高橋みなみのいう〝努力は必ず報われる〟を巡って議論?!

AKB48グループの総監督を務める高橋みなみ。彼女はAKB48加入当初からグループの中心メンバーのであり、総監督としてグループをまとめながら外部の仕事も積極的にこなす最も多忙なアイドルです。ですが、彼女が今の地位まで上り詰めたのには、それ相応の〝努力〟をしてきたからこそ。
AKB48を語る上で〝努力〟というワードは切っても切り離せない存在です。それは、高橋みなみの名言でもある『努力は必ず報われる』に表されているように、48グループのメンバーには必ず求められていることです。
ところが、この高橋の名言に違和感を覚える人物も少なからず存在するようです。努力は必ず報われるのか?それぞれの意見を覗いてみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

否定派の卒業メンバー、有名人とは?

NMB48のあるメンバーは、努力は必ず報われるという言葉を否定して卒業していきました。1期生の原みづきです。
彼女は、2010年NMB48のオープニングメンバーとして、山本彩や渡辺美優紀らと同時にオーディション合格を果たしました。ところが、公演初日のメンバーにも選ばれなければチームNのメンバー選考にも落ちてしまうのです。研究生の状態では活動の幅も非常に狭くなり、レッスンばかりの日々を送っていたのでしょう。そしてチームM結成時のメンバー選考にも洩れてしまいます。1期研究生は原みづき、沖田彩華、小柳有沙の3名のみになりました。これに彼女は絶望したようで、卒業を決意しました。
この卒業発表後、彼女は正直な気持ちをGoogle+上で明かしたのです。その内容とは、『憧れている高橋みなみさんが言った、努力は必ず報われるという言葉 みづきはそう思いません』というようなもの。彼女は、正規メンバーに昇格するために自分自身、相当な努力をしたと主張しています。でも、いくら頑張っても報われることはない…。学業優先のため、という理由の卒業でしたが、彼女のこの一言を巡ってメンバーやファンの間では議論が巻き起こりました。
また、48グループを飛び出して〝努力は必ず報われる〟という言葉を否定する芸能人もいます。
その1人、おぎやはぎの小木博明は〝努力は必ず報われるという言葉は、報われた側の意見〟と主張しています。相方の矢作兼は、高橋みなみのことをすごくいい子だとフォローした一方で、高橋みなみに2、3回しか会ったことがないという小木博明は彼女の言葉に反発を抱いていました。

〝努力は必ず報われる〟という言葉はアイドルとして成功した高橋だからこそ言えることで、『報われない人の方が多いんだから、成功者がいうのはだめだよ。報われないんだから、言っちゃいけないんだよ』

ー小木はこのようにラジオで語っていました。 

たしかに、高橋みなみは何百人といるメンバーの中でももっとも恵まれている存在なのかもしれません。前田敦子の〝絶対的エース〟という言葉があるなら、高橋みなみは〝絶対的選抜メンバー〟といったところなのですから。そんな彼女が、非選抜であるメンバーたちに努力という言葉を投げかけても、妬みを買うことにもなり得るのでしょう。

大多数の48グループ関係者は肯定派

前項のNMB48元メンバー•原みづきの言葉を巡って、同期でありチームNキャプテンの山本彩は、努力は必ず報われると意見しています。

『始めから光の当たってるやつが言っても説得力ない、と思われても仕方ないかもしれません。確かに私はNMBに入った頃からキャプテンという事もあり、スポットライトが当たっていました。でも、それはNMBでの話。』 

ーと断りを入れた上で、NMB48に加入する前に挫折した、ガールズバンドの苦悩を語りました。地道なライブ活動やCDの手売り、それでもミュージシャンという道が開けなかった事…。今の自分があるのは、あのときの挫折や努力が、少しずつ実を結んできているのだ、という見解を示しました。原みづきの気持ちを汲んだ上で、報われるのは、今やっている努力だけじゃない。諦めんといてな!と激励しました。
そしてこの原みづきの言葉は、総合プロデューサーの秋元康の耳にも入りました。秋元康は、Google+でこのようにコメントを残しました。

『努力が報われていないと思っている人へ。それでも努力するしかないのです。努力しながらチャンスを待つしかないのです。その努力は報われるのか? …………必ず、報われます。問題は、いつどこで報われるのかわからないことです。では努力がなかなか報われない場合、どうすればいいか? ……………人のせいにしなさい。君の努力の結果に気づいていない、まわりの人間がいけないのです。NMBで言えば、金子が悪い。剱持が悪い。関根が悪い。つまり、秋元が悪い。もちろん、これ以上努力のしようがないくらい努力した場合ですよ。「この人には見る目がない」と思いなさい。』

 秋元康は努力は必ず報われると念を押して主張しました。 秋元康がよく口にするエピソードの一つに、小林武史に才能を見出されデビューしたSalyuはかつで自分がオーディションで落とした人物である、というものがあります。自分には見る目はなかったけども、それだけが全てではない、他の道で輝けることもあるということ。とはいえ、48グループに関わっている以上は、努力は最低限必要としているんですね。

原と同じように正規メンバーへ昇格できなかったNMB48の1期生•小柳有沙もGoogle+上で次のようにコメントをしました。

努力は報われる。確かに全員が全員報われるわけじゃないけど、絶対に認められる時がくる〟目にとまるくらい努力しやんといけない。この世界そりゃ運もあります。でも運だけじゃない。その人にはなにかしら良いものがある。みづきにはみづきの良いところがある。

ーと。実際に小柳有沙は、最後の最後まで1期生ただひとり、研究生に残ってしまうのですが、地道な努力を重ねた結果無事正規メンバーへ昇格を果たしました。これも、努力は必ず報われるという言葉を体現したものと言えるでしょう。(すでに卒業してしまったので惜しい存在でした…)
今は報われなくても、努力の先には必ず成功が待っている…AKB48グループのメンバーにはそれが深く刷り込まれているようですね。

とはいえ、ファンの中には〝努力は必ず報われる〟ということを冷ややかな目で見ている人たちもいます。高橋みなみが総選挙でファンに〝努力は必ず報われる〟を復唱させる様子はまるで宗教の集まりみたいだ、という意見まででています。

特に〝努力〟を信念にしている人物が総監督である高橋みなみであることが、多くのスタッフやメンバーに有無を言わせない雰囲気を作っていると言えます。秋元康は、高橋みなみにだけは一度も怒ったことがない、というように、高橋みなみの存在自体が〝神格化〟しているのも否定できないのです…。

それでも自分の信念を曲げない高橋みなみ

高橋みなみも、このことで思うところがあったのでしょう。第4回選抜総選挙でのスピーチではこのように話していました。

『ある子は“努力は報われない”と言いました。運も必要かもしれない。でも、努力しなければ始まりません。私にとって、努力は無限大の可能性です』
『もう一度言わせてください。去年と同じ言葉ですが…ちゃんと発音よく言いますね…努力は必ず報われると、私は人生をもって証明します』 

よく、〝運も実力のうち〟という言葉を耳にします。この言葉を辿れば、実力を得るにも相応の努力が必要ということなのかもしれません。考えたらキリがないのですが…それでも、48グループ のメンバーたちは腐らずに努力し続けて欲しいものです。そしていつか日が当たる日…彼女たちの努力が身を結ぶ日が来ることを、願ってやみません。 特に、非選抜でもただひたす努力しているメンバーたち…報われますように。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。