山本彩にソロデビュー説浮上?!そして彼女のギターの腕前とは

2014年に行われた第6回選抜総選挙にて第6位にランクインし、NMB48で唯一選抜メンバー入りをした人気メンバー•山本彩。彼女は2010年NMB発足時からグループのキャプテンを務めており(チームN結成後はNMB48全体→チームNのキャプテン。とはいえ実質上NMB全体のキャプテンなのですが…)、その姿はAKB48の高橋みなみのよう。なおかつ、渡辺美優紀とともにグループのエースを務め、シングル曲のセンター経験もメンバー最多。ギターの弾き語りも得意としており、秋元康が彼女のために書き下ろした楽曲も複数あります。さらに、グラビア撮影では彼女のグラマラスなボディが好評…という、まさに〝非の打ち所がないアイドル〟!ここまでスペックの高いアイドルは、他にいるでしょうか?何百人という48グループのメンバーの中でも、決して埋もれない存在でしょう。
そんな山本彩に、ソロデビュー説が挙がったのです。それは一体、どういうことなのでしょうか?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

ソロデビュー説浮上のきっかけは〝じゃんけん大会〟?!

実は、第5回のじゃんけん大会において関係者の間で〝山本彩がソロデビューするのでは?〟という疑惑が浮上しました。なぜじゃんけん大会なのでしょうか?
じゃんけん大会といえば、毎年行われている48グループの一大イベント。もともとは、選抜経験のないメンバーの処遇についてファンの人たちが総合プロデューサー•秋元康に詰め寄ったのをきっかけに行われたイベントで、すべてじゃんけんの勝敗による〝運〟のみで選抜メンバーを決めるというもの。第一回のじゃんけん大会では、選抜メンバー未経験の5期生•内田眞由美が優勝を果たし、その他半分以上の選抜メンバーがこれまで選抜未経験という異例のシングルになりました。ですが、これまで必死に応援してきたファンにとっては、不遇だった推しメンの選抜入り以上に嬉しいことはなく、また非選抜メンバーにとっても〝チャンスの順番〟が巡る年一回の機会。思い入れは、選抜常連メンバー以上なのです。
ですが、近年このじゃんけん大会を巡って毎年のように持ち上げられるのが〝八百長疑惑〟。第2回じゃんけん大会では選抜常連メンバーの篠田麻里子が優勝。この結果にはメンバーもファンも〝まさか〟と驚きを隠せませんでしたが、2位に藤江れいな、3位に峯岸みなみ、以後小嶋陽菜や秋元才加というこれまた選抜経験者が名を連ねたことで〝これはさすがに出来過ぎなんじゃ…?〟と大会の結果を疑うファンも続出しました。そして、八百長疑惑が過熱し始めたきっかけが第3回じゃんけん大会。第3回じゃんけん大会では〝運営いち推し〟メンバーの島崎遥香が優勝。当時島崎遥香は選抜常連ではなかったものの、チームのエースを務めたり、ドラマ『バカレア学園』で主役に抜擢されたり、業界最大手のバーニング系の芸能プロダクション•ビッグアップルに移籍したばかり。さらに、初手がすべてチョキだったことから、

〝やらせ確定だな〟

〝うまく行きすぎな気がする〟

〝秋元康の筋書き通りのシナリオだなwww〟

というネットの声が溢れました。さらに、第4回じゃんけん大会では超選抜であり絶対的エースとも言われる松井珠理奈が優勝。松井以外のメンバーはほとんど選抜未経験者ながらも、これにはファンも呆れ気味。前回の島崎優勝時と同じように、ニュースサイトのコメント欄が大炎上する騒ぎに発展しました。
そんなこんなで迎えた第5回じゃんけん大会。第5回じゃんけん大会では例年とは違い、〝優勝者のソロデビュー〟という異例のシングル曲に。すでにソロデビューをしているメンバーは、ソロシングルに加えソロコンサートが約束され、2位以下のメンバーはカップリング曲を担当することが発表されました。これを受け、関係者の間では〝優勝者は山本彩か小嶋陽菜なんじゃないか〟?という噂が囁かれました。この時点で、関係者も〝八百長疑惑〟はあるものだとされていたんですね…。
なぜ山本彩、小嶋陽菜の2名の名前が挙がったのでしょうか?まず、選抜常連メンバーからソロデビューをしたことがないメンバーをピックアップし、且つ話題性のあるメンバーを…と考えたときに、2名の名前が挙がったのでしょう。山本彩の場合、冒頭で触れた通り歌唱力やビジュアルが抜きん出ています。さらに、他のメンバーにはできない、ギターの弾き語りができるのです。毎年行われるFNS歌謡祭においては、THE ALFEEなど大物アーティストとのコラボレーションに参加をしており、一般層からの受けも良いはずです。もともとユニット曲やカップリング曲ではソロで歌唱をしているため、ソロデビューができる材料はしっかり揃っています。
もしじゃんけん大会で〝ガチ〟に勝者を決めた場合、内田眞由美のように全く選抜経験がないメンバーがソロデビューしたり、歌唱力のないメンバーがソロデビューする可能性が非常に高いのです。そうなれば、これまで築き上げてきたAKB48の売り上げ記録に傷がついてしまう…。運営がそれを避けたいのは明らかです。
結果的には、同じNMB48の渡辺美優紀の優勝に終わったのですが、彼女もまた選抜常連メンバー。関係者やファンからは〝やっぱり〟というような結果に終わりました。(しかも渡辺美優紀は姉妹グループの予選から参加しているので、相当な強運の持ち主となります…汗)
ということで、山本彩のソロデビューは見送られることになりました。
もっとも、関係者の間の噂だったのですが。。。

山本彩のギターの腕前は?

ギターの弾き語りができる山本彩ですが、肝心のギターの腕前はどうなのでしょうか?筆者が専門的に分析するのは難しいのですが、ギター経験者からの意見をまとめてみました。 

〝ストロークでコード弾く程度だから上手いとは言えないな、アルペジオも見たこと無いし。正直言うと初心者レベル〟 

〝世間のアマチュアギター弾き語り女子たちと比べてだけど、中の下くらいだね。
場数や経験数もあるけどどうにか弾いて歌ってる感じ。
声はいいから今後に期待かな。 〟

 …と、一部の意見を見る限りでは〝プロのミュージシャンを目指すならまだまだのレベル〟のようです。ですが、本業はアイドルですから、〝本格的アーティスト〟ではなく〝アーティスト路線〟なら十分の腕前といったところなのでしょう。もともと彼女は、NMB48に加入する前はガールズバンドを組んでCDデビューを果たしています。もし山本彩がギターを片手にソロデビューを果たしても、全く問題ないくらいのもののはずです。いつか、山本彩がソロデビューする日を期待して待ちたいと思います!

 

 

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。