AKBチームAの宮脇咲良、本当はチームB希望だった?指原莉乃のHKT移籍をどう思っているのか?

宮脇咲良はHKTの第1期生としてHKTの中心メンバーとして活動してきました。

しかし、48グループのアイドルというのは、組閣祭りでさまざまな移動を余儀なくされることも多いのです。
そこで、2014年の大組閣祭りで、宮脇はAKBのチームAとの兼任を指名されました。
しかし、宮脇の本当の希望はチームBへの兼任だったそうですが、その意思の理由とはなんだったのでしょうか。
また、HKTと言えば、指原莉乃がスキャンダルで移籍した先のグループとして有名になりましたが、指原が移籍してきたことに対して、第1期生の宮脇はどのように思っていたのでしょうk。
そのことを宮脇はぐぐたすで心中を明かしています。
宮脇咲良の移籍、兼任に関してのエピソードについてまとめてみました。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

AKBチームAの宮脇咲良、本当はチームB希望だった?

48グループのアイドルには、大組閣祭りで沢山のサプライズ移動などがあります。
もちろん、アイドルもひとりの人間ですから、「あそこに移動したいな」「昇格したいな」「チャンスがもらえる場所へ行きたい」など色々な思いがあるようです。
そして、宮脇咲良にもその思いがありました。
宮脇咲良は2014年の大組閣祭りでAKBのチームAへの兼任を決めました。
HKTのメンバーからAKBへの移動があったこと、そしてAKBの歴史を作ったと言っても過言ではないチームAへの移動はとても名誉なことでした。
しかし、組閣祭りの発表の前、宮脇はこんな希望を口にしていました。
「チームBさんに兼任したいです。移籍はHKTが好きなので、嫌です。兼任がいいです。」
兼任がいいという希望は通ったことになりますが、チームBへの兼任の希望は叶いませんでした。
宮脇咲良がなぜチームBへの兼任を希望したのかを、宮脇のファンはこのように分析しています。
「柏木チルドレンだから、ゆきりんと一緒がいいみたいだな」
「ゆきりん、ぱるる、みるきー、こじまさんとかと一緒にやりたいんだろう」
宮脇は、柏木由紀のことを先輩アイドルとしてとても尊敬しているため、一緒のチームで活動したいと思っていたようです。
しかし、チームAは高橋みなみなどベテランアイドルが存在するため、結果、宮脇咲良のアイドルとしての成長につながるだろうとも言われました。
そもそも、組閣の本来の意味は、「アイドルの成長、グループの成長」と言ってもいいでしょう。
仲良しグループで楽しく活動するための組閣ではありません。
そして、一部の噂では、宮脇咲良が乃木坂46への交換留学に意欲的だという情報もあります。
2014年の組閣で大きなニュースとなったのが、乃木坂46の生駒里奈とSKE48の松井玲奈が交換留学という形で兼任したことでした。
これは、アイドルにとってもファンにとっても大きな衝撃を与えたのですが、この乃木坂への兼任に宮脇は意欲的だと言うのです。
もともと好奇心旺盛な宮脇が興味を持ったというのは自然の流れなのかもしれません。
この宮脇の乃木坂への兼任の希望が今後通るのか、注目したいところです。

指原莉乃のHKT移籍をどう思っているのか?

HKT48というグループの名前を全国的に広めたのは、「指原莉乃」だと言っても過言ではないでしょう。
指原莉乃は、研究生時代に指原莉乃と付き合っていたという元カレの存在が明らかになり、週刊誌に掲載されるスキャンダルとなりました。
指原莉乃は総選挙でも第4位を獲得するほど、人気急上昇中の身だったため、このスキャンダルは大変話題になりました。
そして、運営側が彼女に下した判決は、まだ立ち上げたばかりで無名だった博多の「HKT48」への移籍でした。
それまでHKTの存在を知らなかった人も、指原莉乃が移籍する先としてHKTという存在を知った人も多かったようです。
そして、気になるのが、その移籍先でもともと真面目に活動していたHKTのメンバーたちの反応でした。
宮脇咲良はその中のひとりでした。
宮脇はHKTの第1期生として活動していた中、指原の移動があるということで、その心中をぐぐたすで語っています。
「最初聞いた時は驚きでした。夢を見ているんじゃないかなぁって思いました。朝、メンバーと会ってその話題で持ち切りになって混乱して不安な気持ちばかりがつのっていきました。」
しかし、宮脇は希望も感じていました。
「でも、MCとかいろんな事が刺激になります。この頃、HKTはマンネリが出てきたような気がしていたんです。だから刺激しあって成長出来る。
私たちも不安ですが、それ以上に指原さんは不安だと思います。」
そして、指原との思い出を語りました。
「私がネクストガールズのお仕事があった時、指原さんがとても気さくに話しかけてくれたあの日。私ははじめてだったし、グループの中で一人だったんです。
そしたら、指原さんがやさしく『さくらちゃん、ちょっと話そうよ』って言って話しかけてくれて、フルーツいただきました。そのやさしさが本当にうれしかったんです。
だから、今度は私が指原さんをあたたかく迎えたいと思います。そして、HKT48を一緒に盛り上げたいと思います。」
宮脇はかつて、指原からもらったやさしさを忘れていませんでした。
そして、スキャンダルで移籍になったとはいえ、前向きにとらえ、指原と共にHKTのために活動していこうと決めていたようです。
そういった温かいHKTのメンバーの対応があったからか、指原はぐんぐんとHKTでの人気も集め、次の年の総選挙では第1位を獲得しました。
これも、宮脇をはじめとする、HKTのメンバーのやさしさがあったからではないでしょうか。
宮脇咲良は数々の自身の兼任や指原の移籍といった経験を経て、現在までの成長を遂げたようです。
まだ16歳の宮脇の伸びしろはたくさんあるように思えます。
彼女はどこまでアイドルとして成長していくのか、楽しみです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。