相次ぐ卒業発表に松井玲奈が口を開いた!その内容とは…

2008年、48グループで初となる姉妹グループが発足し、以後その人気は衰えることを知らずに今もなお進化し続けるグループ・SKE48。毎年のように公開されているドキュメンタリー映画『Documentary of AKB48』から、この度乃木坂46を含む姉妹グループそれぞれのドキュメンタリー映画の制作、公開が発表され、メンバーやファンから歓喜の声が沸き起こりました。早くも2015年2月には『Documentary of SKE48』が公開されます!予告映像で、卒業メンバーの小木曽汐莉がプロポーズをされたと明かしたことがファンの間で大きな衝撃をもたらし、その話題性に早くも注目が集まっています。
ですが、そんなSKE48の止まらぬ〝卒業ラッシュ〟は多くのファンを動揺させ、これについてメンバーからも多くの本音が語られています。 なかでも、グループの二枚看板の一人、松井玲奈はこの卒業ラッシュをどう思っているのでしょうか…?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

SKE48の卒業ラッシュとは?

そもそも48グループは、〝大組閣〟〝兼任〟〝スタッフの人事〟など常に体制が変化し続けているグループなのですが、ファンの中にはそれを良しとしない人もたくさんいます。特にSKE48のファンは〝単推し〟よりも〝箱推し〟のタイプが多く、他の姉妹グループよりもやや保守的な傾向にあると言われているんです。何かが発表されると、すぐに否定的に捉えてしまう…グループを愛するがゆえの思いなのはよくわかります。そして今
SKE48が卒業ラッシュと言われる中で、〝急速なファン離れが起きてしまうのではないか?〟と一部で囁かれるようになりました。
2013年春、次世代エース候補に名を連ねていた矢神久美や小木曽汐莉、1期生の主力メンバーだった平松可奈子や桑原みずきなどこぞってSKE48を卒業したことは、ファンにとって大きな衝撃を与えました。そのショックが癒えないまま、翌2014年には研究生を含めて18人ものメンバーが卒業するなど、ラッシュが始まったのです。
そして2015年、1期生でリーダー格だった中西優香や佐藤実絵子、総選挙でランクインした人気メンバーの古川愛李や小林亜実らがつぎつぎと卒業を発表し、2015年2月現在では今発表されているだけでも5名の卒業を控えている状態になりました。
卒業ラッシュについて、ファンの間では〝メンバーの不満が爆発したとか?〟〝仕事がないってなげいているメンバー多かったし…〟〝まず今のSKE48の体制がおかしい〟という様々な憶測が飛び交いました。
中には、〝SKEなんて、W松井とその他大勢、っていうイメージだもんな〟という、エースの松井珠理奈・松井玲奈以外のメンバーはまるで人気がないと言われるような発言まで…。これに、エースの一人である松井玲奈は何を思ったのでしょうか?

松井玲奈が明かした、卒業ラッシュの本音とは?

松井玲奈はこの卒業ラッシュをどう受け止めているのか気になるところです。彼女が所属するチームEでメンバーの小林亜実が卒業を発表したあと、松井玲奈は公式ブログで次のようにコメントしました。

『最近は卒業発表が多いです。
そのひとつひとつに言葉を紡いでも、私の気持ちはその意思を尊重することからはぶれないのでこあみも最後まで一緒に笑顔で頑張れたらと思います。』
『卒業は確かに多いです。そこに何があるのか、どうして卒業なのか、それぞれの考えがあるからなんですが、それはきっと何かが変わるときなんだと思います。形が変わることもあたらしいことも怖いと感じるけど、そこで止まっていてもどうしようもないから、私は前を向くだけです。』
『後輩も気持ちが変わってきているのがわかります。みんながそれぞれに思いを抱えています。
今、SKEは変わる地ときなんだと。』
『この意見に賛同してほしいとかそんなことは思っていません。気持ちや思いはひとそれぞれだから。私は、そのどれも尊重します。それぞれが見えてくるものも、考えも違うから。
ただ、私からこのことについてみなさんにお話しするのであればやっぱりこういう言葉が出てくるんです。
私はSKEが大好きだから、先のことについて考えています。
SKEというグループを見守っていてください。』

長文で綴っている割には、意外にも核心に触れていないのでは?と一部のファンから突っ込まれるような内容でした。もちろん、この文章から松井玲奈の嘘偽りのない気持ちが伝わってくるのは間違いないでしょう。ですが、その〝核心〟とは、一体どういうことなのでしょうか?

ある卒業メンバーの本心が、その〝核心〟に触れている?

2015年に卒業発表し、今は卒業の時を待っているメンバー・荻野利沙は、トークライブアプリ755(ナナゴーゴー)内でファンとやりとりをする中に、自身の〝正直すぎるくらい〟の思いを明かしました。
ファンから、〝人気のあるメンバーとそうでないメンバーは、何が違うとお思いですか?〟というような質問が投げかけられた荻野は、『マネージャーにどれだけ好かれるか、でしょ』とサラッと答えています。さらに、〝マネージャーや運営にウケがいいってのが核心だよね〟と投げかけられると、荻野は『そうなんだよねー。あたしなんて喧嘩するからダメだ笑』どぶっちゃけました。たしかに、荻野に限らずSKE48のメンバーはそれぞれに自分の意思をしっかり持っており、意見するときは遠慮せず意見するというタイプのメンバーが多いように感じます。でも、ただでさえ何百人といるメンバーをまとめていかなくてはならない立場なのに、ひとりひとりの強い主張に押されることを否定的に捉える運営スタッフがいることは確かで、その運営スタッフやマネージャーに好かれなければ、人気メンバーになれる資格はないのだと暗に言っているようなものです。ファンが荻野に突っ込んだ〝核心〟、それは人気メンバーと非選抜メンバーの溝をも表しているように感じます。

SKE48は、他のグループと比べても最も〝メンバー間格差〟があるグループと言われています。それは、松井玲奈・松井珠理奈対〝その他大勢〟で見れば一目瞭然。また、〝メンバー間競争〟も激しいグループとも言われているんです。今では48グループ自体がそれぞれの色を出すよりも、他と合わせる形で運営しているので薄れつつあるのですが…たとえば降格。AKB48では正規メンバーから研究生に降格したのは過去9年間でたったの2名。それに対し、SKE48は初年度から何度も研究生に降格、逆にスピード昇格を実施しており、〝実力重視〟の体制を取ってきました。このことから、メンバー自身も非常に気が強くなり、負けず嫌いな精神がぶつかり合っている…グループの向上のためには非常に大切なことかもしれません。でも、今はそれが裏目に出ているような気がしてならないのです。

SKE48だけではなく、兼任している乃木坂46、そして本家のAKB48でそれぞれ主力メンバー扱いの松井玲奈は、SKE48で最も活躍しているメンバーです。一方で、仕事がないことを嘆くSKE48の後輩たち…もしかしたら、松井玲奈が思っている以上にメンバーにはそれぞれが深刻な悩みを抱えているのかもしれません。
多忙でなかなか劇場公演にも出られないのかもしれませんが、SKE48が再び一体感を持って邁進できるように、1期生の松井玲奈がグループを引っ張っていってほしいと切に願います。

 

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。