渡辺麻友は近寄り難い?!メンバーやスタッフの評判とは

2014年の選抜総選挙で1位に輝き、いまや48グループを背負って立つエース•渡辺麻友。彼女の完璧なまでのアイドルとしてのこだわり、立ち振る舞いは、後輩メンバーだけではなく、他のアイドルグループのメンバーたちの指標にもなっています。 でも、そんな彼女に〝殺意〟を抱くメンバーが存在していたとはご存知ですか? 渡辺麻友と同期であり、実生活でも仲が良いとされていた、HKT48の多田愛佳。その多田愛佳が、バラエティ番組内において渡辺のことを『死んで欲しいと思った』という仰天発言をしたのです。これは、同期の中で推され続ける渡辺の姿を見て、当時感じた気持ちを発言していたのですが…それにしても過激すぎる発言。 とはいえ、それはチームB創世期のことを指しているので、〝今だからこそ話せる〟と前置きがあったのも過去のことだからということがわかります。 では、渡辺麻友を取り巻く後輩メンバーやスタッフの方からは、本当のところどう思われているのでしょうか?エピソードを紹介し、追求してみたいと思います。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

後輩からは怖がられている?!近寄りがたい、そのオーラとは…

あるバラエティ番組内で行われた『優しい先輩ランキング』。実はこのランキングで渡辺麻友はワースト1位になっているんです。その理由には、『他人に興味がなさそう』といったことや、『近寄り難いイメージがある』というようなことが挙げられました。 一方で、『オーラがある先輩ランキング』、『2人で一緒に行きたい先輩ランキング』においては1位を獲得していました。これを総括すると、〝すごく憧れているんだけど、でも近寄り難い〟…といったところでしょうか。 実際にバラエティ番組で渡辺麻友が若手メンバーと接する場面はあまり見られません。でも、若手メンバーの中でも同じ宝塚歌劇団ファンの小林茉里奈とはチームA時代、とても仲が良かったようです。お互いのGoogle+でもやりとりを楽しんでいました。 以前、島崎遥香も〝オーラ〟について語っていたことがありました。それは、まだ前田敦子や板野友美が在籍していた時のこと、当時研究生だった島崎たちは、超選抜である前田や板野のオーラに恐れてなかなか近づけなかったと話しています。ですが、今はこのようなオーラを持つベテランメンバーはあまり存在しておらず、オリジナルメンバーの高橋みなみや峯岸みなみが若手メンバーにも分け隔てなく接していることで、若手メンバーがあぐらをかいているんじゃないか?と思われる発言をしていました。 渡辺麻友が放つオーラは、きっと前田敦子や板野友美と同じようなものなのでしょう。さすが、エース格メンバー。 渡辺麻友は、あまり人に頼らず自分一人で解決したり、ストイックに物事に取り組むイメージがあります。このことは高橋みなみも指摘しています。あまり若手メンバーに関わりたくなくても、少しでも関係を持っておけば、もっと楽な気持ちでエースを続けて行くこともできるかもしれませんね。

ドラマ撮影現場では女王様状態?関係者を困らせた実態とは

渡辺麻友はAKB48以外の仕事で言うと、声優やソロ歌手の活動が充実していましたが、そんな彼女が主演を務めるドラマが発表されました。さばドルです。 この番組スタッフが、渡辺麻友について語りました。 『普段の主演女優なら、差し入れをしたり場を盛り上げたり、気を使うことが当たり前にできているのに渡辺麻友はそれを全くしない』 『撮影のスケジュールは渡辺麻友にあわせて行なっているのに、〝これから1時寝かせるので他のシーンから撮りましょう〟と言われることもあった。早朝だったので仕方ないかもしれないけど…』 ーというようなことを語っていたのです。 これが本当なら、抗議すればよかったのでは?と感じるでしょうが、さばドルの企画•制作は秋元康。プロデューサーにも電通のAKB関係者がいたので、言いたいことを抑えながら怒りに震える番組スタッフが多かったようです。 言い訳をすれば、普段アイドルをしている渡辺に、他の主演女優と同じような振る舞いを要求するのは間違いなのかもしれません。でも、どんな現場でもそれぞれの立場はありますし、どんな職業でも周りに気を遣うのが社会人として当たり前のことですよね。おなじアイドルでも、SMAPの木村拓哉はドラマの制作現場で気遣い•心遣いが非常に出来ているので、現場スタッフの信頼も厚く、今でもドラマの主演に起用され続けていると言われています。こうしたことで、評価が下がってしまうと渡辺本人にもよくないのでは?もし、撮影現場での天狗状態が事実なら、改めて欲しいと切に願います。…事実なら、ですけどね。

ヘアメーク担当者も病んでしまう?!渡辺麻友の行動とは

普段セルフメークが多い48グループのメンバーですが、それでもヘアメークさんがセットをする場面が多いようで、担当者は〝AKBを担当したくない〟と漏らしている噂が浮上しました。 まだ10代そこそこのメンバーたちに、ああでもないこうでもないと言われながら難癖つけられるのはなんとなく想像できますが、渡辺麻友の場合は特に強烈だそうで…。強烈もなにも、終始無言。ヘアメークが終わった後に、何も言わずに自分で髪型のセットを変え撮影に入ってしまうという、スタイリスト泣かせな行動を取るそうなんです。 渡辺麻友の髪型へのこだわりは、誰もが認めるほどのもの。セットした前髪を触られるのでさえ完全拒否してしまう彼女の性格を理解していれば、スタイリスト側もすこし構えることができたのかもしれません。よくも悪くも、アイドルとして見た目にはとことんこだわっているのですから…。 メンバー、スタッフからの評判もまちまちな渡辺麻友ですが、これらの話がもし本当であるなら、少しでも自分の味方を増やした方が、これから先仕事がもっと楽しくなるのではないか?そう思います。そして、渡辺の持つカリスマ性を受け継ぐ若手メンバーが現れたら嬉しいですよね。渡辺麻友が若手メンバーに対し、これから近づきやすい存在になれるのか?これから注目して行きたいと思います。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。