木崎ゆりあの第5回、第6回選抜総選挙での順位は?

木崎ゆりあは自身初となる第2回総選挙では圏外、そして第3回目も圏外という悔しい結果を残しながらも、第4回選抜総選挙では第31位という好成績を残し、初のランクインをしました。

それから木崎はその高いダンス技術と女優業で高い演技力を見せ、幅広い分野で注目を集めるようになっていきました。
そんな彼女の第5回、第6回選抜総選挙の順位はどうだったのでしょうか。
まだ18歳の彼女は次世代のAKBグループを担うメンバーとして注目され始めていました。
そして、それに伴い、総選挙での順位も飛躍を遂げていたようです。
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

木崎ゆりあの第5回、第6回選抜総選挙での順位は?

木崎ゆりあは第4回選抜総選挙で31位にランクインすると、そのすぐ後に『マジすか学園3』でピース役に選ばれました。
この女優業を通して、木崎はこんなことを思っていたようです。
「生まれて初めての『マジすか学園』です。やっぱり演技は楽しい!『マジカルラジオ』が終わってすぐに演技やらせていただけるなんて幸せです。」
木崎は演技することの楽しさを実感したようです。
しかし、その演技への情熱は、ただ『好き』というだけではなく、周りにもその演技力を認められていました。
彼女の演技力を見た総合プロデューサーの秋元康はこのようにコメントしています。
「木崎ゆりあ、恐るべし。めちゃくちゃ芝居がうまい。どこで覚えたんだ?」
もしかしたら、演技の指導を受けたことがあるのではないか?と周囲が勘違いしてしまうほど、彼女の演技力は他のメンバーよりも飛びぬけて長けていました。
木崎は高いダンス技術で注目を集めていたメンバーですが、ここでまた新しい木崎の魅力を多くのファンに見せることとなりました。
そして、2013年に入り、SKE初の組閣が発表され、そこで木崎はチームSの残留が決定しましたが、新チームSとなったことについて、このようにコメントしていました。
「ゆりあは中西さん率いるチームSでした。元のチームがバラバラになっちゃったり、昇格したメンバーがいたり、かおたんが終身名誉研究生になったり、まだ頭の中がぐちゃぐちゃになってます。悲しい気持ちも、寂しい気持ちも、頑張りたい気持ちも、今は心の片隅に置いといて、とにかく明日のコンサートに集中。卒業生と最後のコンサート悔いないように全力で楽しみます!」
木崎はこの組閣祭りで沢山のことを感じ、学んだようです。
チームを一から作っていくことの大変さ、大切さを学んでいったようです。
そんな中、第5回選抜総選挙が開催されました。
速報で木崎は第16位を獲得し、このままいけば、選抜入りという順位を獲得し、木崎はこのようにコメントを残しています。
「本当に本当にありがとうございます。いただいた票数の分、みなさんに沢山ありがとうって伝えたいです。速報も最終結果の発表も気持ちは同じです。私らしく頑張ります!」
木崎はうれしさを隠せないようでした。
それと同時に木崎に沢山の期待がかかりました。
しかし、最終結果は選抜入りとはならず、第22位を獲得し、アンダーガールズに選出されました。
この結果を受けて、木崎はこのようにコメントしています。
「今回の総選挙、ゆりあと一緒に選抜を目指してくださったみなさん、本当に本当にありがとうございました。
今回の総選挙、選抜を目指すって言って後悔はしてません。選抜に入れなかった事、私はみなさんに謝らないです…だからみなさんもごめんねは無しですよ。謝られるのは苦手です。今回は22位!ダブルピースですから!みなさんからこんなに素敵なピースが頂けるなんて思ってなかったです。ありがとう!」
木崎は選抜入りを目前にしていただけ、悔しさも大きかったようです。
しかし、前回から9ランクも飛躍しての22位入りは、木崎にとって大出世でした。
木崎に次世代メンバーとしてファンから大きな期待がかかっていることが分かりました。
そして、2014年に入り、大組閣によって、木崎はSKEからAKBへ完全移籍し、しかも移籍先のチーム4の副キャプテンに就任が決まりました。
この発表を受けて、本人はもちろん、ファンやメンバーたちも動揺を隠せなかったようです。
しかし、高校の卒業を目の前にした木崎に運営側はこれからのAKBを支えてほしいという気持ちがかかったのか、本格的に花形のAKBへの移籍が決まりました。
木崎自身もこれまで約5年間SKEとして活動してきたため、複雑な気持ちも大きかったようですが、前向きにこの組閣をとらえていました。
それから木崎はCMにソロで出演したり、バラエティ、そしてドラマ、映画など様々な方面で活躍を見せるようになっていきました。
そして気になる木崎ゆりあの第6回選抜総選挙ですが、結果は23位に終わりました。
去年からは1ランク下がっての当選となりましたが、木崎は前を向いていました。
多方面で活躍を見せている木崎はこれからも沢山の新規ファンを獲得していくことでしょう。
来年の総選挙での飛躍が期待されています。
木崎ゆりあは第4回選抜総選挙で大飛躍を遂げ、それから大きくランクを下げることはなかったため、安定した人気を保持していることが分かりました。
次世代メンバーとして期待されている木崎は来年の第7回選抜総選挙ではどれくらい順位を伸ばしていくのか、注目されています。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。