木崎ゆりあが『ポスト大島優子』を狙う?

木崎ゆりあは2014年に入り、5年間在籍したSKEからAKB48のチーム4へ完全移籍したことが話題になりました。

木崎は現在18歳になり、48グループには5年間在籍した古株でありますが、次世代を担うメンバーとして注目されています。
そんな彼女がなんとあの卒業した絶対的エース『大島優子』のポストを狙っているという噂が立ちました。
それは、木崎がドラマや映画など女優の仕事が多くなってきたことから、そんな噂が立ったようです。
そして、その演技力は秋元康も認めるほどのようで、AKBに在籍しているメンバーの中ではピカイチの女優の才能を持っているようです。
注目のドラマにも起用された木崎ゆりあの可能性について検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

木崎ゆりあが『ポスト大島優子』を狙う?

AKBの中で女優になりたいという夢を持って、アイドルになったというメンバーは珍しくありません。
実際にアイドルとしてトップの成績を残して卒業していった前田敦子や、大島優子も女優という夢を現在叶えています。
現在48グループに在籍していた女優を目指しているメンバーの中には、北原里英や松井玲奈という名前が上げられます。
今や国民的アイドルとなったAKBがドラマや映画に出演を決めることは珍しくなくなってきましたが、その中でも新生が誕生しました。
それが、木崎ゆりあでした。
木崎ゆりあは『柘榴坂の仇討』という対策に出演することが決定しました。
この作品は『鉄道員(ぽっぽや)』など多くの著作が映画化されてきた人気作家の浅田次郎による短編集の一編を映画化した時代劇です。
主君の仇討を命じられた武士の不器用な生きざまを通し、幕末から明治へと時代が激変する中、武士として、人としての誇りと覚悟を持って生きる侍たちの姿を描くというものです。
この作品には数々の大物俳優、女優が出演していて、主演に中井貴一、阿部寛、そして広末涼子、高嶋政宏、吉田栄作などの大物の名前が連なる中、木崎ゆりあの名前がありました。
木崎はこの名誉ある起用を受けて、このようにコメントしています。
「念願の京都で、そして本格的な時代劇に初めて参加させていただき、共演者の皆様の演技を間近に観ることが出来てとても勉強になることが多かったです。
普段の言葉使いとは全然違うところは難しくて、たくさん怒られましたが、その分たくさん学ぶことがあり、お芝居ももっと上手になりたいなと思いました。和服、下駄もすぐに慣れて心地よくなっていたので、撮影が終わってしまうのが寂しかったです。」
木崎は、女優として大きなチャンスと成長を遂げていました。
そして、木崎はフジテレビの人気ドラマ「GTO」にも生徒役で起用されていました。
この2014年版のGTOにはNHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」でヒロイン役の杏の娘役を演じた、松浦唯や去年の日本レコード大賞最優秀新人賞を獲得した新里宏太などが共に生徒役で出演しています。
そして何より教師役の主演AKIRAとの絡みが注目されています。
ゴールデンタイムでの連続学園ドラマにAKBのアイドルから生徒役として起用されるのは、「太陽と海の教室」や「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~2011」に出演した前田敦子や柏木由紀以来の偉業となります。
担任役の鬼塚役を反町隆史が演じた時の生徒役には、窪塚洋介、小栗旬などが出演しており、それから俳優として大きな飛躍を遂げました。
そんな中、GTOの生徒役は役者として飛躍するというジンクスが生まれたのか、今回の生徒役に起用された木崎ゆりあの活躍にも注目されています。
その木崎の才能をいち早く評価していたのが、あのAKB総合プロデューサーである秋元康でした。
秋元康は「マジすか学園3」での木崎の演技をこのように評価していました。
「木崎ゆりあ、恐るべし。めちゃめちゃ演技がうまい。どこで覚えたんだ?」
木崎はAKBグループ史上最高の演技力と評価されるなど、注目されたため、木崎は「ポスト大島優子」になるのではないかと言われました。
確かにこのままいくと、ポスト大島優子、いや、むしろそれ以上の存在になれる日が来るかもしれません。
まだまだティーンエイジャーの彼女のこれからの飛躍が多いに期待できそうです。
木崎ゆりあの女優としての活躍に彼女のファンのみならず、メンバーもとても喜んでいました。
木崎はAKBの中で女優という目標を見つけ、そしてこれからも女優という夢に向かって突き進み、アイドルを続けていくのでしょうか。
SKEからAKBへ移籍し、ますますこれからの飛躍が期待される彼女に注目していきたいところです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。