このタイミングで小嶋陽菜がセンターに起用され続ける理由とは?!

近年、卒業時期はいつになるのか度々噂をされ、その度に卒業疑惑を一蹴しては卒業を匂わす発言も多く、ファンやメンバー、芸能記者たちを翻弄しつづける人気メンバー•小嶋陽菜。AKB48に在籍する彼女の同期は高橋みなみ、峯岸みなみの2名しかおらず、誰もがこの3名の中で一番に小嶋陽菜が卒業すると予想していましたが、2014年12月の劇場9周年イベントで、高橋みなみは2015年12月に卒業することを発表し、その予想を覆しました。本人も卒業のタイミングをいろいろ見計らっているようですが、2014年に発生した握手会襲撃事件を受け、〝自分がAKB48になにかしてあげられることがあるんじゃないか?〟という思いが生まれ、しばらくは卒業を見送る旨の発言がありました。 そんな小嶋陽菜に、最近ある動きがあるのです。それは、AKB48が小嶋陽菜をセンターに起用する機会を設けたこと。しかも、一度だけでの話ではないのです。ここで、なんでこのタイミングで彼女がセンターに起用され続けるのでしょうか?真相を追ってみたいと思います。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

AKB48初期はセンターを務めることもあった

AKB48のセンターといえば、一番最初に誰を思い浮かべますか?AKB48創設時から〝不動のセンター〟〝絶対的エース〟の座を守り抜いてきた前田敦子の名前が多くあがるのではないでしょうか。でも、意外にもAKB48の一番最初(インディーズ)のシングル•桜の花びらたちのセンターは高橋みなみだったのです。初代は高橋みなみなんですね。そして、小嶋陽菜は初期からAKB48のシングル曲の選抜メンバーに起用され続け、そのほとんどがフロントのポジションでした。特に、シングル•夕日を見ているか?では歌い出しを担当しており、実質前田敦子とのWセンターの扱いだったのです。 なので、2013年秋に〝ハート•エレキでこじはるが悲願のセンター獲得!〟とメディアで騒がれていたものの、実はもっと前にセンターを経験していたことはあったのです。

ハート•エレキでなぜセンターに選ばれた?

これは他の記事でも触れている内容なので軽くお話しする程度にしておきますが、ハート•エレキで小嶋陽菜がなぜセンターに抜擢されたのでしょうか?理由ははっきりしていないものの、グループサウンズ調のイメージに合うメンバーだから、とか先輩の壁を乗り越えられない若手メンバーへの叱咤激励なんじゃないか、などいろんな憶測が飛び交いました。 小嶋陽菜の卒業時期についてはこのころから騒がれ始めていたので、当時ハート•エレキのセンターを小嶋が担当すると聞いたファンは〝思い出センターだな〟と、あたかも卒業前の最後の花道かのように捉えている人が多かったのです。 ハート•エレキ発売の1年以上前、AKB48では大規模な組閣が行われたのですが、当時の大島優子と篠田麻里子がチームのキャプテンに就任、高橋みなみが総監督のポストに〝昇格〟するという事態が起きました。主要メンバーが、なぜあえて責任のある立場を任されたのか?劇場公演の多いメンバーの方が、キャプテンに適しているのでは?と多くの疑問を生み出したのですが、一部のファンによると〝あえて責任のあるポジションに立たせることで彼女たちの卒業を阻止しているのではないか?〟という意見がありました。確かに、この組閣の発表直後に前田敦子が卒業しているので、その穴を埋めるためにも主要メンバーにはなんとしてでもAKB48に残ってもらいたかった、という意図があるなら理解はできます。

 第5回じゃんけん大会で準優勝!にもかかわらず、センター?

ハート•エレキが発売された翌年、毎年恒例のじゃんけん大会において、一部の関係者の間では小嶋陽菜が開催前から〝優勝者予想〟されていたのです。 優勝者を予想…運だけで選抜メンバーを決めるのに優勝者を予想するなんて?とお思いがちでしょうが、近年じゃんけん大会では〝超選抜〟メンバーの優勝が続いており、その八百長疑惑は年々確実のものとなっていました。 そして、 第5回のじゃんけん大会ではこれまでとは違い、優勝者がソロデビュー、2位以下はカップリング選抜になると発表がありました。ソロデビューとなると、無名のメンバーや歌唱力のないメンバーが優勝してしまうとAKB48の運営側にとって悲劇です。そこで、〝今年は誰を優勝させるんだろう?〟と予想したのです。 すでにソロデビューを飾っているメンバーは完全に除いたところで、人気と実力を兼ね備えている小嶋陽菜と山本彩の名前があがりました。両名共、歌唱力にも定評があり、もしソロデビューを飾ったとしても売り上げ的にも大きな見込みがある、ダメージはない、と運営は考えるのではないか?…などと話はどんどん膨らんでいきました。 結果優勝者は渡辺美優紀になり、ソロデビュー獲得の権利も渡辺に渡ったのですが、2位はなんと優勝予想されていた小嶋陽菜に。小嶋はまたしても、カップリング曲ではあるもののグループのセンターを務めました。これも〝運だけ〟と思いたいところですが、実際どうなのでしょう…渡辺美優紀がコケないように、その保障で小嶋がセンターのカップリング曲を収録したシングルにする、なんて目論見があったのかも。まぁ、完全想像の話なんですけどね。

ふたたび表題曲でセンターに!しかもWセンター!

2015年1月に行われたリクエストアワーセットリスト1035の最終日において、最新シングル•GreenFlashの選抜メンバーが公表されたのですが、そこで小嶋陽菜はまたしてもセンターに選ばれたのです!しかも今回はWセンターということで、単独ではないものの、初センターを務める柏木由紀と共にセンターを任されることになったのです。小嶋陽菜が再びセンターに起用されたことで、ファンも驚きを隠せない様子。〝今度こそ思い出センターなのか?!〟〝こじはるに限らずセンター変動でいくのかな〟など意見も飛び交いましたが、発売前の現在はその理由が明らかにされていません。でも、AKB48の運営側が〝模索状態〟であることは確かで、あえて不動のエースを置かないことで様子を見ているのでは?と関係者はみているようです。実際の理由がとても気になりますよね。 小嶋陽菜センター楽曲の発売が待ち遠しいです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。