梅田彩佳の第1回、第2回選抜総選挙の順位は?

梅田彩佳はとても高いダンス技術で人気を博しているAKBのアイドルです。

梅田彩佳はこれまでにAKBの派生ユニットであるDIVAにメンバー起用されたり、選抜総選挙で一度選抜入りを果たすなど活躍を見せてきました。
そんな彼女の第1回、第2回選抜総選挙の順位はどうだったのでしょうか。
梅田はデビューしてからなかなか運に恵まれなかった過去があったようです。
幼少期からのエピソードも交えて検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

梅田彩佳の第1回、第2回選抜総選挙の順位は?

梅田彩佳は福岡県で長女として誕生しますが、お腹にいる時に心臓が2度止まりかけたなど、順調な出産ではなかったものの、健康に生まれてきたそうです。
そんな彼女が芸能界に興味を持ち始めたきっかけはMAXのNANAのライブを見たことだったそうです。
それから梅田は中学の時、DA PUMPのダンスに魅かれ、ダンススタジオに通い、ダンスを習い始めます。
そして、高校時代はダンス部に所属し、そしてコンテストなどに出場するなどの経歴を持っています。
それから梅田はダンスを仕事にしたいと思うようになり、色々とオーディションを受けたそうですが、その中にモーニング娘。のオーディションも受けたことがあり、それは第2次審査に通過しましたが、その後不合格となり、梅田の夢は途切れました。
しかし、2006年梅田が高校2年生の頃、運命の出会いをします。
それがAKBの第2期生オーディションでした。
AKBのオーディションには順調に受かり、そして、高校に通っていた梅田は退学も考えましたが、家族と話し合い、一時休学することを決断しました。
それほど梅田にとってAKBという存在は大きかったようです。
そして、レッスンが始まり、ダンスを得意とした梅田は劇場公演でもポジションは真ん中の方が多かったそうです。
そんな梅田の隣にライバルとしてぴったりついていたのが大島優子だったそうです。
のちにAKBの中で仲がいいとして「うめゆう」と呼ばれるようになる二人ですが、この時からよく話をする仲でよきライバルだったそうです。
それから第2期生で結成されたチームKの中心で梅田もやっていくのだろうと思われた矢先、梅田は足を疲労骨折し、公演を休むことが多くなりました。
梅田のAKB人生で欠かせないエピソードといったら、この長い休養期間だったでしょう。
そして、梅田は地元に帰り、休学していた学校に復学し、長い休養生活を送りますが、その間も「必ず復帰する」という強い思いが梅田自身を支えたと言います。
駆け出しのころの怪我は精神的な焦りも生んだことでしょう。
しかし、梅田はこの休養期間で、支えてくれた家族の存在の大きさ、そして自分はアイドルとしてやっていきたいんだという強い気持ちを再確認する時間を持つことができました。
梅田は2008年に復帰を果たしますが、2009年に行われた第1回選抜総選挙は圏外に終わります。
親友でありライバルであった大島優子は第2位という結果を残したため、焦りもあったようですが、梅田は腐っていませんでした。
それから梅田は自分に与えられた仕事はなんでも全力でこなしました。
その一年後、梅田の努力の甲斐あってか第2回選抜総選挙では第32位にランクインし、アンダーガールズに選ばれます。
この時、梅田はこのようにスピーチしています。
「去年はここに立てなくて、立ってるメンバーがどんな感じにステージが見えるんだろうかとか、スピーチしてるのがすごく羨ましかったです。」
梅田は去年の悔しい気持ちを明かしました。
そんな梅田のランクインを劇場支配人である戸賀崎も自分のことのように喜び、このようにコメントしています。
「一度足のけがで戦線を離脱して、復活を遂げた強靭な精神力の持ち主。メンバーやファンとの絆の大切さ、何よりステージに立てるありがたさを誰よりも分かっている子」
第2回選抜総選挙では親友の大島優子が前田敦子から1位を奪還したとして、大きな話題になりました。
そんな意味ある第2回選抜総選挙で梅田もともにランクイン出来たことは努力による必然だったのかもしれません。
梅田彩佳にとって一生忘れられない第2回選抜総選挙となったようです。
現在の梅田彩佳がいるのは、努力と強い精神力がけがした当初の彼女を支えたからだということが分かりました。
梅田はとても努力家で、そして苦い経験もしていたということも分かりました。
そんな彼女は今後もAKBのためにステージに立てることの感謝を忘れず、活躍し、貢献してくれることでしょう。
これからの梅田彩佳の活躍に期待したいものです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。