ポスト山田菜々を探せ!山田菜々のあまりにも強い個性とは?

NMB48創設時からのオープニングメンバーで、絶対的エース&キャプテンの山本彩•アイドルに関しては天才的な才能を持つ渡辺美優紀についでグループの3番手としてNMB48を牽引して行った山田菜々。NMB48の4周年公演で、2015年4月の卒業を発表した彼女ですが、現在彼女の抜けた穴を埋めるべき存在の“ポスト山田菜々”を発掘する異例のオーディションが開催されています。これまで数多くのオーディションを開催してきた48グループですが、“いち個人の後釜”を募集するオーディションは初めて。彼女の抜けた穴が大きいとするならば、例えばの話“第二の前田敦子発掘オーディション”なるものがあってもおかしくはなかったはずです。ここでなんで敢えてポスト山田菜々を投入する必要があるのでしょうか?彼女の影響力ってそんなにすごいものだったのでしょうか?今回は山田菜々の個性的な人柄がわかるエピソードを紹介しながら、追求して行きたいと思います!


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

NMB48最年長=おばちゃんキャラ=いじられキャラへ確立

NMB48加入時、彼女は合格者の中で最年長でした。彼女は最年長という理由で、同期メンバーから“おばちゃん”と呼ばれるようになったのです。ちなみに、同期で同学年の福本愛菜(現•吉本新喜劇研究生)は笑った時のほうれい線をいじられるなど、これまたメンバーからおばちゃん扱いを受けることに。これは嫌味を含んでるわけではなく、なんというか大阪らしいイジリみたいなものなのでしょう。おばちゃん扱いされてキレるようなタイプの人には、おばちゃんイジリはできないはず。当時下は小学校に通うメンバーもいたなかでおばちゃんイジリされていたということは、彼女がいかに温厚な性格だったか伺うことができます。
そして彼女のチャームポイントである特徴的な声。鼻が詰まったような(かかったような?)声、そして喋り方は、バラエティ番組に出演した際芸能界の大御所•浜田雅功に「なんちゅう声しとんねん!」とイジられるほど。ここまで来ると、まるでイジられるために生まれてきたようなもの…な気がしたりしなかったり。

秋元康の“おばちゃんキャラ禁止令”?

NMB48内ではおばちゃんキャラとして確立してしまった山田菜々。
ところが、プロデューサーの秋元康はおばちゃんキャラをやめて欲しいのが正直なところだそうです。それは指原莉乃が披露したエピソードの中で明らかになっています。
指原莉乃「秋元さんから言われたんだけど、おばさんイジリされ出すと
ファンがついてこなくなるから止めろと言われた」
「おばさんって言ってウケるわけじゃん若い子は
ウケるしこっちの株は下がるし、あっちは面白いみたいに言われるし最悪じゃん」
おばちゃんキャラをやめてほしいという話ではなく、おばちゃんイジリをやめてほしいそうです。いじっているメンバーに向けてなんですね。
たしかに、NMB48メンバーのおばちゃんイジリは山田菜々だけではなく、期間限定で兼任した横山由依などがその“洗礼”にあったのですが、ネットでの反響はお世辞にも良いものとは言えないものばかり。「私20歳過ぎてるオタだけど、おばちゃんイジリはとっても不快」「このイジリのなにが面白いのかさっぱり理解できない」など、ファンからの意見はさんざんな結果。ノリの良さ、だけで収まれば良いですが、世間の目は意外に厳しいようです。

おばちゃんキャラをプラスに変えた山田菜々

でも逆に考えてみましょう。
冒頭でも少し触れましたが、おばちゃんイジリが通用できるということは山田菜々本人にとって、温厚であったり心が広い人、といういいイメージが残るのです。特にこれが“おばちゃんイジリ”ということがミソ。おばちゃんイジリ…年齢的なことをイジられることは女性にとっては好ましくないもの。そういった同性のファンからの同情を買うので、山田菜々には同性ファンがつきやすい、というのも考えられるでしょう。男性ファンが多いアイドルにとって、取り込みにくい女性ファンの存在は大きなものです。また、彼女はある出来事でさらに心の広いメンバーであることが証明されています。
それは以前、某同期メンバーが山田菜々の“メンバーに対して叱る様子”をものまねした動画が投稿されたときでした。
最年長である山田菜々は、グループ全体をまとめる山本彩とは違い、メンバーの叱り役に買って出ることが多かったようなのですが、彼女がメンバーに対して叱っている様子をいつも笑いながら見ているメンバーがいました。そのメンバーが、その時の山田菜々の様子を再現した動画を投稿、たちまちファンやアンチから批判コメントが殺到しました。山田菜々は真剣に叱って(指導)いるのに、ふざけるなと思ったのでしょうね。投稿したメンバーはその動画を削除したのですが、山田菜々が公認してるのに…とボヤいていました。
その様子をみた山田菜々が、なんかあったの?と反応。そしてその後にファンに向けた言葉が誰一人傷つけないファン•メンバーを気遣うコメントだったのです。“みんながわたしのモノマネをするから、楽屋は山田菜々だらけになるときがある。その様子が動画で取れたら、ファンの人も面白いって思ってくれるんだろうなぁ”というような内容で。彼女自身、おばちゃんキャラを認めています。これが、ファンにとって好感度アップの何物でもなかったのでしょう。女性に好かれやすいという見方もあるでしょう。彼女のイジられキャラは、裏を返せば愛されキャラでもあるのです。

ポンコツぶりが山田菜々の魅力を押し上げる?!

そして彼女はイジられキャラだけではなく、ポンコツキャラとしても有名になっていきます。その一つが、おバカであること。TV番組での珍回答を連発してきましたが、同期の木下春奈によるとわざとキャラ作りしているのでは?!と言われていました。本人は否定していますが、真相はどうなのでしょう?さらに、スベリキャラ。NMB48出演のテレビ番組げいにん!企画の大喜利でスベり回答を連発するなど関西人にとっては少しイタイキャラでもあります。そして最近では、滑舌が悪いことも新たなイジリの対象になっています。彼女の噛み倒した名言が動画になってサイトにアップされるなど話題が盛り上がりました!(気になる人は動画サイトをチェックして見てください!笑えます。笑)

ポンコツ、おばちゃん、ダミ声…そして愛されキャラ。どれをとっても、他のメンバーにはないたくさんの特徴を持っている彼女が卒業するということは、NMB48にとっても本当に大きな穴なのです。
合格者は1名。すでに昨年末で募集は締め切られていますが、どんなメンバーが加入してくるのでしょう?楽しみにしつつ、山田菜々本人の今後の活躍にも期待が高まります。

 

 

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。