渡辺美優紀がじゃんけん大会優勝で八百長が確実に?!

2010年秋、難波を拠点にしたNMB48が発足され、その発足当初から山本彩とツートップでグループを牽引してきた人気メンバーの渡辺美優紀。彼女の持つ天性のアイドルらしさと、誰をも引き込む〝釣り師〟キャラとしてブレイクし、NMB48のデビューシングル•絶滅黒髪少女ではセンターポジションを獲得しました。人気絶頂の中、AKB48チームBへの兼任も発表され活躍の場がどんどん広がり、今ではSKE48チームSを兼任しながら多方面で人気を得ています。
そんな彼女も、私生活でのスキャンダルを撮られてしまうも、健気に地道に努力を積み重ねてきて、〝最強の勝機〟を手に入れました!それが、第5回じゃんけん大会の優勝です。このじゃんけん大会をめぐっては様々な意見が飛び交っていますが、一体どういうことなのでしょうか?

回を重ねるごとにうたがわれる〝八百長疑惑〟

もともとじゃんけん大会とは、普段陽の当たらない非選抜のメンバーにもシングル選抜の機会を作って欲しいというファンの願いを受けた秋元康が、〝運だけで決める選抜メンバー〟を決めるとして行われたイベントでした。最初、このじゃんけん大会の開催を聞かされたメンバーのほとんどが、前向きな考えを持たなかったといいます。
ですが実際に第1回じゃんけん大会で非選抜の内田眞由美が優勝したことがメンバーやファンに大きな感動をもたらし、実際には選抜メンバーのほとんどが〝初選抜〟という異色のシングルになりました。それでも売上枚数からして大成功を収めたことが功を成し、以後毎年の恒例行事へとなっていったのです。
第2回のじゃんけん大会では、まさかの〝超選抜メンバー〟篠田麻里子が優勝。この時はまだ八百長があまり疑われていなかったのですが、2位3位のフロントメンバーが峯岸みなみと藤江れいなという〝選抜経験者〟。前作のように非選抜だらけではなく、小嶋陽菜や秋元才加ら〝選抜経験者〟の姿も。
そして第3回のじゃんけん大会で島崎遥香が優勝すると、八百長疑惑は一気に加熱していきました。それはドラマの主演に選ばれ、チームのセンターとして〝推され街道まっしぐら〟な島崎が優勝した、という単純な話ではなく、島崎遥香は1回戦から一貫してチョキを出していたこと。さらに決勝戦で対戦した仁藤萌乃が1回戦から一貫してパーを出していたという不自然な展開から、八百長なのではないか?という話が持ち上げられたのです。島崎遥香は後のイベントで、八百長疑惑と疑われたことに怒りを覚えたと語っていましたが、八百長疑惑が確実のものになったのは次回のじゃんけん大会でした。
第4回のじゃんけん大会、優勝者はまさかのエース•松井珠理奈でした。しかも松井珠理奈も島崎と同様、初戦から一貫してパーを出し続けて優勝したのです。松井珠理奈曰く、〝じゃんけんをするときに、相手が力を込めてグーを出しやすくなると思ってパーを出し続けた〟というような理由があるようなのですが、ファンやネットユーザーはそんな理由おかまいなしに松井珠理奈や運営サイドを叩きまくったのです。前作に比べたら、非選抜のメンバーが非常に多かった部分はありますが、とはいえセンターが松井珠理奈となると…どこか八百長を疑ってしまうのも無理はないのかもしれません。

今回〝予想された優勝者〟には小嶋陽菜と山本彩が?!

そして2014年に行われた第5回じゃんけん大会は、これまでと違って〝優勝者のソロシングル〟として発売することが決定。これには芸能関係者の中でも〝予想される優勝者〟をめぐって様々な意見が飛び交ったのです。もはや、八百長は当たり前のように存在すると思われていたということです。
今回の優勝者はソロデビュー、すでにソロデビューしているメンバーが優勝した際はソロコンサートのを開催する特典がつく話になっていました。これまでの八百長疑惑から、ソロデビューを飾っていない人気メンバーを消去法で探したときに出てきたのが、ある二人のメンバー。
名前が挙がった優勝候補は、小嶋陽菜と山本彩の2名でした。小嶋陽菜の場合、同性ウケするビジュアルやキャラクターでありながら、歌唱力にも定評があるためソロデビューを飾ってもそれなりの売り上げが期待できるという見込みがありました。一方の山本彩は、AKB48の運営サイドが最もソロでプッシュしていきたいメンバーであり、かつてガールズバンドを経験していたことから抜群の歌唱力を持ち、こちらも売り上げが期待できるメンバーと見込まれていたようです。
確かに、歌唱力のないメンバーが優勝してシングルを出したとしても、話題にはなるが売り上げがついてきません。知名度の低いメンバーが優勝しても然り。…まぁ、SMAPの中居正広みたいに歌唱力がなくても絶大な知名度と人気、話題性を持つ人間がソロシングルを出すのなら話は違いますが…。

第5回優勝者•渡辺美優紀にファンも〝やっぱり〟?!

そしていろんな優勝者予想がなされた第5回じゃんけん大会は、渡辺美優紀の優勝に終わりました。ここまでくると、ファンも逆に驚かなくなったようで…。
〝疑いたくないけど、やっぱり知名度のあるメンバーが優勝するんだな〟
〝今年は地上波で生放送しなくて正解〟
〝やらせを疑いたくないけど…。もともとの趣旨がなくなってる。非選抜のメンバーは結局陽が当たらないまんま〟
〝秋元康だったら、運やオーラとかの一言でで片付けるんだろうな〟
〝みるきーの反省期間はもう終わったのか〟
渡辺美優紀自身を叩いているわけではなく、運営側に対する不満を持つファンが多かったようです。
この大会の前には、渡辺美優紀がスキャンダルを起こし、総選挙ではまさかの選抜メンバー入りならずの結果、AKB48の兼任からはずされSKE48に兼任が変わる…など、ある意味不遇の期間を味わってきました。ここで渡辺美優紀を優勝させることで、彼女のイメージ戦略を再度測る目的があったのでしょうか…?八百長ならの話ですが。。
とはいえ、〝運も実力のうち〟と言います。逆に言えば、運をまとっているからこそ超選抜メンバーとして活躍できている、と言えますので、渡辺美優紀にはそれ相応のオーラと強運があるのでしょう。来年の優勝者は一体誰なのでしょうか?

 

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。