宮澤佐江が被害者?!特定のファンに接触したのは本当なのか

AKB48に加入して約9年、数少ない第2期生メンバーのうちの一人であり、現在はSNH48とSKE48を兼務している宮澤佐江。彼女の持つボーイッシュなキャラクターはメンバー内でも人気が非常に高く、AKB48の冠番組•AKBINGOの男装企画で毎回のようにメンバーから黄色い声援を浴びています。そのボーイッシュな個性は、何百人といる48グループのメンバーで決して埋もれない存在です。
また、ボーイッシュキャラは非常に女性受けするので、宮澤佐江には女性ファンが多いのも特徴です。アイドルにとって、数少ない女性ファンの存在は貴重なものです。ところが、そんな女性ファンと宮澤佐江の間にあるトラブルが生じた過去があるんです。それはどういうトラブルだったのでしょうか?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

きっかけはリクアワ2011の裏舞台…

2011年1月22日、SHIBUYA-AXにて行われた、毎年恒例イベント『リクエストアワー セットリストベスト100 2011』にて事件は起きます。
リクエストアワーは、48グループの持つシングル曲や公演曲、派生ユニットの楽曲の全てをひっくるめたファンによる人気投票イベント。(一時期は派生ユニットの楽曲は対象外になっていましたが…)
このリクエストアワーは単なる楽曲のファン投票ではなく、歌い手のファン投票という意味合いが強く、選抜総選挙とはまた違う〝ファンの手によってメンバーをステージにあげることができる〟イベントなんです。例えば、初代チーム4が解体された翌年には、初代チーム4のオリジナル楽曲『走れ!ペンギン』がミリオンセラーに輝いたシングル曲を差し置いて1位に選ばれました。もう集まることはないであろうチーム4のメンバーが再び集まり、歌う機会を作ってあげたのはファンの力(投票)によるものです。また、宮澤佐江の例を挙げれば、SNH48への移籍が発表された翌年のリクエストアワーで、宮澤佐江がユニットセンターを務める『奇跡は間に合わない』が劇場公演曲最高順位となる2位を獲得しました。これは海外グループへ移籍する彼女へ送る、ファンによる激励の意味合いがあったものと考えられます。ファンにとってもメンバーにとっても思い入れの深いこのイベントで、宮澤佐江に一体何が起こったのでしょうか?

ある〝偉い人〟がとった行動がファンの怒りを買った?

このリクエストアワー(3日目)を見に来ていたある女性ファンのSNSで、事件は発覚したのです。この女性はネット上でこのように公開しました。
『サプライズ ウチらメッチャ声だしてAKBの応援してたら、AKBのお偉いさんが声かけてきて、AKBの楽屋連れてって AKBメンバーに会わせてくれた ウチらずっと号泣してた。SKE全員と優子とともちんと康となちゅに会って少し話した 佐江と写真とってもらった。佐江とたくさん話したけど、私ずっと号泣。だから写真おつ。そして偉い人に明日のチケット超良番もらった 今日の出来事が本当に信じられなくて友達と二人で渋谷を号泣』
ーこの記事を要約すると、リクエストアワーに来ていた一般の女子高校生がAKB関係者と思われる〝お偉いさん〟から声をかけられ、〝メンバーに会わせてあげる〟と楽屋へ案内されたということ。楽屋では、大島優子や板野友美、SKE48のメンバーやさらにはプロデューサーの秋元康にも接触させ、宮澤佐江と記念撮影をしてくれた、ということらしいです。そして最後には、リクエストアワーの最終日公演のチケットを3枚もプレゼントしていたのです。実際、この記事には宮澤佐江と女子高生、その友人の3人のショットが載せられていました。
48グループではチケットの転売が問題視されており、会場入場時には身分証明書を用いて厳正に不正がないかチェックを行い、そこで転売や身分証明書の貸し借りが発覚し不正が認めらた人には、出入り禁止の処分を下すなど非常に厳しく取り締まっています。今回のSHIBUYA-AXでもすでに『50人以上のファンを出入り禁止にした』と声高々に発表したばかり。
その中で、なかなか取れないチケット…しかも連番で良席となれば、もう〝プラチナチケット〟と呼んでもおかしくはないでしょう。これにはファンも大激怒したようで、運営側にはその真偽について問い合わせる声が殺到しました。また、一緒に写真に写っていた宮澤佐江にも飛び火してしまう騒ぎに。
これに関して、運営や宮澤佐江からはしばらく何の発表もなく3日が経ちました。
ちなみにこの日記を書いた女子高生、SNS上で通っている学校名や本名を明かしていたので、騒動が発覚してからすぐさまSNSを閉鎖したそうです。個人情報が漏れると、実生活にも影響を及ぼす危険があります…!そのあたりが、学生の詰めの甘いところでもありますが。。

運営から公式発表!ついに事実を認める

騒動から3日経った日、当時の劇場支配人•戸賀崎氏から公式ブログにて発表され、事実確認がとれたとして特定のファンへ優遇したことを認めました。そして、一緒に写真に写っていたメンバーも宮澤佐江本人という確認が取れたものの、当時宮澤自身はなにも知らされておらず、ただ巻き込んでしまっただけ、宮澤にも迷惑をかけた、と謝罪しました。
この当事者はなぜこのような優遇を行った理由については、〝一生懸命応援している彼女たちになにかサプライズしてあげたかった〟ということだそうです。そして、譲ったチケットはあくまでも〝偉い人〟の所有していたチケットと説明。
しかし、当事者である〝偉い人〟が一体誰なのか、またどんな処分を下されたのかは発表されておらず、『二度とこのような行き過ぎたサプライズを不特定のファンに行わないことを約束します』『今回の件で失ってしまった信頼を取り戻すことができるよう、一つ一つのイベント、ライブ、劇場運営を全力で取り組んでまいります』と締めくくっていました。
これにはファンも到底納得することができず、運営への非難がさらに強まりました。このような不祥事を〝サプライズ〟という言葉で片付けたこと…ファンの求めるサプライズはこういうことではないはずなのに。
ファンの中で必死に犯人探しが行われましたが、この〝偉い人〟、大島優子や板野友美、そしてプロデューサーの秋元康に面通しできる人物ということは、かなり上層部に近い人物と推測されました。となれば、運営側が処分を行うことはないのでは?という見方があり、ファンにとっては気分の悪い話でしかありません。この頃はAKB史上で最も運営批判が多かった時期でもありますので、今回の件で相当燃料が注がれてしまったのでしょう。

〝とばっちり〟を受けてしまった宮澤佐江の反応は?

今回の騒動に完全に巻き込まれてしまった宮澤佐江はブログを更新。
『佐江はいつも通り元気です。いつもと変わらない環境で、いつもと変わらない生活を送れているので安心してくださいね』
『みなさんに心配をかけてしまったことが、自分的にすごくショックです。ごめんね』
騒動に巻き込まれた宮澤を心配するファンに対する感謝の気持ちと、謝罪の気持ちが綴られていました。
〝偉い人〟ということは宮澤も断れないような人物だったのでしょうが、とはいえ宮澤が普段からファンサービスが素晴らしいという一面も知れた騒動でした。

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。