アンチから守る、松井珠理奈の強力なファン!彼女がファンに慕われる理由とは

弱冠11歳でSKE48のオープニングメンバーに合格した松井珠理奈。なんと劇場デビューを飾る前にいきなりAKB48のシングル選抜に選ばれ、しかもセンターになった彼女は、現在に至るまで48グループのエースの一人としてAKB48•SKE48を牽引しています!彼女はメンバーの指導や相談事にも積極的に乗るらしく、超選抜の立場であっても常に自分に対して厳しい姿勢をとっており、このことがメンバーの信頼を得ている要因とも言えるのです。よく、SKE48のメンバーのブログには、松井珠理奈に関するエピソードがたびたび語られており、その内容から松井珠理奈を敬う気持ちや感謝の気持ちが伝わってきて、本当にメンバーから敬われているんだなぁと感じることが多いのですが、松井珠理奈×メンバーではなく、松井珠理奈×ファンのエピソードって、ご存知ですか?アンチの多さはエースの宿命。でも、彼女は総選挙でも結果を残すことから、ファンは多いのです。松井珠理奈×ファンに関するエピソードを紹介しながら、彼女の知られざる一面を覗いて見ましょう!


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

ステージの外でもファン対応がきちんとできている松井珠理奈

これはあるファンによって明かされたエピソードです。
このファンの方の姪御さんが、SKE48の人気メンバー•高柳明音のサインが欲しいとZepp名古屋の関係者出入り口で出待ちをしていたそうなんです。そして高柳明音が出てきた瞬間に勇気を振り絞って、“サイン、おねがいします!”を声を掛けたそうなのですが、高柳明音はその声に反応することなくバスに乗り込みました。するとその様子を見ていた松井珠理奈が、“サイン、わたしのでもいいかな?”のその姪御さんに声をかけて、“もちろんです!”と瞬時に明るさを取り戻したそうです。そしてサインをし終えた松井珠理奈は、“これからもちゅり(高柳明音)とSKE48の応援をよろしくね”と声をかけたということです。
松井珠理奈からしてみれば、その子の目的が高柳明音だと知っていても、高柳明音が無視してしまったことで高柳明音を嫌いになる、もしくはSKE48を嫌いになる…ということが悲しかったのかもしれません。こういうファン対応が、高柳明音の5歳も若い松井珠理奈が出来るなんて、彼女はアイドルとして完成されているような気になりますよね。(もちろん、高柳明音を否定しているわけではないのです!汗)。この姪御さん、年齢は明かされていなかったのですが、きっと小学生くらいの年齢じゃなかったのかとおもいます。子供は繊細で傷つきやすい反面、こういうファン対応をされたら一生忘れられない出来事になったはずです!アイドルの夢を壊さないことも、仕事上大切なことなんですね…★

あるファンが発した言葉に思わず涙!松井珠理奈を思いやるファンとAKB48の先輩メンバーたち

これは松井珠理奈の“古参”ファン(以下Aさん)の方が明かしたエピソードです。
SKE48が創設される前からAKB48のファンだったAさんが、SKE48で突然AKB48シングルのセンターに抜擢された松井珠理奈に興味を示して握手会へ足を運んだ時の話。当時はAKB48が大ブレークする直前で、握手会の内容もとても恵まれていたものだったとか。なんでも、メンバーが2列に分かれ握手をする形式で、選抜メンバーのほぼ半分と握手できるような夢のような場所だったそうです。
噂の松井珠理奈に早く会いたい。心踊らせ握手会の列に並んでいたそうですが、その列にあったのは修羅場。列の中心には当時11歳の松井珠理奈がおり、彼女のアンチと思われる人たちが差し出す手を振り払い、露骨に睨み無視する•罵声を浴びせかける始末だったそうで…
しかも、それがただ一人だけ、ということではなく、軍団として現れループで松井珠理奈を責め続けていたと言います。松井珠理奈は、目に涙をいっぱい浮かべ、悔しさから力いっぱい握りしめた爪の跡で赤く腫れ上がっている手で、次のファンに対し笑顔で握手を求めていたそうです。そんな彼女の姿を見たAさんは、“ AKBのアンチから盾にならないといけない”と感じ、ついに握手がAさんの番になると「今の全てを見た上でAKBを離れあの連中•軍団から珠理奈の盾になると今決めました。なので今からSKEを、珠理奈を一番に応援します」と本人に告げました。すると松井珠理奈はせきを切ったように泣き出したそうです。その場で言葉は交わせなかったようですが、思いは通じたのでしょう。
さらにAさんにとって嬉しい出来事は続きます。
次に並んでいた篠田麻里子からは「絶対だよ。珠理奈を支えてね。今の珠理奈に支えは必要だから」と声をかけられ、さらには次に並んでいた前田敦子に「珠理奈は悪くないんだよ。AKBは捨てちゃさみしいけど、珠理奈をお願い」 と声をかけられたそうです。Aさんと松井珠理奈のやりとりに、他のメンバーも感銘を受けたのでしょうか…。
その直後、松井珠理奈が握手会から下がってしまったと聞いたAさんは、すぐに劇場支配人の戸賀崎氏に謝罪しに行ったそうです。泣かせてしまったことで責任を感じたのでしょう。
これ以降、AさんのSKE•松井珠理奈を支える日々がスタートしたということです。
Aさんの話を聞いたファンの方には涙を浮かべた人もいるようで、“珠理奈をこの時から支えたかった”“古参の人には頭が上がらないや”様々な感想が寄せられました。

その後徐々に人気を伸ばした松井珠理奈は、冒頭でも触れたように総選挙でも上位にランクインするなど多くのファンに支持されるようになりました。ですが、ここまで上り詰めるのに、辛い出来事も多かったと思います。AKB48のシングルに選ばれるたびに“支店メンバーなんていらない”“ゴリ推しキャンペーンまだ続いているのか”“松井珠理奈よりも他に推されるべきメンバーはたくさんいる”…いくら鉄のハートを持っていたとしても、言葉に傷つき悩むこともあったでしょう。ですが、松井珠理奈の優しさに感動した小さなファンや、加入当時の彼女の苦悩を知っており、それ以降松井珠理奈を献身的に支え続けているファンの存在は、彼女にとってかけがえのない存在となっていることと思います。
SKE48の頂点に立つ彼女が、AKB48もとい48グループ全体の頂点に立つ日は来るのでしょうか。これだけファンに支えられている彼女なら、きっと成し遂げてくれるに違いありません。

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。