松村香織の異次元さに、秋元康も降参?

松村香織は、SKEの第3期生オーディションに合格し、加入します。

それから研究生として活動を続け、正規メンバーへの昇格を待ちわびていた彼女でしたが、組閣祭りで「終身名誉研究生」という称号をもらうこととなります。
これはすなわち永遠に正規メンバーにはなれないということを意味していて、このような称号をもらったのは後にも先にも彼女ただ一人だったため、ある意味注目を集めました。
彼女にそのような称号を与えた秋元康との関係はどうなのでしょうか。
一部の噂では、秋元康は松村香織の扱いに困ってしまい、その責任を指原莉乃に押し付けたとも言われています。
それは本当なのでしょうか、検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

松村香織の異次元さに、秋元康も降参?

松村香織は48グループの中で唯一、「終身名誉研究生」という称号をもらっている変わったアイドルです。
この称号は永遠に正規メンバーに上がれないということを意味していて、一時は松村も引退を考えたそうです。
この当時は、実質、クビを言い渡されたのではないかと言われ、秋元康は完全に松村香織を見はなしたとも言われていました。
松村香織と秋元康の関係はどうなのでしょうか。
松村香織は一部のファンからは「ブス」「なんでこいつがアイドルなんだ」など様々な罵声を浴びています。
「このブスを合格させた秋元康はどうかしていたんじゃないか」と言われるほどでした。
実際に、松村は最終審査で、最初、不合格の方に入っていたそうです。
しかし、最後になって「この子いいんじゃない?」という話になったそうで、その話を切り出したのが秋元康だったようです。
つまり、松村香織はその不思議な魅力を秋元康に認められ、「とりあえず合格させてみよう」ということでギリギリ合格したという経緯があったようです。
それからというもの、なかなかチャンスに恵まれず、研究生としてずっとガンバってきた松村が「キスだって左利き」で初めてシングル表題曲の選抜メンバーに入りました。
この時のうれしさ、そして経緯、これまでの苦労話を松村はこのように語っています。
秋元にこんなことを言われたそうです。
「お前にはチャンスをやらないって言われたからチャンスをもらえなくても私は自分でチャンスを作って絶対に上がってやるって意地になっていたからな(笑)。
言ったことは忘れても言われたことって忘れないよね、しかもそれが自分にとってショックなことだったり傷ついたことならなおさら。」
秋元にこのようなひどいことを言われたとして、遠回しに非難しました。
しかし、松村は自分の努力でこの選抜を勝ち取ったと宣言しました。
これまでAKBグループのメンバーは運営側の推しがなければ、活躍できない、すなわち人気も出ないと言われてきました。
あの不動のセンター前田敦子も最初は秋元康の強い推しがあって、センターに立たされていて、それから人気が上がってきました。
つまり、一番最初の最初はやはり運営側の推しがなければいけないのです。
しかし、松村は、運営側の推しがなくても、むしろ干されても、自分のちからでチャンスを手にすることが出来ることを体現し、他のメンバーに多くの勇気を与えました。
秋元の意図とは反して、松村の人気はファンの中でも徐々に上がっていきました。
これにより、秋元は松村香織人気を無視できなくなっていったのです。
そこで、秋元は松村香織をソロデビューさせることを決めました。
しかも、そのプロデュースに自分は関わることなく、指原莉乃に任命したのです。
指原はこのようにコメントしています。
「SKE48終身名誉研究生の松村香織がソロデビューするので、指原がプロデュースしてやってくれ。アイドル大好きな指原だからこそ、松村の魅力を引き出せ。曲を決めて、アレンジを発注して、指原が歌詞を書くんだ。と秋元さんからメールが来た。」
このソロデビューを受けて、松村香織はこのようにコメントしています。
「指原さんからメールを今見た 爆睡していたらすごいことになっている。とりあえず状況把握のためにネットみてくる。いつもなら起きてる時間なのに…」
「歌がヘタで、ダンスもヘタで、はげてるけど、頑張ります、緊張…」
松村はこれまで絶対にないと思っていた自身のソロデビューに戸惑いながらも、気合いが入っていることを明かしました。
この状況に、ある芸能ライターはこのように分析しています。
「松村は、アイドルとしては、非常に特殊で異次元な子。もはや、秋元康氏でも、どうプロデュースしたほうが彼女の魅力を引き出せるか…降参というのが本音かも。そこで指原がプロデュースというネタとも思えるような展開を考えたのかもしれません。
真のアイドルオタである指原が松村の魅力をどう引き出すか、半分は冗談だが、半分はマジな企画でしょう。」
つまり、秋元はさじを投げたのでしょうか。
あの秋元氏を困らせるアイドル松村香織にますます興味が沸く話題となりました。
松村香織は、AKBグループの中で特殊な子だったようです。
しかし、その個性は現在良い方向へと向かっているようで、人気も急上昇しています。
今後、松村香織が研究生でありながら、どこまで人気を上げていくことが出来るのか、楽しみです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。