大島優子の後継者は一体誰?絶対的エースの不在について

2014年、惜しまれながらも創成期•低迷期•絶頂期のAKB48を支え続けてきた大島優子が、グループを卒業しました。彼女がAKB48にもたらしたものはとても多く、48グループのオーディションを受ける応募者の多数が、目標とする先輩に大島優子の名前を挙げています。
大島優子といえば、かつて選抜総選挙においてセンターの座を争ってきた前田敦子とは全く正反対のエースです。これは前田敦子本人も語っていますが、前田が問題児なら大島は優等生。少し影がある前田に比べると、大島は常に元気で明るいイメージがある、アイドルの中のアイドルでした。それは、子役時代から培ってきた経験がもたらしているとも言えます。
そんな大島優子が、卒業前に自分の後継者について語りました。大島本人が語る、自身の後継者とは一体誰なのでしょうか…?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

自身の卒業シングルに隠された、後継者の姿とは…?

大島優子の卒業前最後の選抜シングル『前しか向かねえ』。このシングルは、通常版3種と劇場版1種の計4種が発売され、それぞれの裏表のジャケットが異なります。これは48グループの一般的なシングルのパターンなのですが…
そのジャケットの表には、卒業を控えた大島優子の姿をメインにした画像が使われているのですが、ジャケットの裏には顔が見えないようになっているものの、実はすべて山本彩単独の写真が使われていたのです。さらに、楽曲の歌い出しが1番を大島優子、2番を山本彩が担当しており、これは何かが匂う…ファンからしてもそう感じずにはいられませんでした。
そして大島優子自身、過去のインタビュー記事において山本彩についてこう語っています。
『たかみな(高橋みなみ)が後継者にさや姉を指名してるけど、むしろ私と同タイプだと思うんですよ。先に言われてしまって〝え、さや姉は私でしょ〟って思ってました』ーと。
なんと、大島優子が自身の後継者に名前を挙げたのは山本彩だったのです。
実際に大島優子が卒業する前に大々的に行われた、48グループの大組閣において、NMB48専任だった山本彩はAKB48のチームK兼任になりました。再編前のチームKにはキャプテンの大島優子がいたことから、NMB48チームNのキャプテンである山本彩が大島の後継者として加入したという見方をしてもおかしくないのです。
二人に共通して言えることは、アイドルとして完成されているところ。これは、大島優子がAKB48に加入する前に子役を経験していたのと同じように、山本彩もNMB48加入前はガールズバンドでCDデビューをしており、この二人が他のメンバーに比べてタレント性やアイドルとしての能力があらかじめ備わっていたことがわかります。そしてもう一つの共通点を挙げるなら、それはお互いが優等生であること。キャプテンを務める立場の人間は、その発言に説得力を持たなければ誰もついてきません。また、同性に頼られるという、アイドルグループのキャプテンに必要な要素を持ち合わせているとも言えます。
性格的にも双方がサバサバしているところが共通していたり、ビジュアルで挙げても双方がグラビアアイドル顔負けのプロポーションの持つ主であるということ…挙げて行けばキリがないほどの共通点の数々が見つかります。

他にもいた?!大島優子の後継者は一体誰なのか

ところが、2014年1月に大島優子と総合プロデューサーの秋元康が対談した際、後継者には指原莉乃や渡辺麻友の名前が挙げられていたのです。選抜総選挙で首位を争うメンバーという見方をしたら、共通点はあるように感じますが…。
この他には、大島優子なき後のチームKのキャプテンを後任する横山由依の存在も、大島優子の後継者に名前が挙がります。もしくは、大島優子なき後のチームKのエースを務める松井珠理奈やAKB48のエース候補に名前があがる島崎遥香も…。大島優子の後継者になり得る存在は、意外にもたくさんいるのです。
ここで、大島優子が持つ能力がいかに多岐に渡るものか、気づくことができますよね。これだけタイプの違う後継者たちが存在するのですから…。
まず、〝キャプテンシー〟に重点をおけば、山本彩や横山由依が大島の後継者になり得る存在と言えるでしょう。〝グループの顔=エース〟に重点をおけば、渡辺麻友や松井珠理奈、島崎遥香がそれに該当するでしょう。

〝絶対的エース〟 の後継者はいるのか?

上記のように大島優子の後継者に挙げられるメンバーは多岐に渡りますが、ここで〝エース〟という意味の後継者について今一度考察してみましょう。
元メンバー•前田敦子が〝不動のエース〟として、AKB48の作品の中心に常に存在するエースであるならば、大島優子はどの位置にいようがその全てを自分に引き込む力を持つ〝絶対的エース〟と言えます。エースにもいろいろ種類がありますから…。
では、この絶対的エースには今後だれが該当するのでしょうか?これに関しては、2015年現在〝不在〟であると言った方が正しいでしょう。
選抜総選挙やじゃんけん大会などの企画ものシングルを除いて、AKB48のセンターは渡辺麻友が務めるものだと誰もが思ったことでしょう。事実、フライングゲットやヘビーローテーションを披露する際、前田や大島がいたセンターポジションには渡辺麻友が入っています。ところが、渡辺麻友が単独でセンターを務めた楽曲は、ラブラドール•レトリバーとSo long!の2曲のみ。希望的リフレインのWセンターにHKT48の宮脇咲良とともに務めましたが、2015年の1発目のシングルはまさかの小嶋陽菜•柏木由紀のWセンター。不動のエース、絶対的エースは不在なんです。特に姉妹グループを含め、昨今単独センターではなくWセンターにという方式をとっています。これからは、センターを固定しなくなるのでしょうか?
秋元康はこう発言しました。
『センターになれないと嘆くよりも、自分のあり方を考えるべき』ーと。
センターになれないと嘆く…こういうメンバーはかなり限定されてきますが、センターだけが全てではないということなのでしょう。
今の48グループは何もかもが手探り状態。2015年12月には総監督の高橋みなみが卒業を控えており、これまでのスタイルがどんどん変わっていきます。前田敦子の後継者、大島優子の後継者…とこだわるよりも、自分らしさを見失わないように、まさに自分のあり方を考えていく必要があるように感じます。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。