卒業後も〝切っても切れない関係〟?!AKB48が前田敦子頼みにしている訳とは?

2012年にAKB48を卒業してからというもの、地上波などの表舞台ではなく映画界で女優の道を順調に歩み続けている元メンバー・前田敦子。意外と知られてはいませんが、映画での賞も多く受賞している実力派女優であり、AKB48に入る前からの夢を叶えた数少ないメンバーの内の一人なんです。
そんな前田敦子は、アイドル業をやめグループを卒業した今でも〝AKB48とは切っても切れない関係〟が続いていると話題になっています。前田敦子にとって、AKB48はかつて自分の人生を捧げる覚悟を決めた場所。AKB48にとっても、前田敦子の存在は卒業してからも永遠に語られる〝絶対的エース〟です。
この双方の〝切っても切れない関係〟がAKB48の人気衰退を象徴しているのでは?という見方もあるのですが、それは一体どういうことなのでしょうか?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

席が埋まらなかった札幌ドーム公演に急遽ゲスト出演?!

2012年のグループ卒業から1年も経っていない2013年のある日、AKB48グループで行われていたドームツアーに前田敦子がゲスト出演したことが当時話題を呼びました。これは単なるゲスト出演ではなく、まさかの客寄せだったのでは?!という噂があったのです。
あの国民的アイドルグループには考えられないと思いますが、全盛期を過ぎたAKB48ではコンサートチケットももはやプレミア扱いではなくなり、ファンクラブには入っていれば確実にチケットが入手できるほど、かつての競争がなくなっていました。そして札幌ドームの公演を前に、当時のAKB48グループでは異例のCMを使ったコンサートチケット販売の宣伝を流し、もはや〝大きな会場借りたからどうにかこうにかして席数を埋めたい!協力してほしい!チケット買ってー!〟と言わんばかりのPR活動を行ったのです。ファンの間でも、〝ついにチケットを捌ききれなくなる時が来たか。。〟〝札幌ドームって思い切ったことしすぎたのが原因なんじゃない?〟など囁かれました。
そして、札幌ドーム公演にゲストとして前田敦子が出演することがアナウンスされる異例事態。結果的には前田敦子が出演したことで〝AKB48卒業後初めての復帰〟と話題性も抜群となりメンバーやファンにも思い出に残る復活劇を果たしたのですが…。
こうなればAKB48も前田敦子におんぶに抱っこ状態なのかもしれません。

AKB48最新シングルのPVに友情出演!歴代のセンターが出演したことで話題に!

2014年に行われた第5回じゃんけん大会において、AKB48の最新シングルの発売が発表されました。32名という選抜メンバーの多さに加え、渡辺麻友とHKT48宮脇咲良のWセンターという大きなサプライズが発表されたのですが、完成したシングル・希望的リフレインのPVには、前田敦子をはじめとする過去の主要メンバーたちがこぞって友情出演したことで大きな話題を呼びました。
PVは、謎の集団から追いかけられるメンバーたちが、〝黄金のマイク〟が入ったカバンをリレー形式で持ち去っていく内容になっているのですが、このメンバーというのが過去にAKB48のシングルをミリオンヒットに導いた歴代のセンターなのです。
まず、『桜の花びらたち』でセンターを務めた高橋みなみから、『言い訳Maybe』『RIVER』など過去最多のセンター経験を持つ前田敦子にマイクが渡り、『大声ダイヤモンド』などでセンターを務めた松井珠理奈に渡ったのちに、『永遠プレッシャー』センターの島崎遥香、『上からマリコ』センターの篠田麻里子、『さよならクロール』センターの大島優子・板野友美、『ラブラドール・レトリバー』他センターの渡辺麻友、『恋するフォーチュンクッキー』センターの指原莉乃、『ハート・エレキ』センターの小嶋陽菜…と続いて最終的に渡辺麻友と宮脇咲良にマイクが渡るという内容でした。
このPVの内容が明かされた時、前田敦子に限らず過去の主要メンバーたちがPVに出演していたことから、ネット上では〝困った時の卒業メンバー頼みwww〟〝こうして見ると前田敦子って偉大だったんだなぁ〟〝今のメンバーでCD出しても昔ほど話題にならないし、わからない顔も多いから…〟〝いつかこういう時がくることがわかってたw〟と意見が飛び交いました。
もっとも、今回のPVは〝歴代のセンターから新しい世代のセンターへバトンタッチ〟する内容が描かれていましたが、今のAKB48ではかつての前田のように〝絶対的エース〟が存在せず、『UZA』や『さよならクロール』のようにセンターを2名以上もうけるパターンが多く、『So long!』や『ハート・エレキ』で単独センターをもうけるも必ずしもセンターは固定されたメンバーがいないのが現状です。このことから、AKB48側が前田に次ぐセンターを誰にするか未だに手探り状態なのが続いていることや、絶対的センター不在による過去のセンター頼みになってしまっている感も否めなくはないのです。
逆に言えば、それだけ前田敦子の存在が〝神格化〟されているということであり、彼女を超えるメンバーは未だに存在しないということがわかります。やっぱり前田敦子の存在感はすごい…とPVを見て改めて感じさせられるのです。

パチンコで前田敦子がAKB48に復活した?!その真相とは

過去の話になるのですが、前田敦子が卒業した直後の2012年8月、パチンコメーカーの京楽産業からリリースされたパチンコ・CRぱちんこAKB48に卒業したばかりの前田敦子が堂々とセンターで登場しており、早くもグループに復活したのでは?!という話題が持ち上がったことがあります。
これには事情があるのですが、このパチンコに収録されている楽曲や映像はすべて2011年初頭に撮影されていたものと考えられ、パチンコの製造においていくつかの審査をクリアしていかないといけないことから、前田敦子が自身の卒業を決意する前の段階でこのプロジェクトが進行しており、結果的に前田敦子が卒業した後にリリースされたものと言われているんです。前田敦子が卒業してすぐにパチンコの撮影して復活して…というわけではなかったようです。ほかにも、HKT48に移籍した指原莉乃が、パチンコ内ではAKB48チームAに所属しているまんまになっていたりしています。

このように、前田敦子がAKB48を卒業しても〝切っても切れない関係〟は細々と続いているんですね。最近ではリクエストアワーにも2日間出演するなど、前田敦子の復活劇がしばしば話題になっています。
もちろん、これからも前田敦子が登場するようなサプライズはあってほしいのですが、前田を超えるエースが誕生するのもひとつ期待してしまいます。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。