲奈はかなりの厚待遇を受けていることになります。誰かが入れば誰かが抜ける。松井玲奈が乃木坂46にきたことによって、乃木坂46メンバーの誰かが押し出されてしまう…松井玲奈を〝部外者〟扱いするファンも少なくはありませんでした。
一方、こじ坂46なるものを結成して曲まで製作されている小嶋陽菜に対しては、乃木坂46メンバーを含んで歓迎ムードらしいのです。冒頭で少し触れましたが、乃木坂46はビジュアルでは最強と言っていいアイドルグループ。最近では、橋本奈々未や松村沙友理がキャンキャンの専属モデルに、西野七瀬がnon・noの専属モデルに決まりました。AKB48でモデル業を兼業した先駆けとなる小嶋陽菜は、乃木坂46にとっても共通点が非常に多く、かつ嫌味がない性格なのでメンバーに好かれやすい。このあたりが、おなじ48グループメンバーでも松井玲奈との違いが顕著に表れています。松井玲奈はどちらかというと〝顔鉄〟〝アニメ好き〟というオタク要素があるメンバーなので、もしかすると乃木坂46の色に馴染めていないのかもしれませんね。
とはいえ、小嶋陽菜が乃木坂46サイドから好意的に思われているのも、あくまで〝企画モノ〟として関わっているからに他なりません。年頃の女性の集団とは、見えない闇がつきものですから、こうした付かず離れずの体制がおたがいにとってもいいのかもしれませんね。
2015年2月22日、乃木坂46の3周年コンサートで小嶋陽菜がゲストで登場。メンバーにカイロを配って帰る茶目っ気たっぷりな姿が非常に微笑ましかったです。これからも細く長く、こじ坂46が続いてくれたら…と思うファンもきっと多いでしょう。

 

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。