横山由依の第2回選抜総選挙の順位は?

横山由依はAKBのメンバーからも「努力家」と言われるほどの真面目なキャラクターで知られています。

そんな彼女は、AKBの正規メンバーになるまでも多大な努力を重ねてきたそうです。
現在では次世代のAKBを担うメンバーの一人として期待されていますが、そんな彼女が現在に至るまでとんとん拍子には行きませんでした。
横山由依自身、初となる第2回選抜総選挙の順位は何位だったのでしょうか。検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

横山由依の第2回選抜総選挙の順位は?

横山由依は「ゆいはん」という愛称でも知られている通り、京都の奈良県出身です。
田舎で育ったため、幼少期はヤンチャで野生児だったそうで、木登りやドッジボール、自転車で旅をしたりと、自由に育ったそうです。
そんな彼女が芸能界に興味を持ったきっかけが「SPEED」でした。
歌って踊っている彼女たちのパフォーマンスに憧れる普通の少女でした。
それからドラムを習うようになったり、中学校2年生の時にはボイストレーニングを受けるようになりました。
そのころから、芸能界に入りたいと思うようになっていた横山は数々のオーディションを受けますが、なかなか受からず、その受けたオーディションの数は100を超えていたと言います。
それでも芸能界入りを諦められなかった横山は2009年の3月に名古屋で活動しているSKE48の第2期オーディションに応募します。
横山は最終審査まで残りますが、張り出された合格者番号の中に横山の番号はなく、不合格となりました。
それでも、それでもあきらめられなかった横山はAKBの第8期オーディションを受けます。
「夢を持った人が集まる」「AKBは夢を叶えるための通過点」というコンセプトに魅力を感じ、応募しましたが、体調管理がうまくいかず、自分の実力を出せないまま、落選してしまいます。
横山は自分の本来の力を発揮できないまま不合格となったことに後悔していました。
そのため、次の第9期のオーディションも横山はあきらめずに応募したのです。
すると、見事合格し、やっと3度目の正直で横山はAKBのオーディションに合格できたのです。
横山はSKEのオーディションと、AKBのオーディションそれぞれ一度づつ落選した経験を持っていたとは、現在では信じられませんが、今の横山がいるのも、横山の努力家な部分があったからではないでしょうか。
見た目は天然でふんわりした雰囲気ですが、意外とストイックな性格の持ち主のようです。
そして、レッスンが始まりますがレッスンはとても厳しかったそうで、当時のダンスの先生からも「8期生を抜かさないと公演に出られないよ!どっちかが消えると思ってやりなさい!」と言われていたそうです。
ボイスレッスンを受けていた経験のある横山は歌には自信がありましたが、ダンスは全くの未経験者だったため、自身がなかったそうです。
「とにかくダンスが課題でした。未経験なのは言い訳にはなりません。当時18人くらいいた候補生の中で、確実に後ろから3番以内やったと思います。
不安でいっぱい。でもダメはダメなりに、毎回新しい課題を持ち帰ることにして、それを次のレッスンまで絶対に克服してやろうと…。嫌だったんです。地方から来ているからできないとか、出来なくてもしょうがないとか思われたくなかった。負けるもんか。そういう気持ちもあって、がんばれた気がします。」
横山はやはり自分にストイックで、そして負けず嫌いな性格でした。
「辞めたい…」という子が許せなかったそうで、やりたくて入った世界のはずなのに、辞めたいという子に対して、「なんでそんな事言うんだろう」と思ったそうです。
横山自身、苦労してAKBの候補生まで登りつめたため、簡単にあきらめるような子が許せなかったようです。
そんな辛いレッスンを強いられた候補生時代を乗り越え、見事研究生となり、そんな中、横山にとって初めての第2回選抜総選挙が開催されました。
その結果は、圏外となってしまいました。
同期からは、第28位に島崎遥香、36位に内山鈴蘭、40位に石黒貴己が入っていたため、横山にとっては悔しい結果に終わりました。
しかし、支配人の戸賀崎は横山のことをこのように評価していました。
「地方から出てきた子はみんなガッツがある。横山は芯の強さがあるから、これからファンも増えるでしょう」
この言葉は当時の横山を大きく支えたのではないでしょうか。
そしてこの予言とも取れる戸賀崎の言葉通り、ここから横山の大反撃が開始されることとなります。
横山由依はAKBのシンデレラガールですが、シンデレラガールらしく、AKBの加入したての頃は色々と苦労し、下積み時代が長かったようです。
そのころを乗り越えたガッツがあるからこそ、今の横山が存在するのでしょう。
そんな横山はこれからのAKBを大きく支えていくことでしょう。
これからの横山にもますます期待できそうです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。