前田敦子は問題児だった?!その疑惑の真相とは…

2012年にAKB48を卒業するまで、グループの〝不動のエース〟〝絶対的エース〟などと言われていた、元メンバー•前田敦子。彼女はAKB48にいる間、毎日ものすごいプレッシャーと戦い続けており、生放送では隠しきれない目元のクマが目立ったり、ときにはやつれているような様子を見せるなど当時を振り返ればファンも心配でたまらないくらいのものだったと記憶しています。たとえばそれはSKE48の松井珠理奈にも言えることで、彼女もまたエースとして周囲の期待がプレッシャーに変わり、アンチ増加によるバッシングの被害や多忙で入院する騒ぎにまで発展するぐらいのものでした。
そんな前田敦子が生き生きとした表情を見せ始めたのが、卒業を発表して以降のことです。長年のプレッシャーから解放された、彼女のすっきりとした表情にファンやメンバーも安堵したことでしょう。そして今、AKB48を離れて女優として活躍し続ける前田敦子ですが、卒業後に出演したトーク番組内で自身のことを〝問題児〟だったと語りました。それはいったいどういうことなのでしょうか…?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

〝泣くわわめくわ…〟周囲を困らせたAKB時代

今では選抜総選挙やじゃんけん大会の企画でセンターを決めることも増えた
AKB48ですが、当初はプロデューサーである秋元康にその権限はありました。(今では運営スタッフにその権限があるといわれています。)
秋元康が選んだのは、ほかでもない前田敦子でした。司会者が「〝なんであの子がセンターなの?〟ってやいやい言われることがあったらしいね」と前田にふると、「ファンの方ももちろんだと思うんですけど、メンバーも、やらせてもらっている私も…」「目立つのがいやだったんですよね。だから、目立ちたくないですって泣いたのを覚えています。まだ15歳くらいだったんで、もうなくはわめくは、すごい迷惑をかけてましたね、大人の人たちに。なんで私がここで踊らなきゃいけないんですか?って、センターなのに…」と当時を振り返っていました。
これはおそらく、AKB48チームAの劇場公演2nd•会いたかった公演内の〝渚のチェリー〟のことを言っているのでしょう。このユニット曲は、前田の他にも峯岸みなみ他2名が担当することになっていたのですが、この曲の歌詞カードを配られた時に、その内容がほぼ〝前田のソロ曲〟だったそうで、他の三人はサビをハモる程度。ダンスも、前田一人にバックダンサー3人といったフォーメーションで、今となっては当たり前になっている構成でも当時からしたら初めての試み。メンバー内格差が浮き彫りになった公演とも言われ、当時のことは前田だけではなく峯岸自身も振り返ることがあるそうです。
ちなみに前田をセンターに選んだ秋元康によると、あえてセンターを作ることでグループの顔になってもらいたかった目的、そして控えめな子がセンターを務めることでファンから応援したくなるような心理をつく目的などがあったと言われています。
弱冠15歳でそのメンバー格差を突きつけられ、ボロボロな精神状態だったことがうかがい知れます。
また他の番組では、板野友美が当時の様子を語っていました。板野友美曰く、「なんでこの子(前田敦子がセンター)なの…」と思ったそうです。自身のダンスやビジュアルに自信を持っているメンバーも多かったので、前田敦子がセンターを務めることに違和感を覚えたメンバーは多いようでした。
これを〝問題児〟とみなすかは自由ですが、芸能界•アイドルの世界において右も左も分からない15歳。泣くはわめくは…というのも無理はありませんよね。

円陣には積極的に参加しない?その問題児疑惑とは

AKB48のコンサートでは、何百人規模のメンバーが手と手を取り円陣をくんで、本番前に気合を入れることがあります。総監督•高橋みなみが公演中での注意事項を発表し、誰一人としてその輪をはずれることは許されない場面なのです。
ところが、あるコンサートのDVDに収められている円陣の様子に高橋みなみの横に立つ前田敦子が、なんと注意事項の最中に堂々を携帯電話を操作する姿が映っていたのです。これを見たファンからは〝ありえない〟〝話聞けよ〟〝一人だけ女王様かよ〟といった非難の声が集中しました。その一方で、〝きっとこれは
忙しいスケジュールの合間をぬってブログを更新してくれてるんだよ〟〝別に気にならない〟〝前田敦子だからある意味ありかもw〟という擁護の声も少なからずありました。高橋みなみが演説しているということは、グループのメンバーの全ての視線が高橋みなみに向いているということ。そして、高橋みなみの横で携帯電話を操作する前田敦子は当然目に入りますよね。どんな理由であれ、誰もが見ても不自然、不愉快に感じてしまう場面…。仕方なしの場合にしても、カメラに収められないようにしてほしかったです(汗)。
また、あるコンサートの円陣の際は、高橋みなみが号令をかけているにもかかわらず、円陣の場所に足を運ばず、板野友美らと共にスタッフからマッサージを受けていたようですが(寝転んだ姿勢で…)、さすがにこれには高橋みなみも注意せざるを得なかったそうです。
こういうエピソードを持ち上げたら、前田敦子が問題児だった、と語ってもおかしくはないでしょう。

後輩を咳払いで追い払う?!その寄せ付けないオーラに問題児疑惑…

これもファンの間では有名な話ですが、ある動画において前田敦子がファンの方も向けにメッセージを撮っている最中の話。
前田敦子がカメラに向かってしゃべっている最中に、当時同じチームに所属していた佐藤亜美菜が前田敦子に何度も絡みに向かったのですが、前田敦子は明らかに〝わざとらしい〟咳払いで佐藤亜美菜を追い払いました。これに関しても本当の理由はわかり兼ねますが、この動画を見たファンからは〝あみながかわいそう〟〝前田敦子、性格悪いな〜〟とこれまた非難の声が集中。前田敦子は、何かに集中している時に邪魔されることがとにかく大嫌いなようで、あるドラマ撮影の現場にドキュメント番組のカメラが進入すると、それを〝集中できないから〟と言って退避させたこともありました。たしかに、ひとが集中している時に絡まれたら、嫌な思いをする人だっていますよね。前田敦子に少し同情してしまいそうです。

こういったように、前田敦子がAKB48に在籍していた時代には、本人も認める〝問題児〟ぶりが度々あったようです。でも、そこは〝出来の悪い子ほどかわいい〟とでも言いましょうか、完璧なアイドルよりも気になる存在になっていたのかもしれませんね。そういう意味では秋元康の戦略にみんなハマったのでしょう。
今だからこそ話せるのも、前田敦子が大人の女性に成長したから…な気がします。これからの彼女の活躍に期待です。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。