第一回ゆび祭り開催でアイドルファンに激震が走った?!

AKB48グループの総選挙では、現エースの渡辺麻友と1位2位を争うほどの人気ぶりを見せるメンバー・指原莉乃。バラエティー番組へ引っ張りだこで、現役のAKB48メンバーの中でもっとも年収が高いとさえ囁かれる指原莉乃ですが、アイドルらしからぬ〝ヘタレキャラ〟〝アイドルオタク〟ぶりが彼女の個性をより引き立ててブレイクのきっかけを作りました。
そんな指原莉乃のアイドル好きが功を奏し、彼女のデビューシングル・それでも好きだよの発売を記念して『第一回ゆび祭り』の開催が決定したのです。所属事務所やレーベルの垣根を越えたアイドルの競演は他に例を見ない斬新なイベントとなったのですが、その内容はどういったものだったのでしょうか?また、開催を巡って起きてしまった〝あるトラブル〟とは…?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

〝ゆび祭り〟は指原莉乃プロデュース?!その気になる内容とは

〝第一回ゆび祭り〟とは、指原莉乃がプロデュースする、所属事務所やレーベルの垣根を越えたアイドルの競演ステージイベントとして発表されました。このゆび祭りに参加するアーティストには、当初アイドリング!!!、私立恵比寿中学、SUPER☆GiRLS、東京女子流、ぱすぽ☆、渡り廊下走り隊7の6組が発表されました。
なぜ指原莉乃がプロデュースすることになったのでしょうか?
指原莉乃はAKB48に加入する前からアイドルファンだったことは知られていますが、なかでもハロープロジェクトが大好きで、モーニング娘。の握手会やコンサートに足繁く通い、現場のファンたちの間では可愛がられる〝女オタ〟として有名だったそうです。 それを包み隠さずテレビで公言し、Twitterでもハロープロジェクトのプロデューサーであるつんく♂とやりとりしあうほどオープンなアイドルファンっぷりでした。
彼女は自分がアイドルオタクであったことから、アイドルになった自分を客観的に見れる視点を持っており、かつての〝ヘタレキャラ〟ですら彼女がただ単に演じていたことでブレイクしたのでは?と囁かれたほどでした。総合プロデューサーの秋元康にも〝指原莉乃はセンターよりも放送作家に向いている〟という主旨の発言をしており、指原莉乃のプロデュース力をはやくから見抜いていました。
そんな指原莉乃がプロデュースする〝アイドルの祭典〟にファンや関係者の期待も非常に高まっていたのですが、このゆび祭りを開催するにあたりある問題にぶち当たることになるのです。

デビューシングルの購入者特典?!アイドルファンの怒りを買ってしまった?

この第一回ゆび祭りは、指原莉乃のソロデビューシングル・それでも好きだよの購入者特典の一つとして開催が発表されたのですが、イベントの参加方法はCDの購入者に限らず、他にも予定をしていたことから指原自身こうコメントしました。

『週明けにはチケットの購入方法を発表しますので、もうすこしだけまってください。指原のCD買わなきゃダメなんてそんなことしません!』

ですが、いざゆび祭りの開催概要が発表されると、多方面のファンから大ブーイングを受けてしまうことになりました。
イベントの参加方法は二通り用意されており、その一つが指原莉乃のCDに封入されているイベント応募券で応募する方法、もう一つは出演者のホームページから応募する方法と発表されました。一見するとこれらの応募方法に問題がないように見えるのですが、実は後者の方法で応募する場合、前者の方法で応募を締め切った〝後に〟募集がかかる上に、前者で当選した人よりも後方の席になるという…結局のところ、良席をゲットするには指原莉乃のCDを買わざるを得ないという〝不公平〟な条件が他グループのファンから反感を買いました。
さらに、指原莉乃のCDを購入してイベントに応募する際は、応募した人の中から〝厳正なる審査〟を経て当選が決まるため、たとえ何十枚何百枚CDを買おうが当選しない場合も考えられます。もちろん、買えば買うだけ確率もあがるのですが…。
〝いい席で見たいなら指原のCDいっぱい買ってね〟と言わんばかりのこの商法。例えば、同じソロデビューでも板野友美の場合は、CD購入者特典として通常のように握手券が封入されているのですが、板野友美だけではなく他のホリプロ所属のメンバーまで握手会に駆り出される始末。他のホリプロメンバーのファンにとっては好ましくない商法ではありますが、今回の場合はAKB48という枠を越えての商法。このやり方に反発を覚えるファンは他グループのファンだけではなくAKB48サイドのファンも大勢いました。

イベント開催における指原の本音、そしてゆび祭りは成功した?

第一回ゆび祭りの応募方法について最悪のレッテルを貼られたわけですが、開催を目前にして指原莉乃の例のスキャンダル発覚事件が起きてしまいます。ラジオでの号泣謝罪や博多への異動もあり、指原莉乃の動向が最も注目される中で開催されたゆび祭り。ところが、蓋を開ければ危惧されていた不安なんてなんのその、これまでにないアイドルたちの夢の共演が大成功を収めました。当初の参加予定アーティストに加え、ももいろクローバーZやBuono!の参加もあり、そのラインナップはかなり豪華なものでした。
指原莉乃はゆび祭りの応募方法を巡って彼女なりの葛藤を抱えており、開催まで不安もあったそうです。それでも好きだよの発売初日、ブログでは次のように本音を語りました。

『たくさん悩みました。今回のことで、うんざりされたファンの方、たくさんいらっしゃるんだろうなと思います』
『でも、その分応援してくださる方がいます。二年前にブログを書き始めたとき、こんなことになるなんて思っていませんでした。AKBに入る前、アイドルのコンサートをみに行っているとき、こんなことになるなんて思っていませんでした。今この現状がとても幸せです。辛くても、みなさんが励ましてくれる。とても幸せです』

内容の冒頭から、やはり応募方法で頭を悩ませることが多かったようです。もちろん、彼女一人の意思で決められることではありませんが、そのバッシングを一身に受けてしまうのも残念ながら彼女の運命。ですが、結果的に後にも先にもないであろう〝枠に縛られないアイドルの祭典〟が大成功したのは、指原莉乃のプロデュース力が長けていたおかげなのでしょう。自分がアイドルファンだからこそ、どうしたらファンのみんなが喜んでくれるのか?これを見事に体現してくれたイベントになったと思います。
実は第一回ゆび祭りを最後にこのようなイベントは行われていないので、もしかすると本当に最初で最後だったのかもしれません。ですが、いつかまたの機会に第二回が開催されたらば、第一回以上に盛り上がることはまちがいなさそうです!


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。