山田菜々ラストシングルで初の単独センター&SKE48との直接対決に?!

NMB48結成時からグループを支えてきたオリジナルメンバーの一人、山田菜々。彼女はNMB48加入当初は元メンバーの福本愛菜とともにグループの最年長であり、メンバーを引っ張るキャプテン・山本彩を影で支える副キャプテン的存在として知られていました。また、山田菜々はNMB48加入前はハロプロ関西のメンバーであったことや、実弟がジャニーズ事務所所属タレントの中山優馬だったことで多方面から注目を浴びていたメンバーでもあります。ある意味〝鳴り物入り〟な山田菜々ですが、グループでは2枚看板の山本彩、渡辺美優紀に次ぐ3番手のポジションで人気・実力ともに揃っていました。一時はAKB48から兼任してきた横山由依や柏木由紀らに自身の3番手ポジションを奪われてしまうなどファンから心配されていましたが、選抜総選挙のランクインでその人気は変わらず高いものがありました。
そんな山田菜々もついに卒業の時がやってきました。2015年4月、自身の23歳の誕生日に卒業することを発表し、現在行われているアリーナツアーなどでも彼女にフィーチャーしたステージ構成がされるなど〝卒業キャンペーン〟のような毎日を送っており、まさにその待遇は他の例を見ないほどのもの。
さらに彼女のラストシングルでもある、2015年3月発売の新曲・Don’t look back!で単独センターを務めることが発表されたのです!


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

誰もが予想していなかった?!山田菜々のセンターについて

発売から1ヶ月以上前になる2015年2月、生放送のミュージックステーション放送内でNMB48のシングル選抜メンバーが明らかになりました。選抜メンバーは以下の23名構成…市川美織、梅田彩佳、太田夢莉(初)、柏木由紀、加藤夕夏、門脇佳奈子、日下このみ(初)、久代梨奈、小谷里歩、渋谷凪咲、上西恵、白間美瑠、須藤凜々花(初)、谷川愛梨、西村愛華、藤江れいな、村瀬紗英、矢倉楓子、薮下柊、山本彩、吉田朱里、渡辺美優紀、そして山田菜々。山田菜々が、最初にして最後の単独センターを務めることでファンや視聴者に大きな衝撃を与えました。
NMB48の新曲をめぐって、誰がセンターを務めるのかが話題になっていたのですが、前作シングル〝らしくない〟では、これまでの山本彩・渡辺美優紀の2トップではなく、主要メンバーの矢倉楓子、白間美瑠が初のWセンターを務めたことが話題になりました。同じころSKE48では北川綾巴と宮前杏実、HKT48では兒玉遥、そしてAKB48では渡辺麻友とともにWセンターに選ばれた宮脇咲良(HKT48兼任)それぞれがシングルで初のセンターを務めており、これまでのAKB48グループにはない試みでファンを驚かせました。国内4つのグループすべてがセンターの人選を一新したことは、もちろんそれぞれが合わせて行った試みだったのでしょう。ですが、48グループの核となるAKB48の2015年第一弾シングルでは柏木由紀・小嶋陽菜のWセンターが発表され、〝今後48グループのセンターは固定じゃなくなるのか?〟と囁かれました。
ところが、SKE48の新曲では再び松井珠理奈・松井玲奈のWセンターが発表され、これまでの構成に戻ったことがきっかけで、きっとNMB48の新曲も山本彩・渡辺美優紀のセンターに戻るのではないか?とファンの間で予想されました。山田菜々が〝思い出センター〟を務めるのでは?という線も浮上していましたが、新曲をリリースしてすぐに卒業するため、センターの穴がすぐに開いてしまうことが懸念されるのでさすがにないだろう…と言われていたころに、新曲が山田菜々の単独センターであることが発表。特に古参のファンからしてみればこれほどまでに嬉しいサプライズはなかったのではないでしょうか?
NMB48の〝箱推し〟を公言する漫画家・小林よしのり氏も、山田菜々がセンターを務めることに歓喜の様子をブログにアップしていました。
とはいえ、〝最後に山田を気持ちよく送り出してあげたいから〟という理由だけではなく、NMB48が新曲を必ず成功させたいのには大きな理由があったのです。

栄の2大エース対山田菜々の対決?!史上初の姉妹グループ新曲同時発売!

山田菜々が新曲の単独センターを務めることが発表されるもっと前、今回の新曲はNMB48・SKE48が同じ2015年3月31日に同日発売されることが発表され、メンバーやファンに激震が走ったのです。これは運営サイドが話し合って決めた〝避けられなかったこと〟のようですが、今回同時発売をすることで両グループが叩き出している〝オリコン1位〟の記録がどちらか途絶えてしまうという絶体絶命のピンチに、メンバーにとって負けられない戦いだと認識しました。
そしてSKE48サイドのセンターは絶対的エース・松井珠理奈、松井玲奈という強力な布陣。SKE48の劇場支配人が新グループNTG48に異動することもあり、支配人自ら勝利をねだるなど、SKE48サイドからは並々ならない本気度が伝わってきます。
対するNMB48のセンターは山田菜々単独で選ばれたので、これはまさに〝W松井と山田菜々の対決〟と言われてもおかしくはありません。同時発売ということを除いても、SKEにはSKEの、NMBにはNMBそれぞれに思い入れが強い楽曲になっています。だからこそ、1位をとって山田菜々やSKE劇場支配人に〝有終の美〟を飾らせてあげたい!そう息巻くのです。
NMB48の主要メンバー・山田菜々にとって、SKE48の対決に勝算はあるのでしょうか?
握手会人気や選抜総選挙では、NMB48に比べるとSKE48が圧倒的に強いので通常であればSKE48のほうに勝算があるのかもしれません。
ですがNMB48の新曲は、2014年のAKB48大島優子のように〝卒業者のラストシングルでセンター曲〟という大きなヒット要因があると思われます。山田菜々のファンだけではなく、NMB48のファン全員が結託すれば、SKE48の壁を乗り越えられることはそう難しくはないのかもしれません。

『最後までNMB48のために全力を出し切りたい』
山田菜々は新曲披露直後にこう話しています。それは今回のシングルを成功させるためだけではなく、数少ない日々の中でやり遂げたいこともきっとたくさんあるはずです。今回の新曲はSKE48との直接対決に目を奪われがちになると思いますが、山田菜々を暖かく送り出せるよう応援していきましょう♬


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。