先輩を立てる?指原莉乃の対先輩メンバーに接するときのエピソード

今や国民的アイドルグループのAKB48。なかでもバラエティ番組やCM、ソロの活動が充実している実力•人気トップクラスの指原莉乃ですが、彼女はHKT48の劇場支配人としての顔を持ち、スタッフの目線になりメンバーをまとめる役割も果たしています。そんな彼女ですが、指原莉乃から見て、先輩メンバーの人数よりも、後輩メンバーの人数が圧倒的に多いはず。ところが、もともとAKB48の第5期生であり、今のHKT48においても、同じくAKB48から移籍してきた多田愛佳のほうが指原莉乃よりも先輩に当たるなど、上下関係で言えば完全に一番上、というわけではありません。 ところが、指原莉乃は48グループ総監督である高橋みなみを“たかみな”と呼び捨てするなど、上下関係を重んじる48グループの中でも先輩メンバーに対しフレンドリーすぎるほどのスキンシップをとっています。そんな彼女が、これまで先輩メンバーにどういう接し方をしていたのか?エピソードを紹介して行きたいと思います!


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

かつては彼女にとって雲の上の存在だった?前田敦子との関係性

2012年にAKB48を卒業した、絶対的エース•前田敦子とは、それまで同じチームA(卒業直前にHKT48へ移籍した)だったことや、同じ芸能事務所•太田プロダクションに所属しているなど共通点はあったものの、最初は交友関係がなかったようです。 当時の前田敦子は、自分の心許した人以外は寄せ付けない、後輩メンバーから見たら少し怖いオーラがあったようです。今の48グループの上下関係がしっかりしていたのも、この時がピークだったと言われています。前田敦子の周りには、板野友美や篠田麻里子などのオリメン(創設当初からのオリジナルメンバー•同期)がいたので、指原莉乃が近づける雰囲気ではなかったのでしょう。 指原莉乃が推されはじめたころに始まった初の冠番組•さしこのくせに〜この番組はAKBとは全く関係ありません〜の初回放送時、前田敦子にどっきりでインタビューをする指原莉乃のあのビビリ具合というか、挙動不審な姿は今でもファンの間で伝説として心にのこる回でした。(おもしろい、という意味) ところが指原莉乃は、2012年春に前田敦子が卒業を発表した前後から、呼び名を“前田さん”から“あっちゃん”に変えたのです。 前田敦子も、AKB48で背負ってきた重圧から解放されることになり、他の後輩メンバーと接する余裕が生まれたのだと思います。 そして有名なのが、前田敦子卒業公園における指原莉乃のあのスピーチ。 “これからも…服、ください。” これには前田敦子本人も会場のメンバーやファンから笑いが起きました。しんみりした空気を一掃させるためのネタだったのかどうかはわかりませんが、とはいえ服を譲り受けてもらえるほどの関係性だったことに当時は軽く衝撃を受けたことを覚えています。 前田敦子卒業後は、お互いにお互いのことをネタにすることはあまりまりません。指原莉乃が1位に輝いた、あの第5回選抜総選挙でも前田敦子は大島優子サイドについていました。 以前は服を譲り受けてもらえる関係だった前田敦子とは、今はどうなんでしょうか?

先輩のスキャンダルに対する対応が神レベル!指原莉乃のその対応とは?

指原莉乃はかつて自分の過去のスキャンダルが週刊誌によって暴露される前の話、1期•3期メンバーの平嶋夏海、米沢瑠美がプライベートでの男性との交遊が取り沙汰されグループ脱退に至った時にファンに向けてあるメッセージを送ったことがあるんです。 当時、スキャンダル発覚から待ったなしで決まった平嶋夏海と米沢瑠美の脱退について、Not Yetのイベントで(指原莉乃に向かって)ファンから平嶋•米沢を蔑視する行動があったそうです。 この時に指原莉乃がブログに書いた内容がこれです。 “ネタにしていいこと、ネタにしちゃだめなこと、あると思います。笑い話ですか? 指原は違うと思います。考えは人それぞれだとわかっています。でも、それぞれの違う考えの人がたくさんいる中で、言っちゃだめなこと、言っていいこと…わかってほしいです” これが、スキャンダルを起こした彼女たちの擁護になるかはそれぞれの解釈に委ねられますが、スキャンダル問題で口を噤むメンバーが多い中、蔑視するファンを一掃する言葉を放ち、最後は “今後は、イベント中の発言、気をつけてほしいなーなんて。でも、ノットイエットのイベントは、ファンのかたからのツッコミも大事なので! 笑 これからもイベントたのしみましょうーっ” で締められていました。 これが後輩メンバーではなく先輩メンバーのスキャンダルに対する対応であったことから、勇気のある言動だったと思います。 また時は変わり、今度は2期生である増田有華がスキャンダルによる脱退が決まった際も、指原莉乃の対応が良かったと増田有華本人が語っています。 増田有華最後のステージとなった、毎年恒例の行事•AKB48紅白対抗歌合戦において、メンバーの並びがセンターの指原莉乃、その横に増田有華•篠田麻里子になっていたのですが、“超選抜”に挟まれた増田有華は遠慮して一歩立ち位置を下がったそうなんです。この時に、指原莉乃は増田のラストステージだから、とか特別仕込まれていたわけではないのに、何も言わずに増田有華の背中をポンっと押し、ボソッと“私は前に行けないです” と言って増田有華を前に出させてあげたそうです。 自分が超選抜になったから、とはいえ先輩メンバーをたてることができる指原莉乃だからこそ、48グループ一の出世頭に慣れたのかもしれませんね。 非選抜、選抜、スキャンダル、総選挙制覇、移籍…など、他の48グループメンバーに比べたら、というか比べようがないくらい濃い経験を積んできた指原莉乃。その経験からか、経年関係なく先輩に対しても今は対等に接することができるのかもしれません。彼女はAKB48以外の個人仕事でも、共演者にしっかり挨拶するなど礼儀正しいところがいろんなところで語られています。それが、呼び捨ての高橋みなみに対しても、普段の礼儀や信頼があるからこそ、フレンドリーに接することができるものだと思います。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。