宮澤佐江がSNH48へ移籍したのは合コンが原因?!その真偽とは

AKB48の第2期生で、かつては選抜常連組として多忙を極めていた人気メンバー•宮澤佐江。彼女の明るさやファンサービスの良さはメンバーからの尊敬を集め、今ではSKE48のチームSキャプテンとしても活躍をしています。
彼女は2012年の大規模な組閣発表で上海48=SNH48への移籍が発表されました。まさか宮澤佐江が?!と思ったメンバー、ファンはとても多いでしょう。残念ながら世界情勢の事情でSNH48劇場のステージになかなか上がることができないまま、途中AKB48のチームKへの兼任が発表されました。ところが、宮澤佐江がSNH48へかける想いは想像以上のもので、一度は受け入れたものの志願してふたたびSNH48〝専任〟になったのです。彼女の責任感は強いのです。
でも、今現在の彼女には、もうSNH48でいる必要がなくなったのでは?という見方があります。それも、〝禊は済んだ〟とか…?彼女がなぜ上海へ移籍したのか、また〝禊〟とは…?今回はその真相を追って見たいと思います。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

もともとSNH48は自分から志願した移籍ではなかった?

AKB48がブレイクして軌道に乗り始めた頃、海外での48グループ発足の話が持ち上がりました。その当時、48グループではメンバーや運営スタッフによるGoogle+(通称•ぐぐたす)が発信源の主流になっていたのですが、総合プロデューサーの秋元康が〝海外のグループへ留学してみたいメンバー〟を国内メンバーに向け募ったのです。
そこにすぐに手を上げたのが、仲川遥香と鈴木まりや。彼女たちは選抜総選挙やじゃんけん大会などの〝企画ものシングル〟を除いて、AKB48のシングルの選抜に一度も選ばれたことがないメンバー。ところが、直近で指原莉乃がHKT48へ移籍したことで人気が爆発した〝成功例〟があり、仲川遥香や鈴木まりやは〝自分たちが輝ける場所〟を探しに海外へ行きたいという思いがきっとあったのでしょう。今回の海外移籍へ申し出たのです。
そして組閣発表の際、この二人の他に宮澤佐江、高城亜樹を追加した4名の海外グループ移籍が発表されました。仲川と鈴木は想定内。でも、なぜ宮澤佐江と高城亜樹が?宮澤佐江は直近の選抜総選挙で11位にランクインした人気メンバー。高城亜樹はランクダウンしたものの、17位にランクインし、難波の2トップ山本彩と渡辺美優紀を従えてアンダーガールズのセンターに選ばれた人気メンバーです。誰もが、その理由について疑いを持ちました。

きっかけは私生活の乱れ?!移籍の本当の理由とは

事実、宮澤佐江と高城亜樹は自分から志願した移籍ではないことが、彼女たちの証言で発覚しました。ではなぜ移籍を持ちかけられたのでしょう?脳裏によぎるのは、直前に博多へ移籍…と言う名の事実上〝左遷〟された指原莉乃の一例。指原莉乃は過去のスキャンダルにより移籍して行きました。直前の総選挙では4位であったというのにもかかわらず。
となれば、宮澤佐江と高城亜樹も同様に何らかのスキャンダルが発覚したのでは?と考えられました。
そして、組閣が発表された後に発売された週刊誌には、そのスキャンダルの全容が記されていたのです。
高城亜樹の場合は普段の素行に問題があったようです。彼女が人気メンバーとして推されるもっと前の話ですが、身内を利用して一般人のイケメン大学生に接触を図り、ファンの目を欺いてデートを繰り返していた…と記事には書かれていました。とはいえ、それも過去の話なのですが…。
そしてもう一方の宮澤佐江。彼女は同期の大島優子に連れられて合コンに参加したという情報が書いてありました。合コンではやけにハイテンションで通しており、同席した男性陣が引くぐらいのハイテンションぶりだったそうです。これが、AKB48が売れ出してちょっと調子に乗ってきた時期…というわけではなく、わりと最近の話だったようです。写真に撮られているわけではなく、すべて〝関係者の話〟ということなので信ぴょう性は不明なのですが…。
とはいえ、実際に合コンに参加していたのなら大問題です。でも、合コンに誘ったと言われる大島優子は、前田敦子の卒業によりその抜けた穴を埋めなくてなはらない人気メンバーで、彼女をAKB48から下ろすことは到底できないこと。年齢も年齢なので、いつ卒業を発表されるかわからない…大島優子のことを、逆に引き止めたかった運営は、大島をチームKのキャプテンにすることで〝辞めづらくした〟と言われています。なので、多少の羽目外しは目をつぶっていた…と。…これは憶測の部分も含んでいるんですけどね。
でも、宮澤佐江に対して全くお咎めなし、というわけにもいかなかったからSNH48へ移籍させたのか?と言われれば、疑問が残ります。AKB48のメンバーによる合コン騒ぎは、いくら〝干され〟のメンバーであっても日常茶飯事と言われています。ここで宮澤佐江と高城亜樹だけが、海外へ移籍という懲罰を与えられたのか?そう考えたらおかしいですよね…。この年1月には平嶋夏海と米沢瑠美のスキャンダル発覚で活動辞退に追いやった実績があります。これはきちんとした証拠があってのことだったので、証拠が不十分な宮澤佐江、高城亜樹は辞退とまではいかなかったのかもしれません。
また別の見方をすれば、前田敦子の卒業を機に中心メンバーの〝世代交代〟が行われるため、彼女たちが弾かれてしまった…という噂もあります。
結局のところ、本当の理由なんて本人たちにしかわかりません。ですが、この移籍を機に宮澤佐江や高城亜樹の活躍の場が広がったことは事実で、日本の48グループとの架け橋となって、今まで以上の活躍ぶりを見せたのは決してマイナスとは言えないでしょう。

宮澤佐江がSKE48の兼任が決まった時、以前AKB48チームKとの兼任を断った時と同じようなことはせず、むしろ前向きに受け取ってチームのキャプテンに就任しました。〝禊が済んだ〟と言われていたのが仮に事実であるならば、きっとSKE48兼任が発表されたタイミングだったのでしょう。
宮澤佐江の今後の活躍にも注目していきたいと思います!

 

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。