エース•松井珠理奈に休日はあるの?

2008年、姉妹グループのメンバーでありながらもAKB48シングル•大声ダイヤモンドのセンターポジションとして華々しいデビューを飾った松井珠理奈。現在でも彼女の人気と勢いは衰えることはなく、48グループ全体のエース候補に名を連ねています。 第6回選抜総選挙においても、結果は4位に終わりましたが新聞記者の間では優勝候補に挙がるほどでした。
そんな松井珠理奈ですが、SKE48とAKB48の兼任、さらには両チームでエースを務め、休みはきちんと取れているのでしょうか?AKBメンバーに休みはきちんとあるのでしょうか…?松井珠理奈の気になる休日について調べてみました。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

休みは月に1回、2回くらい

2014年6月、バイトルの記者会見に松井珠理奈、渡辺麻友、指原莉乃、山本彩の4名が登壇しました。これは、AKB•SKE•NMB•HKTの代表格メンバーですよね!この記者会見では〝アルバイト〟について様々な質問がなされたのですが、記者から〝休日はあるんですか?〟という問いに、松井珠理奈は答えていたんです!
まず渡辺麻友が『休みは月に1回か2回くらい』と答えたところ、松井珠理奈は『だいたい同じくらい』という風に答えました。さすが48グループの選抜常連メンバー!休みなく働き続ける毎日のようです。ちなみにHKT48に限っては、指原莉乃曰く学業中心のメンバーが多いから休みは多めなんだそう。
48グループの総監督、高橋みなみはかつて、『AKB48の9年間で、休みが続いたのは5日くらい』という旨のコメントを残しています。これはきっと、最長の連休が5日間だったことを言っていると思いますが、別の見方をすればAKB48加入当時は義務教育期間である中学生だったはずなので、仕事と学校がまったくない休みが5日くらいだった、ということだったのでしょうか。
松井珠理奈は現在アイドルであるとともに現役女子高生でもあります。通信制か全日制かどうかはわかりませんが、高校3年生に当たる今の年齢では、学業との両立を続けていることは明らかでしょう。
もともと松井珠理奈は名古屋を拠点に活動を続けていましたが、2012年に高校受験に合格した際は、ファンの間で〝名古屋ではなく東京の高校なのではないか?〟と噂されました。ちょうど2012年の春、松井珠理奈とNMB48の渡辺美優紀がAKB48を兼任することが発表されました。(兼任制度はこれが初めて)このことで、松井珠理奈の生活の拠点が名古屋から東京に移ったのでは?という見方が強まったのです。ある週刊誌では、事務所側が松井珠理奈にセキュリティ万全の高級マンションを与えていると記事にしていました。あれだけ48グループの選抜常連メンバーで活躍している以上、顔が割れないようにしなくてはならないのは当然ですよね!きっと、名古屋と東京にそれぞれ住居を構えているのでしょう。
先日、HKT48の宮脇咲良が〝3ヶ月ぶりぐらいに福岡に帰る(でも1日で東京に戻らないといけない)〟と発言していましたが、姉妹グループのエース格メンバーは地元になかなか帰れないようです。宮脇咲良がバラエティ番組へ出演していた際、東京でのホテル暮らしを公開していました。またNMB48の渡辺美優紀も、東京へ37連泊したことを打ち明けたことがあり(1年以上前の話なので現在はこれよりもっと長期滞在しているのかも…!)、かなり過酷なスケジュールをこなしているようです。

一方で他のSKE48メンバーの休日とは…?

ところで、松井珠理奈が所属するSKE48では、最近〝仕事のなさ〟を嘆くメンバーが多いのですが…どういうことなのでしょうか?
SKE48といえば松井珠理奈や松井玲奈だけではなく、須田亜香里や柴田亜弥など総選挙で好成績を残すほどの人気メンバーが揃っています。ですが、この須田亜香里でさえ〝休日だらけ〟の生活を送っているようなのです。しまいには、仕事のオファーを自身のGoogle+上で募る様子まで…。それだけ、松井珠理奈と松井玲奈、他のSKEメンバーとの開きは開いているんですね。NMB48も同じように、ギャラが〝これで生活するのがやっと〟程度のメンバーが多いそうです。山本彩曰く、これがハングリー精神に繋がるそうなのですが…。撮影やイベントなどの外部の仕事がないメンバーは地元の劇場公演が主な活動になるわけですが、何十人といるメンバーから劇場公演に出られるのは限られているので、公演に出られない以上仕事はないのです。外部の仕事は所属事務所の力量によるのですが…SKE48は特にその部分が弱いのが少し残念です。

松井珠理奈の所属事務所AKSとは?

外部の仕事は所属事務所の力量…と書きましたが、これについて少しだけ触れておきます。
松井珠理奈が所属するのはAKSという、主に48グループの運営を行う芸能事務所です。松井珠理奈ではなく、大多数のSKE48メンバーとAKB48メンバー、HKT48メンバーが所属しており、他の芸能事務所からのオファーを待つ〝受け皿〟的な要素も持ち合わせています。最近は、オファーの有無については不明ですが他の芸能事務所への移籍はストップ状態なのでこれからどうなるかわからないのですが…。
ある娯楽雑誌で、アイドルの推定年収ランキングが明かされましたが、どうやら松井珠理奈は所属事務所イチの稼ぎ頭のようです。(当たり前かもしれませんが…)
それでも、他の主格メンバーが所属する大手芸能プロダクションに比べると、AKSは外部仕事をあまり取ってこない印象があります。AKSは、もともとAKB48の立ち上げのために事務所ですから実績はまだまだこれからといったところなのでしょう。

松井珠理奈はSKE48に入った時、まだ11歳で小学6年生だったんですよね…!若くしてアイドルになった彼女、自分を育ててくれた母親に楽をさせたいからという理由で仕事に励んでいるというから、こちらとしてもますます応援したくなってしまいます。もちろん、アンチも多いと言われていますがこれも一種の有名税みたいなもの。自分のプライベートも大切にしながら、これからますます活躍することを祈るばかりです。

 

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。