NMB48の山本彩推しはいつまで続く?彼女が単独エースである理由

2014年の第4回選抜総選挙で第6位に選ばれ、その人気はとどまることを知らないNMB48メンバー・山本彩。彼女はNMB48チームNのキャプテンとしてメンバーをまとめる立場にありながら、実質上NMB48〝全体〟のキャプテン、そしてNMB48のセンターを務めています。さらに、AKB48兼任以後チームKにおいいても松井珠理奈とのツートップで活躍しており、キャプテン&センターという誰にもなし得ない立場で48グループ全体を引っ張っています。そんな彼女が何もかもを背負っている姿に、尊敬の念を抱くメンバーも多く、運営から強烈なプッシュがあろうともそれを反対するファンがあまりいない、アンチの少ないメンバーの一人です。
そもそも、彼女がここまでの荷物をなぜ背負わなくてはならなかったのでしょうか?他にもNMB48にはエースは存在するはずなのに…。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

当初は〝センターではなかった〟?!

NMB48のオープニングメンバーとして、2010年秋にオーディションを経て加入した山本彩ですが、意外にも彼女は最初から〝単独センター〟という立場ではありませんでした。NMB48が結成されてからのお披露目では、山本彩がメンバーを代表して挨拶を行っていましたが、それはあくまでも運営側が彼女のキャプテンシーをこの時から見出していたからであって、NMB48の単独エースは渡辺美優紀でした。かつてのAKB48でいうところの『エースは前田敦子、キャプテンは高橋みなみ』と言った感じ。その証拠に、チームNが結成された際、山本彩よりも渡辺美優紀の方が一番にその名前を呼ばれたのです。歌唱力、ダンスともに優秀だったことが理由のようです。
そしてNMB48記念すべき第1弾シングル・絶滅黒髪少女では渡辺美優紀が単独センターを務めました。…とはいえ、見方によっては山本彩とのダブルセンターにも見えなくもないんですけどね。
ところが、渡辺美優紀の〝単推し〟に暗雲が。AKB48のシングル・Everydayカチューシャにて山本彩、渡辺美優紀が初選抜を飾りました。このCDのジャケットは何パターンか分かれているのですが、前田敦子・松井珠理奈、そして山本彩の3名のジャケ写が公開されたのです。この時点で、〝NMB48といえば山本彩〟という印象が48グループのファンの間で植え付けられたのです。PV内でも、前田敦子と松井珠理奈との3ショットの場面があり、前田・松井の両名がグループのエース格であったことから、NMB48は渡辺美優紀よりも山本彩がエースはなのでは?という見方が強まりました。

きっかけは第3回選抜総選挙

NMB48メンバーにとって初めての選抜総選挙、速報時点では山本彩と渡辺美優紀の2名のみがランクインされていましたが、最終結果で蓋を開けてみれば、山本彩ただ一人のランクインに終わりました。山本彩はこの時のことを冷静に分析しており、のちのインタビューで『これは私への票と言うより、NMB48への期待票なんやな、と思いました。速報の時は、みるきーも34位に入っていたんで、一緒にと思ってたんですけど…。私だけが残ったっていう事は、関西のお客さんが、NMB48全体を応援する意味でチームNキャプテンの私に投票してくれたんやと思いました』ーと語っていました。ある意味、NMB48=山本彩の〝一強説〟はここから始まっていたと言っても過言ではありません。このインタビューから、エースの責任感、というよりもキャプテンの責任のほうが強く伝わってきます。あくまでもエースは渡辺美優紀でいてほしかったのでしょうか?
そして彼女たちにさらなる衝撃が。それは、NMB48の2ndシングルで渡辺美優紀がまさかの選抜落ちをしてしまったのです。正確に言えば、選抜に選ばれていたけどのちに外された、というもの。運営側はあくまでも〝再度選考しなおした〟という言い方しかしていませんでしたが、実際は渡辺美優紀を含む一部のメンバーがファンと密会をしていたという噂がたっていました。もし本当なら、渡辺美優紀の不祥事で選抜落ちしたということで、これはグループのエースにとって致命的な出来事。2ndシングルは山本彩の単独センターで発売されました。この頃から、NMB48エース=山本彩の図が出来上がっていたのです。

選抜総選挙でNMB48が弱い理由は?

ここはNMB48全体の話になるのですが、NMB48はファンの間でも〝選挙に弱い〟ことで有名なんです。選抜総選挙にランクインしているメンバーは、同じ姉妹グループのSKE48に比べたら圧倒的に少なく、下手したら後輩グループのHKT48メンバーよりも少ない様子。実際、この総選挙の結果が山本彩を〝一強状態〟にしているです。ではなぜ、NMB48は選挙に弱いのでしょうか。
まず、関西はアイドルに対する関心度が低いことが挙げられます。もちろん、同じアイドルでも男性グループの関ジャニ∞やジャニーズWESTは別格なのですが…。そして、メンバー自身が苦労知らずであり、努力が足りていないのでは?という見方があります。所属事務所は吉本。デビュー前から冠番組も決まっており、彼女たちの外部仕事の充実ぶりは他グループよりも圧倒的なんです。逆に外部仕事がほとんどないSKE48は苦労人が多く、〝自分たちの力(票)でランクインさせてあげたい〟というファンの思いや団結力が非常に強いのです。アイドルが何もない状態から成長して行く姿を見たいファンにとっては、有る程度完成されたNMB48へ票を投じることはあまりないのかもしれませんね。
なにより、NMB48は山本彩と渡辺美優紀の2名が圧倒的に人気があるので、票が割れるのを恐れている見方もあります。

 

メンバーは山本彩に〝おんぶに抱っこ〟状態?

2015年のAKB48春シングルの選抜メンバーが発表されましたが、NMB48からはついに山本彩ただ一人になりました。SKE48の〝W松井〟のように、山本と渡辺がグループの〝二枚看板〟になることはないのでしょうか?
これには、渡辺美優紀の素行が週刊誌で暴かれてしまった事情も噛んでいるようです。運営としては、山本と渡辺の2トップで売り出して行きたいはずが、たとえ真実でなくてもスキャンダルを持ち上げられたらファンからのバッシングが避けられないのです。このスキャンダルに対する〝熱〟が覚めるまでは、山本彩ただ一人キャプテン兼エースとしてNMB48を背負って行くしかないようです。いつか、山本彩を脅かす存在がNMB48で現れるのでしょうか…?

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。