指原莉乃が秋元康とアンチに〝ブチ切れ〟?!その理由とは

今や48グループ内で最も多忙を極めているメンバー、HKT48の指原莉乃。返しがうまいことで彼女の持つタレント性が高く評価され、バラエティ番組の司会にひっぱりだこな指原ですが、SNSにも積極的に参加しており、Twitterやトークライブアプリ『755』を活用したファンとのやりとりを楽しんでいます。ですが、中にはアンチと言われるユーザーから誹謗中傷のコメントを寄せられることもあるといい、指原の機転でそのアンチを〝無料の広告マン〟と称しバッシングで自分の名前が話題に上がることはむしろメリットだと考えているようです。…とはいえ、あまりにも〝ブス〟とか〝死ね〟とか言われてしまってはいくら鉄のハートを持っている指原でもストレスは尋常ではないはず。
最近、指原莉乃は妙にトゲトゲしているらしいのです。総合プロデューサーである秋元康にブチギレたり、握手会で来場したファンを罵倒したり…?それは一体どういうことなのでしょうか。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

秋元康と大げんか?!755辞める宣言&握手会放棄??

トークライブアプリの755、みなさんはご存知ですか?元ライブドア社長の堀江貴文氏(通称ホリエモン…)と、サイバーエージェント社長の藤田晋氏が立ち上げた新たなSNSとして注目されているものなのですが、AKB48をはじめとする著名人のトークを覗いて見ることができたり、実際に一般ユーザーがコメントを送ることで返信コメントがもらえることもあるという、まさにメンバーとファンが繋がることのできるSNSなんです。Google+に少し似ていますね。AKB48やEーgirlsの出演するCMは、この年末年始で大量投入され、誰もが一度は目にしたこともあると思います。(実際に億単位のプロモーションをかけているそうで…すごいです…)
48グループのメンバーは参加は任意とされているものの、若手メンバーを中心に積極的に活用しており、その中には指原莉乃や総合プロデューサーの秋元康も755へ参画しました。
そんな中、指原が参加していた2015年1月11日に行われていた握手会を途中で放棄してしまう事態が発生してしまいます。それは、同日に秋元康の755で〝ある暴露〟による影響だったと言われています。
11日午前、秋元康が755で指原に向けて『指原と峯岸、六本木でご飯食べてたろ?隣のテーブルに俺の友人がいたぞ』『男が何人かいたらしい、マネージャー?』という内容の投稿をしました。その後、秋元康は指原と直接LINEでやりとりをしていたそうなんですが、『指原と峯岸はスタッフの男性といたそうです。(棒)指原から、〝今、握手会でみんなに聞かれてます。みーちゃんと男の人と六本木でご飯食べていたんですか?って!〟と指原から怒りのラインが着ました。だから、一応、報告しておきます。スタッフとご飯を食べていたらしいでーす』と続けて投稿しました。
ところが、これを受けて指原は激怒したらしく、『秋元さんひどい』『今回は笑えん』『六本木の個室でもない店でスタッフ以外の男とご飯を食べるわけない』『もう755も辞める』『ばいばーい』と怒りをあらわにしました。しかも、755辞める宣言まで…。
さらに、この時参加していた握手会について指原のTwitterで『ファンの皆様にお会いできるような状態ではなく』とつぶやき、参加を予定していた第4部の握手会を〝体調不良〟で不参加。第5部より握手会を再開する事態にまで発展しました。
この騒動はネットニュースでも取り上げられ、ネット上でユーザーからの様々な意見が飛び交いました。まず、秋元康を非難して指原を擁護する意見。〝これは秋元康が悪い〟〝さしこかわいそう〟〝指原なら何言っても笑って返してくれると思ったのかな?〟〝よりによって指原と峯岸、スキャンダルメン…笑って済まされるような話じゃないよな〟と指原をフォローする意見がなされるなか、逆に指原に対するバッシングまで出ています。〝本当に体調不良なら納得できるけど、わざわざ休日潰して交通費かけて握手会に参加しているのファンのことを考えたらありえなさすぎる〟〝公私混同してない?握手会は仕事なんだからつまらない私情で抜け出すとかプロ失格だよ〟〝握手会に出たくても呼ばれない干されメンが聞いて悲しむぞ〟と、握手会を放棄したことに怒りを覚えるユーザーも。
たしかに、指原莉乃にも同情する気持ちもあるし、握手会に参加したファンのことを思うと指原に対し非難する気持ちも理解できます。秋元康からしてみれば、自分のお気に入りメンバーである指原をいじって楽しんでいるだけだったのかもしれませんが、一度スキャンダルで世間から叩かれた指原にとっては、たとえ誤解だったとしても命取りになりかねない話だったのでしょう。…そんなことを言っていたら今後スタッフとも食事になんていけなくなってしまいますよね。やましいことがないなら堂々とすべきだと思いますが、難しい話だと思います。とはいえ、〝会いに行けるアイドル〟をコンセプトにする48グループ内の〝劇場支配人〟であるならば、握手会を放棄した事実はあってはならない話です。今後はいくら私情で握手できる気分じゃないとしても、放棄はしてほしくないものです…。

握手会でファンに暴言?!〝握手しろよ!〟

これはHKT48のバラエティ番組で明かした実話。一回の握手会で何千人というファンと握手しているメンバーにとって、ファンとの交流は自身の励みになるイベントである反面、体力的にも過酷である上に、アンチから目の前で〝全面拒否〟されるなど精神的にも辛いものがあります。複数で同じレーンに並ぶと、推しメンには握手を求めるのに他のメンバーのことを露骨にスルーする人もいるようですが、これには〝よくあること〟だとメンバーも割り切っているようです。
ところが、毎回毎回スルーされて怒りを覚えない人はいないですよね。指原莉乃は自身のエピソードをこう語りました。
ー『すっげーイライラしていた日があって、矢吹(奈子)と同じレーンだったんですけど、奈子だけ握手して私は握手しないで行っちゃった。その人強気で、お前とは握手しねーよって。向こうは私が弱ると思ったと思うんですけど、本当にイライラしてて〝お前握手しろよ!〟って叫んだ』と暴言を吐いたことを告白。
これもまた、すぐにネットニュースに流れたのですが、指原を擁護するコメントが多数寄せられました。〝いくら指原がTwitterでアンチと戦う姿勢を見せていても、アンチなら何やっても許されるなんてありえない〟〝指原も、ほかのアイドルも大変なんだな…〟とユーザーは指原に同情していました。

いくらアイドルという職業でも、ニコニコし続けるのは難しいものです。それが、誤解を招くようなことを言われたり、目の前で非難されたりしたらたまったものじゃないですよね。指原がトゲトゲしくなるのは無理もない…?みなさんだったら、どう思いますか?

 

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。