松村香織のソロデビューシングルが高額で転売?!それに彼女は大激怒…?

SKE48の研究生にして、AKB48グループの〝終身名誉研究生〟という異例の肩書を持つ松村香織。彼女は48グループ全体の掲示板にもよくスレッドが立ち上がるほど話題にこと欠かさない人物で、彼女自身もまた〝発信源〟となってファンを煽る行為を度々行っています。48グループの運営側に対する非難や特定のファンに対するバッシング発言、そして自身の過去の恋愛事情を赤裸々に語るなど、言って見れば彼女自身が〝爆弾〟 。いつどこでなにをやらかすかわからない…こういうことから、あえて〝干され〟まくっているのでは?という見方もあります。
ところが、終身名誉研究生という誰にも代われない肩書、そして異例のソロデビューを飾るなど、48グループに属する何百人といるメンバーの中でも埋もれない存在であることも事実です。それは松村自身の最大の長所だと思います。そんなめでたいソロデビュー、実は松村が大激怒してしまうある事件が起こったのです。その大激怒とは一体どういうことなのでしょうか?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

ソロデビューシングルは数枚限定だった

松村香織のソロデビューが発表されたのは、彼女が終身名誉研究生という肩書を得て翌日のことでした。しかも、プロデュースは指原莉乃。指原が曲を選び、作詞をし、衣装から演出までプロデュースを行うことでファンの間でもその期待は高まる一方でした。しかも、プロデュースに関わる予算はたったの1万円!指原莉乃は松村に対し〝捨てた生地とか拾ってください!〟〝恨むなら指原のプロデュース力を恨んでくれ!ごめん!〟と詫び、〝来週とか東京これないかな?てか…新幹線代で予算がなくなるwww〟とコメント。これには衣装部兼総支配人の茅野しのぶも〝なんだろう…すっげー楽しくなってきた…〟とやる気をみなぎらせ、プロデュースの段階からファンを楽しませてきました。その予算1万円が、衣装のみの予算なのかどうなのかは不明ですが、実際に衣装は新聞紙で作られました。(新聞紙で作ったとは思えないほどの素晴らしいクオリティなんですけどね^ ^)そしてCDのジャケットは、大声ダイヤモンドやヘビーローテーション、片思いFinallyのジャケットの〝パクリ〟であり、松村香織自身を表したかのような〝話題性のかたまり〟だったのです。そのソロデビューシングル・マツムラブは、1000枚の限定販売で、イベント時の〝手売り〟が発表されました。このマツムラブを手に入れるために1000人以上のファンがイベント会場に押しかけ、松村はその一人一人に握手とサインを行い、無事1000枚を完売させました。

ソロデビューシングルが転売された?!その時松村は…

ところが、1000枚を売り切った松村香織に事件が起きてしまいます。それは、手売り販売イベント直後に大手オークションサイトで自身の手売りCDが何枚もオークションにかけられていたのです。その入札価格は、万単位でどんどん上昇して行きました。普段からネット住民である松村香織もこのことにすぐに気づきました。彼女はただ黙っているような性格ではないのです。
『おい!オークション出品して転売してんじゃねーよ。ふざけんなよ。入札しないでください 取り消して下さい 転売厨の思う壺!』
彼女の怒りは爆発してしまったのです。彼女は1000人のファン一人一人に自身の大切なソロデビューシングルを手売りしました。その1000人の中に〝転売厨〟がいたなんて、ショックというよりも怒りを感じずにはいられないはずです。
こういう転売目的での購入は、多くのアーティストのコンサートチケットなどでも日常茶飯事です。最近の話で言えば、東京駅100周年記念Suicaがあっけなく転売させられそうになったこともあります。(のちに購入希望者全員に購入できるようになったのですが)。そのどれもが数量限定である以上、犯罪だとわかっていても防げない問題なのです。松村香織はこれを無視するわけにはいかなかったようです。
『拡散希望』『落札して、キャンセルしようよ?』『みんなで違反報告しましょう』などとGoogle+で連投しファンを煽りました。そして、『転売した奴ツアー干されろ』とその〝転売厨〟を断固として非難。この様子を見ていたファンも〝いいぞもっとやれ〟〝10万くらいで落札してキャンセルしたらおk?〟〝落札しないけど入札して妨害する〟と騒ぎ立てました。一方で、〝入札してキャンセルするのも悪でしょ!〟〝イタズラで落札はれっきとした犯罪、それをけしかけるのもまた同罪だよ〟という、松村と入札を妨害しようとしたファンを非難する書き込みも増え、Google+は炎上状態になったのです。

50億超え!オークションサイト側は冷静な対応

出品されたマツムラブ!のCDの価格は、なんと一時57億円を超え、松村の目的?だった入札妨害なのか、あきらかなイタズラなのか…入札者も増えて行きました。入札価格はどんどん上昇していくも、オークションサイトの運営側は極めて冷静な対応を貫きました。
まず、マツムラブ!に限らず限定CDの出品はこれまでも多く、今回のCDは出品禁止リストに該当していないということ。そして、マツムラブ!への入札はあきらかにイタズラであると判断できるが、出品者はユーザーからの質問に答えたり、悪質な入札を削除していたといい、〝あくまでも出品者より入札者側に問題がある〟という見方をしていたようです。実際に落札➡︎キャンセルで利用停止にはならないものの、入札者の評価が自動的に『非常に悪い』となってしまい、今後のオークション利用に著しく影響を及ぼすようになっています。
にもかかわらず、松村香織の怒りのボルテージはどんどん上昇し、出品者のページのURLをコピペしてGoogle+で晒すなど大胆な行動に出ていました。悔しい気持ちはわかるのですが、いちタレントとしての立場をもう少し理解していたらよかったのかもしれませんね。。

マツムラブ!はその後追加販売されることになり、前回の1000枚限定で手に入れることができなかったファンには嬉しい結果となりました。松村自身がGoogle+上でどんどん燃料を追加してしまうので、今回のような大騒動に発展したのですが、それが結果的に追加販売されるきっかけになったとしたら…してやったり、といった感じなのでしょうね。相変わらず面白いメンバーです!

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。