横山由依、第3回選抜総選挙で大躍進を遂げる?

横山由依はAKBのシンデレラガールとして知られています。

彼女のその「シンデレラガール」と言われるきっかけが第3回選抜総選挙でした。
この時の総選挙で横山由依は大きな飛躍を遂げ、ファンやメンバーのみならず、全国民に大きな衝撃と勇気を与えました。
「やっぱり総選挙はガチで面白いな」と思った人も多かったのではないでしょうか。
横山はなぜ、第3回選抜総選挙で大躍進を遂げることができたのでしょうか、その秘密に迫ってみたいと思います。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

横山由依、第3回選抜総選挙で大躍進を遂げる?

横山由依は自身初となる第2回選抜総選挙で圏外という無念な結果を残しました。
他の同期たちは多くランクインする中、出遅れてのスタートを切ることになったのです。
横山は第2回選抜総選挙を終えると、すぐに研究生がレギュラー出演している「有吉AKB共和国」に出演を決めました。
それから番組にほぼレギュラー出演するようになり、顔と名前を覚えてもらえる大切なチャンスになりました。
研究生はなかなか表舞台に立てないため、この番組は研究生の希望の星となっていたのですが、その番組にレギュラー出演を果たした横山はのちに、大きく飛躍することとなります。
それから、研究生の中で注目を集めていた横山が雑誌「BOMB」でAKBの研究生連載がスタートすると、その第1弾として起用されました。
そんな期待が高まる中、「AKB48東京秋祭り」の最後の曲の前に高橋みなみはスタッフから急に紙を渡され、正規メンバーと研究生がステージに並ばされました。
そして、高橋は不安がるメンバーたちを差し置いて、このように手紙を読み上げました。
「本日この場にて、AKB48チームK正規メンバーに昇格する研究生を発表します。9期研究生、横山由依!」
本人も他メンバーも一切なにも知らされていなかったため、AKB恒例のサプライズでの正規メンバー昇格となりました。
会場は「ゆい」コールで包まれ、これまでの横山のひたむきな努力を知っていたファンたちは一緒に喜びを分かち合いました。
横山は号泣しながら、「びっくりしました!まだ分からないですけど、よろしくお願いします」と言葉を詰まらせながら挨拶をしました。
横山の正規メンバー昇格は、本人だけではなく、他のメンバーも一緒になって喜びました。
篠田は「篠田のアンダーもやってくれて、大好きなゆいちゃんがチームK昇格しました。ゆいちゃんおめでとう。だけど正直ゆいちゃん…チームAに入ってほしいな~なんて思っていたから寂しい気もするけど。Kはビシビシしごいてくれて刺激をくれるメンバーがたくさんいるから、ゆいちゃんのチームKも楽しみです。」と喜びをあらわにしました。
また、北原は「本日は何より…大好きな横山が!チームKに昇格したのです!横山おめでとう。横山の努力ははんぱない!だから本当に本当にうれしかったよ。今度昇格記念パーティやらなきゃ」と一緒になって喜んでいました。
横山の正規メンバー昇格は誰もが一緒に喜びました。
それからAKBの派生新ユニット「Notyet」が結成され、横山はその一員として選ばれました。
また、「AKBINGO」のスペシャルでは運勢ランキング2位となり、将来のAKBエース候補として称賛されるなど、横山の将来に期待されました。
それからその占いが当たったのか、横山は「Everydayカチューシャ」で選抜メンバーに選ばれ、初の選抜入りを果たしました。
そんな横山の活躍が目立つ中、第3回選抜総選挙が開催されました。
そして、速報では17位という順位を獲得した横山は、最終結果、第19位となりました。
速報からは2ランク下げる形となりましたが、しかし去年の選挙の圏外という結果からすると大きな躍進を遂げました。
そして、自分の力で選抜入りを果たしたのです。
横山は自分の名前が呼ばれると、ふらふらで自己紹介ができないほどに過呼吸になり、そして号泣していました。
スピーチもままならない中、「本当にありがとうございます!私は去年の総選挙で研究生として参加させてもらって圏外だったんです。ほんとに…ほんとに言葉では伝えられないくらいにうれしくて、ありがとうございます」と声を振り絞り、感謝の気持ちをファンに伝えました。
横山は数あるチャンスをひとつひとつしっかりと丁寧に自分のものにし、その努力の結果がこの第3回総選挙の順位に繋がったようです。
高橋みなみがいつも言う、「努力は必ず報われる」ということを横山由依は体現する形になりました。
横山由依は第3回選抜総選挙でシンデレラガールとして選抜デビューすることとなりました。
その後の総選挙でも横山は着実に選抜入りを果たし、この第3回の結果が奇跡やまぐれではなかったことを証明しています。
横山の人気は今後も安定して高い順位をキープしていくことでしょう。
今後の横山の順位はさらに飛躍していくことがあるのか、注目です。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。