篠田麻里子から出た黒い噂?

篠田麻里子はAKBに加入してから卒業に至るまで高い人気を誇ってきました。
篠田のキャラクターはAKBにとって唯一無二の存在で、必要不可欠な存在でした。
そのため、注目をされた篠田麻里子の周囲でさまざまな噂が飛び交うようになりました。
そして、篠田麻里子はデビューして早々に、黒い噂で話題になりました。
その噂はファンからしたら、耳をふさぎたくなるような、アイドルらしからぬ噂でした。
一体どんな黒い噂だったのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

篠田麻里子から出た黒い噂?

篠田麻里子は、1.5期生としてAKB48に加入しています。
この「1.5期生」というのは、篠田麻里子ただ一人で、実はオーディションに受からずに、AKBに加入します。
それは、出来レースで、篠田のAKB加入には「愛人」の存在があったと噂になっています。
篠田麻里子は高校を卒業後に、福岡県の中洲というキャバクラなど大人の店が多い地域で、キャバクラ譲として働いていたそうです。
「ガイア」というキャバクラのお店で働いていたという情報がフライデーに掲載されたことがあります。
働いている篠田の当時の写真も流出するなど、キャバクラで働いていたという噂には信憑性は高く、事実であったようです。
当時のキャバクラで働いていた時の源氏名は「涼」で、人気もあったようです。
しかし、いつもナンバー1ではなく、人気ナンバー2止まりだったようです。
篠田は、AKBの時も、センターになりたいと発言したことは一度もなく、このころから、一番にこだわる性格ではなかったのかもしれません。
むしろ、安定した上位という立ち位置でマイペースに頑張っていきたいタイプのようです。
キャバクラで安定した人気を誇りながら頑張って働いていた篠田の前に、運命的な出会いがありました。
それは、当時働いていたお店に、AKBの運営会社であるAKSの社長、窪田社長が来店します。
窪田社長は早速、篠田麻里子を指名したそうです。
そして、しばらくしてその後、篠田麻里子はキャバクラのお店を辞めることになりますが、その理由は「アイドルになる」というものでした。
窪田社長の誘いあってアイドルになろうと思ったかどうかは定かではありませんが、アイドルになるために篠田は上京します。
しかし、AKBの第一回目のオーディションには落選してしまいます。
そして、AKB併設のカフェで働くことになった篠田麻里子は、一生懸命毎日働きました。
そんな努力が報われてか、ファンの間で可愛い子がいると、篠田のことが噂になり、AKBのファンの後押しがあって、AKB48に異例の加入になったと公の場では話をしています。
しかし、これが実は、AKBのファンが篠田をAKBメンバーにしたわけではなくて、AKS社長の窪田氏が後押ししたのではないかと言われているのです。
福岡のキャバクラで知り合った篠田と窪田社長はすぐに愛人関係となり、そのころからAKB48のアイドルにしてあげるというような会話を交わしていたのではないかというものです。
2010年には篠田麻里子は窪田社長の愛人説が週刊誌に大きく取り上げられるようになります。
窪田社長はよく、AKB48のお気に入りメンバーと会食をするそうで、その中でも社長の一番のお気に入りは篠田麻里子だったそうです。
篠田麻里子は実際に、窪田社長と同じマンションに住んでいて、家賃は窪田社長が出しているという話も出ました。
これだけ聞くと、完全にキャバ譲とお客の関係にあるように思われても仕方がない部分もあります。
AKB48を巨大なキャバ嬢グループと勘違いしているのでは?と思われても仕方ありません。
さらに、篠田麻里子は窪田社長名義のクレジットカードをいつも持ち歩いているという噂もありました。
しかし、これに対して窪田社長は弁明しています。
「篠田麻里子がストーカー被害にあい、セキュリティ面を考えて、事務所借り上げである現在のマンションに引っ越した。他のメンバーも都内のマンションを寮として借りている」
しかし、これには疑問の声も上がりました。
篠田麻里子はAKSの事務所には所属していないからです。
他の事務所に所属している篠田をかくまう必要が窪田社長には全くないのです。
そのような総合的な要素から、篠田麻里子は上京前から窪田氏と愛人関係にあり、オーディション抜きにAKB48に選ばれたという噂が立ちました。
しかしこれには全く根拠がなく、状況証拠に過ぎず、決定的証拠がないため、真相は闇の中となりました。
この愛人説を流した「週刊文春」に対して、AKS事務所は損害賠償と謝罪を求めて提訴し、法廷闘争に発展しています。
そして結果はAKS側が勝訴しています。
裁判で勝利したということは、やはり噂は真実ではなかったということでしょうか。
駆け出しのアイドルでこれからという人気の出始めた篠田麻里子をどうしても守りたかったのでしょう。
その後、あまりメディアでもこの話題が放送されることもなかったため、事務所の強い力が及んだものと推測されます。
アイドルは人気商売であるため、こういったスキャンダルは絶対避けたいものです。
しかし、このような噂があっても人気が落ちることなく、安定した地位をAKB内で築いてきた篠田麻里子には、本当に実力があったのだと思われます。
篠田麻里子には、意外な過去、そして黒い噂が流れていたことは事実のようです。
しかし、例え本当に愛人の存在が篠田をAKBに加入させたとしても、その後の篠田の人気を集めることまでは操作できません。
やはり、篠田麻里子の人気は篠田麻里子自身の力で獲得したものであり、そんな彼女の強さはAKBを卒業した後も力になることでしょう。
篠田麻里子は今後どんな活躍を見せてくれるのか、楽しみです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。