宮澤佐江はDIVAに選ばれるはずのメンバーじゃなかった?!

AKB48の第2期生であり、SNH48へ移籍、現在はSKE48チームSキャプテンとして活躍する宮澤佐江。オーディション合格当時からチームの看板として運営からプッシュされ、選抜常連組の一人である彼女は、2014年末に解散した派生ユニット、DIVAの一員として活躍の場を広げていきました。
DIVAといえば、宮澤佐江のほかに秋元才加、増田有華、梅田彩佳の4人で結成されたダンス&ヴォーカルユニット。DIVAの和訳〝歌姫〟に見合う歌唱力、そして元祖体育系のチームKで培われたパワフルなダンスが特徴のこのユニット。ところが、DIVA結成の際に本当は宮澤佐江は選ばれるべき存在ではなかったのではないか?と当時囁かれていたのです。それは一体なぜなのでしょうか?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

元祖DIVAの中で唯一メンバーでなかったのは宮澤佐江だけ

DIVAはAKB48の派生ユニットとしてデビューする以前に、AKB48のシングルのカップリングで結成されていたユニットでした。
AKB48のシングルのカップリングといえば、シングルの表題曲選抜ではないアンダーガールズの楽曲が収録されています。アンダーガールズは、表題曲の選抜には漏れているものの、スポーツ界で言うところの2軍のようなもので、アンダーガールズに選ばれたものの中には次期エースやブレイク前のメンバーを起用するなど運営のプッシュがあるメンバーで構成されたチーム。とはいえ、100人以上在籍しているAKB48にとってはこのアンダーガールズにすら入れない、いわゆる〝控え〟、悪く言えば〝干され〟のメンバーの方が圧倒的に多いのです。一時はシアターガールズとも呼ばれていました。
もちろん、言い方は悪いですが選抜常連組の宮澤佐江にはアンダーガールズもシアターガールズも全く関係がない話です。
AKB48がブレイクした2010年ごろ、メンバー内の格差が目に見えるようになり収録楽曲に参加できないメンバーが溢れたわけですが、18枚目シングル「beginner」のカップリングで、アンダーガールズでもシアターガールズでもない、DIVAというユニット名を掲げ非選抜のメンバーによる「泣ける場所」が収録されました。
この結成当初のメンバー17名おり、歌唱チームとダンスチームの二つで構成されたグループでした。歌唱チームだったのが秋元才加、梅田彩佳、増田有華、そして倉持明日香、佐藤亜美菜、近野莉菜です。そう、表題曲選抜の宮澤佐江はいなかったのです。
このDIVAの企画が功をそうし、20枚目シングル「桜の気になろう」でもDIVAの楽曲「エリアK」が収録されました。
メンバーの入れ替えはあったものの、メイン歌唱は秋元才加、梅田彩佳、増田有華、倉持明日香の4名で構成されたのです。
このような経歴を経て、派生ユニットとしてCDデビューが決まったDIVAですが、カップリング時代との大きな変更がありました。
それは、宮澤佐江が加入したことです。

宮澤佐江の他にも選ばれるはずのメンバーがいた?

CDデビューが決まったDiVA(Iが小文字に変更)ですが、今まで20名前後いたメンバーは4名に絞られました。この4名は、所属事務所が同じoffice48です。
AKB48の派生ユニットはそれぞれが同じ所属事務所のメンバーで結成されているのが通例で、これまでDIVAとして歌唱していた倉持明日香はナベプロに所属しており、すでにナベプロメンバーとフレンチキスを結成していたので、DIVAとして活動できなくなるのは致し方ないでしょう。
ところが、宮澤佐江のほかにもoffice48に所属していたDIVAのメンバーが存在していました。それは小林香菜。歌唱チームではないものの、ダンサーとしてDIVAの活動経験があった彼女がただ一人、今回の事務所内ユニットに選ばれなかったのです。
小林香菜本人も、当時の悔しい思いをブログに記しています。本人の気持ちになって考えれば至極当然のことで、同期•元祖DIVAメンバー•同事務所所属と共通点や選ばれる理由もあったにもかかわらず、選抜常連組の同期が横から入ってくるようなものでしたので…。
とはいえ、AKB48も慈善事業ではなく、立派なビジネス。売れないCDなんて売りたくはないのです。
秋元才加、梅田彩佳、増田有華…たしかに実力派だけど、すでにAKB48の選抜にも選ばれない彼女たちだけでCDデビューは厳しいと判断されたのでしょうか。ここに小林香菜が入る余地は、残念ながらないように感じます。
そこで、選抜常連組で知名度もある宮澤佐江を投入することで話題性も上がり、DIVAがビジネスとして成功するユニットになると判断されたのだと思います。
AKB48には人気メンバーになるほどアンチが多いものですが、同性ファンも多い宮澤佐江は、選抜常連組のなかでもアンチが少なく世間的に好印象なメンバーの一人でした。その他の秋元才加、増田有華、梅田彩佳も地道な努力がようやく花が咲く、というストーリーがちゃんとできており、DiVAのCDデビューが決まった際はファンに大きな感動をもたらしたのです。

宮澤佐江を絶対的センターにしなかったDIVA

知名度や人気でいうと、4名の中で宮澤佐江が抜きん出ていましたが、DiVAは結成から解散まで単独センターが存在するフォーメーションを取りませんでした。
派生ユニットでは、例えば渡り廊下走り隊の場合渡辺麻友が、フレンチキスの場合柏木由紀、NotYetの場合大島優子など中心となる人物が存在する場合がほとんどでしたので、有る意味異例の措置だったはずです。一般公募で募り加入した6名のメンバーで発売したシングル「lost
the way」では秋元•宮澤•梅田•増田の4名がフロント、追加メンバーがバックになるなど従来のDIVAのフォーメーションが採用されたのです。

宮澤佐江はDIVA在籍中に上海のSNH48へ移籍するなど紆余曲折ありましたが、最後までDIVAのメンバーで有り続けました。デビュー当初のは「なんで宮澤佐江が選ばれたの?」と思ったファンも少なくはありませんが、結果的にそれを成し遂げた立派なメンバー。派生ユニットがなくなった今、SKE48としての活動を中心に活躍を見せる今後の彼女に期待が高まります!


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。