松村香織が初任給を暴露!その背景には〝格差社会〟を訴える目的があった?

SKE48終身名誉研究生、そしてAKB48グループ研究生会会長という異例の肩書きで常にファンの間で話題が持ち上がるSKE48・松村香織。松村香織といえば歯に衣着せぬ発言で度々ネットニュースに取り上げられるほど話題にこと欠かさないメンバーですが、最近では新たな発言でネット界を賑わせています。それは、〝SKEに入ってからの初任給〟というネタ。ネット配信されている『BBQ松村香織の今夜も1コメダ!』内で飛び出した松村香織のお財布事情なのですが、彼女はつい先日も娯楽雑誌の年収ランキングが〝大嘘〟であることを明かしたばかり。今回、彼女が自分の初任給を晒した背景にはどんな事情が見え隠れしているのでしょうか…?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

話題となった松村香織の初任給とは?

松村香織は2009年11月、SKE48のオーディションに合格し、第3期生として加入しました。ですが、オーディションの合格から半年の〝試用期間〟は給料を『もらってなかった』と明かしたのです。さらに、オーディション合格から翌年5月、アンダーとして劇場公演に出るようになってから初めて給料をもらうことができたのですが、その金額は〝月給4万円から税金を差し引いた手取り3万6000円〟という〝薄給〟っぷりを暴露しました。松村香織はこれまでの活動を振り返り、『3年目くらいまで(金銭的に)ほんとやばかった』『貯金崩してたもん。メイドの時の。あの時のほうが、全然もらってるっつーの』とぶっちゃけ、ゲストの元SKE48・出口陽も同調していました。『あの時、カラムーチョ生活しとったもん。ほんとお金なくて』と極貧エピソードを明かしました。
気になる現在の松村香織の給料について『3万6000円よりは、少し豊かになった』としながらも、『高級ブランドのバッグ、一つ持ってみたいわ!』と不満を暴露。『PRADAとか、miumiuとか、20代後半のうちらの年だったら、1個持ってるの普通じゃん』とぶちまけていました。
AKB48の主要メンバーのように、大きな芸能プロダクションへ所属していたら給料も変わってくるはずなのですが、対する松村香織はAKB48の運営をメインとするAKSの所属。かつてAKSに所属していたSDN48のメンバーたちも、AKSからの給料では生活できないためアルバイトをしていたことを明かすほど、お財布事情は厳しいようです。また、正規メンバーか研究生かでもギャラが異なってくるでしょうから、今の松村香織も決して満足できる生活を送っているわけではないということです。また松村香織が語っていたように、彼女はかつて秋葉原のメイドカフェでバイトをしていたり、噂では歌舞伎町のキャバクラで働いていたことが有名。これらの仕事は、普通の接客業とは違って給料が段違いであることは明らか。生活面ではSKE48加入前よりも厳しいようです。

ところで、松村香織が今回なぜ自身の初任給をネタにしたのか?確かに、冒頭でも触れた通りウソの年収をでっち上げられたことによる釈明なのではと思ったのですが、一部の関係者ではメンバー間格差を訴えるためだったのでは?と囁かれているんです。そして、最近やたらと卒業者が続出しているのにも、その格差が影響しているとか…。一体どういうことなのでしょうか?

 

SKE48は最も〝格差社会〟のグループ?火を見るよりも明らかなその格差とは

 

SKE48は姉妹グループという位置付けではあるものの、選抜総選挙においてはAKB48のメンバーを凌駕するほどの勢力を誇っており、人気メンバーも多く所属しています。ですが、その勢力に見合わないほどの〝仕事の少なさ〟に嘆くメンバーが現在続出しているのです。休みばかり、劇場公演にすら出られない…そんなメンバーを多く抱えるSKE48ですが、グループの絶対的エース・松井珠理奈との〝格差〟を感じるメンバーも多いようです。

松井珠理奈はSKE48のみならずAKB48のエースといっても過言ではない主要メンバー。特に、総合プロデューサーの秋元康からの溺愛っぷりがすごいのはファンの間でも有名な話です。そして松井珠理奈は、コンシェルジュ付きのデザイナーズマンションを与えられ、他のメンバーが公共交通機関を使って移動する中、松井珠理奈はお抱え運転手つきの専用車まで与えられている、と噂されています。プライベートでは運営幹部と夜な夜な食事…という、松村香織らメンバーとの〝格差〟は火を見るよりも明らか。松村香織は20代後半であるにもかかわらずブランドバッグ一つすら持てない状況にありながら、17歳の松井珠理奈がテレビ番組で着用していた私服は数十万はくだらないとされるリアルファーのコート。風貌だけでも、彼女たちの格差は明らかになっているのです。

そしてSKE48では、2015年に入ってから初期メンバーを含む何人ものメンバーがグループの卒業を発表していますが、彼女たちの卒業理由にも〝格差〟が影響しているようです。もちろん、本人たちが明言しているわけではないのでネット上で拾った憶測の話になりますが、事務所側がメンバーに外仕事を取ってこない上に、個人でオーディションを受けることを禁止(2013年元メンバー・桑原みずきの発言)しているので、活動にも制限がかかり夢に向かって進むことができないまま年を重ねてしまう…その現場に一抹の不安を感じ、卒業していっているのでは?と思われます。また卒業発表したあるメンバーは、〝スタッフに可愛がられるかどうかがすべて〟というような発言をしており、主張の多いメンバーほど運営から推してもらえない現状を訴えていました。

松村香織は表向きでは卒業していくメンバーたちのことを、当たり障りない内容で〝応援する〟と発言していましたが、もしかするとメンバー内格差を訴えるために自身の初任給を明かしたのかもしれません。同じ研究生でも、所属事務所が違うNMB48研究生はAKB48劇場へ出張公演ができて、自分たちSKE48研究生は出張公演すらさせてもらえない…以前このように訴えたこともありました。SKE48の正規メンバーでさえ格差を感じているのに、研究生の松村香織はもっと苦しい現状なのかもしれません。ですが、『BBQ松村香織の今夜も1コメダ』のように、松村香織は自分自身を売り込む、プロデュースする能力に長けているはずなので、このような逆境に負けないくらいのパワーで〝格差社会〟をぶち壊してほしいものです。

 

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。