選抜復帰の可能性は?高城亜樹のスキャンダルによる影響の有無とは…

『緑茶 麦茶 ウーロン茶 でもやっぱり〜 あきちゃ!』ファンの心をほんわか包むキャッチフレーズが有名のAKB48第6期生•高城亜樹。彼女はAKB48全盛期のシングルの選抜メンバーに継続して選ばれ、AKB48を飛び出してジャカルタを拠点とする海外グループ•JKT48で活躍し、派生ユニット•フレンチキスでの活躍もあり実績も人気も得てきた、グループの中心メンバーと言っても過言ではありません。
ところが、そんな彼女も最近ではAKB48シングルの選抜に選ばれることがなく、年末の歌番組などAKB48メンバー総出で出演する際、選抜メンバーの真後ろで踊る、まるで“群衆の中の一人”状態になっています。言い方は悪いけど、旬を過ぎたということでしょうか…?卒業生•野呂佳代の言葉を借りるなら、ところてん方式の犠牲になったのでしょうか…?これには、彼女自身に噂されるスキャンダルが影響していると言われています。もう、選抜復帰はないのでしょうか?真相は?彼女の過去の活躍からスキャンダルについて、辿って行きましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

初々しさがファンの心をつかんだ、フレッシュな10代の高城亜樹

高城亜樹は6期生としてAKB48に加入後、当時では史上最速で研究生から正規メンバーへ昇格しました。昇格先は、1期生が中心となる初代チームAです。すでにベテラン風の吹く1期生に混ざって公演にしゅつえんする彼女の姿は、他の研究生と相違ないほど初々しく、フレッシュでした。(興味のある方は、劇場公演•恋愛禁止条例のDVDを見てみてください。彼女のフレッシュさが可愛くて仕方ないです!ぜひ見ていただきたい…)
彼女はおっとりしていながらも、テニス少女な一面を持ち、スポ根タイプだったようです。難しい年頃の女の子が集まる中でも生き抜いていける、彼女の持つ一生懸命さのルーツにもなっているのではないでしょうか。
高城亜樹は昇格から間も無く行われた、第一回選抜総選挙においてアンダーガールズに選出され、楽曲•飛べないアゲハチョウでは他のメンバーに比べてもカメラで抜かれる回数は多かったと言えます。
そして彼女の“出世曲”とでも言える楽曲•君のことが好きだから、ではアンダーガールズのセンターを務めました。今思えば当時のアンダーガールズには、指原莉乃や松井玲奈をはじめ、佐藤亜美菜や仁藤萌乃、多田愛佳などの豪華メンバーが揃っていました。この楽曲は現在でもリクエストアワーで名前が上がるほど、グループにとって有名な曲となりました。彼女はアンダーガールズでありながらも、当時としては初のオリジナルアルバム•神曲たちのジャケットメンバーに選ばれるという大抜擢!アンダーガールズの経験が功を奏し、彼女はAKB48のシングル•ポニーテールとシュシュにおいて初めて表題曲の選抜メンバーに選ばれたのです。この頃から、AKB48シングルの表題曲には企画もの(じゃんけん選抜)を除いて選抜メンバーに選ばれ続けるなど、見事選抜常連組の仲間入りを果たしたのです。

アンダーガールズ時代からスキャンダラスだった?!高城亜樹の噂

ところが、のちに週刊文春において彼女の知られざる一面が知れ渡ることになるのです。
それは、彼女が有名私大生とデートしていたのでは?という疑惑。真偽はわからないものの、その私大生本人の話はこうです。
“クラブで知り合った、自称•広告営業マンから高城亜樹を紹介された”
“『君のことが好きだから』のセンターに抜擢され、『CD聞いてね』と言われた。大学生活のこともいろいろ聞かれた ”
“事務所関係者から電話がかかってきて、『もう高城亜樹に連絡してこないで 』と言われた”
…ということで、交際には至らずとも私大生とのデートや私信を繰り返していたことが暴露されています。
これらはあくまでも私大生本人の証言が取れたのみであり、指原莉乃のスキャンダルの時のように写真が撮られたということはなかったため、真偽はわからずとも事務所としても知らぬ存ぜぬを貫いたのでしょう。
ですがここでひとつ気になることが。
それは、“君のことが好きだから”のセンターに選抜時のエピソードがあることから、彼女がブレイクする前のアンダーガールズ時代の話である見方が非常に強いということ。“君のことが好きだから”のPVを見たことがある人はわかるとおもいますが、とてもスキャンダルがあったとは思えないほどのフレッシュな風貌です。
この噂が本当だとしたら、彼女は表の顔と裏の顔を併せ持つしたたかなキャラクターであったことがうかがえると思います。
そして、この記事が載った時期が、彼女のジャカルタ移籍が決まった直後であることから、高城亜樹はスキャンダル発覚によるお咎めでジャカルタに飛ばされたのでは?という見方ができると思うのですが、記事の出来事が2009年ごろと推測されるため、2012年に移籍が決まったとなればかなりの開きが。実際のところはスキャンダルによるお咎めだったとは言い難いようです。あくまでも、彼女の可能性を伸ばすために、そしてジャカルタの創設が成功するために、という見方をした方が自然のように思います。

ジャカルタでも選抜落ち?仲川遥香との開く差とは…

高城亜樹は、同年齢で同チーム出身の仲川遥香とともにジャカルタへ期間限定の移籍と相成ったのですが、しばらくしてJKTのシングル選抜に、仲川遥香が選ばれて高城亜樹が落ちてしまう、というような事態に陥るのです。しかも、仲川遥香はジャカルタ版•恋するフォーチュンクッキーにて悲願のセンター獲得を果たしています。この様子はAKB48時代の立場とまさに逆転していましたが、これは仲川遥香がJKT48選任に対し高城亜樹がAKB48兼任だったから致し方ないのでは、という見方もできます。また高城亜樹は日本の情報番組で天気予報のお姉さんを勤めていたので、ジャカルタへ行ったり来たりが困難になっていたのも事実です。そして高城亜樹のJKT48兼任が完全に解除され、AKB48へ完全復帰となったわけです。

次世代メンバーの活躍により、煌びやかな立場から退いたのか、それとも…?

兼任が解除された高城亜樹ですが、そのころのAKB48は、島崎遥香や川栄李奈、入山杏奈などの次世代メンバーの選抜が相次ぎ、さらには姉妹グループであるHKT48メンバーの宮脇咲良などが推されはじめていたのです。人数に限りのあるシングル選抜に、彼女の戻る場所はなかったようです。それは、次世代メンバーによるものが原因と思われていましたが、高城亜樹にさらなるスキャンダルが取り上げられてしまいます。それは、某プロ野球選手との合コン疑惑。これは最終的に、彼女がTwitterアカウントを乗っ取られてスキャンダルを起こしたことにされていた、ということで片付いたのですが、これもまた真実はどうであれ彼女のイメージに傷を負わせたようです。相手がプロ野球選手となれば、プロ野球ファンからも白い目で見られることになります。
彼女は年齢的にも十分上の世代です。ここで、彼女自身が今後どんな活躍を見せるのか?また、選抜復帰することはできるのでしょうか?期待を込めながら、今後の彼女に注目して行きたいと思います。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。