山田菜々の第3回選抜総選挙の順位は圏外?

山田菜々はNMBの中心メンバーとして活躍していて、「3強」のうちの一人として知られています。

最年長でありながら、どこか天然キャラなところが彼女の人気の秘密だと言われています。
しかし、山田菜々はNMBのアイドルとしてデビューしてから初めての総選挙では圏外という結果を残しています。
山田菜々の人気はすぐには沸騰しなかったようです。
幼少期からデビューまでのエピソードも交えて山田菜々の第3回選抜総選挙について検証してみたいと思います。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

山田菜々の第3回選抜総選挙の順位は圏外?

山田菜々幼稚園のころに一世風靡したSPEEDに憧れるようになり、その後、モーニング娘にハマるというアイドルに憧れる普通の女の子でした。
しかし、見ているだけではなく、自分もアイドルになりたいと思い始めたのは小学生のころだったそうです。
そして、2005年にハロプロ関西オーディションに見事合格し、研究生となります。
山田菜々は石川梨華のような可愛いアイドルに憧れていて、常に笑顔でいることをモットーにしているような女の子でした。
そして3年後、ハロプロの研究生を卒業し、「SI☆NA」という4人組のユニットでデビューします。
しかし、その1年後、学業に専念すべく、目指していた憧れのアイドルという道をいったんあきらめる形でSI☆NAを卒業しました。
18歳になった山田菜々は、一度、山田菜々は芸能界で憧れのアイドルとしてデビューするも芽が出なかったため、一般の仕事に就くことを考えていました。
「将来のことを考えると、なれなかった時の保健のために、資格を取っておこうと思ったんですよ。ちゃんと現実的に考えたんですよ(笑)。それで医療秘書の専門学校に通おうと決めていたんです。」
しかし、山田菜々はNMBのオーディションに応募しました。
オーディションをやはり受けようとおもったきっかけをこのように語っています。
「小さい頃からアイドルになりたい!という夢だけはあきらめずにいて。そしたら親戚から『こういうオーディションがある』とメールが来ました。
秋元さんが作るアイドルに失敗は絶対ない!と思い、自分自身を信じて、このオーディションを受けました。」
山田菜々は現実的に専門学校の道に進むか、はたまたアイドルの夢を追いかける道を選ぶか悩んだそうですが、1次審査の書類選考通過のメールが来て、やらないよりはやった方がいいと思い、オーディションに進むことを決めたそうです。
そして、山田菜々は見事NMBの第1期生としてオーディションに合格し、憧れだったアイドルの道を再び歩むこととなりました。
NMBはデビュー前から注目されていました。
そのNMBのデビュー公演が迫る中、当時の山田はこのように意気込みを語っていました。
「一人一人が埋もれないようにみんながいいところを出せるようになりたい。私は最年長で、中学生メンバーのテンションについていけない時もありますけど、彩ちゃんと一緒にみんなを引っ張れたら。あと、柔らかい表情を見せられる女性になりたいと思います。」
自身が最年長というハンデを負いながらも、それを武器にしようという意気込みが伝わるコメントをしていました。
そんな中、山田菜々は初日の出演メンバー16名に選ばれましたが、この時に名前を呼ばれたのは6番目でした。
しかし、2か月後、25名から選抜された16名でチームNが結成され、その時に呼ばれたのは、渡辺美優紀、山本彩に次いで3番目でした。
この時、NMBの「3強」と言われる3人は頭角を現し始めていました。
それからバラエティ番組やラジオ番組に山本彩とレギュラー出演を決めたりと、活躍の場を広げていきました。
そんな中、山田菜々にとって初めてとなる第3回選抜総選挙が開催されました。
まだまだNMBのメンバーは駆け出しだったため、ランクインするメンバーは少ないと予想されました。
実際に、山田菜々はランクインせずに、圏外という結果に終わりました。
NMBの中で唯一ランクインしたのは山本彩でした。
山本彩は当時からNMBの代表としてセンターとして、注目されていました。
ファンはNMBの代表山本彩にまずは期待を込めて票を入れたのかもしれません。
しかし、山田菜々はあきらめていませんでした。
まだまだアイドルとして始まったばかりの山田菜々の快進撃はここから始まるといった印象の第3回選抜総選挙となりました。
山田菜々の初めての総選挙となる第3回選抜総選挙は圏外に終わりました。
しかし、山田菜々はここから頭角を現し始めることとなります。
次に期待される第3回選抜総選挙となったようです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。